Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと漫画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
2016*02*18(Thu)
金田一少年の事件簿R 8巻 感想
b-hajime11-1.jpg
表紙が使い回しだ!そしてこのカラーチョイス・・黄緑て・・・。若さのない絵だ。
そして何でバック絵の小屋が斜め描写なのかが、幾ら見てても分からない・・・。

『なぜ暖炉は燃えていたか?』と『人形島』の序盤が収録。
久々に読むとやっぱり人形島のインパクトは凄い。

一気に読むと、一体目の死体が発見されるまでのスピーディさと衝撃度は
すごくドラマティックだ。
美雪ちゃんに「来いッ」ていうはじめちゃんの構図まで、朝の暗い内に始まってしまった惨劇が
ハラハラと伝わって、薄気味悪いです。

質の悪い紙に印刷されている本誌と違って、白紙にきちんと絵が浮き出ているから
胴体だけの死体とか、えぐいえぐい・・・。
こわーっ。こわーっ。

ここでまことちゃんが、(今思えばまことちゃんて名前も何だか・・・( 一一)
双子の妹が亡くなった話をするけど
祟りではないにしろ、この偶然が全ての惨劇を呼んでいく輪廻みたいな流れも
壮大で背筋が寒い設定です~。

いつきさんが煙草減ったしって言っているコマ、ホントに煙草咥えてないじゃんって、今更気付いた・・・。



>暖炉
今から改めて思えば、いつきさんとこに来たメールで
「あの若いお二人」という言い回しが、18歳の娘が出す文じゃないという綻びになっているという指摘だったが
いつきさんから見て、「若い」お二人、というニュアンスにも取れるじゃないかということに気が付いた。

勿論、これが決定打になっているわけではないですから、どうってことないんですけど
あまり強い要素じゃないなと。

それでも、ずっと人の言いなりになってきた女性が
「いつまで待っても手に入らないなら自分から奪えばいい」と初めて能動的になれた
とても哀しい事件で、良いと思います。
こういう遣り切れなさ、好きです。

遺産相続にはありがちなお話で、ずっと尽くしてきたのに、何の努力もしてない小娘に
全てを奪われる。
相続人よりも、資産家の人間性がいつも疑問に思う。
傍にいた人間が遺産を貰えると思うのは当然の心理だろうに、何故その心理を考えないのか。
その対応を考えずに、一矢放って死に逃れって、どうなのか。

資産家の方の描写がないだけに、金に群がる欲だけが渦巻くネタですね。



あと、本誌の時は気にならなかったですけど、こうして纏められて冷静にみると
ちょっとはじめちゃんといつきさんの距離感が他の人とは変えて描かれているんだなって感じて
にまにましました。

はじめちゃんって確定要素が出て来ないと以前は推理の途中って美雪ちゃんにすら口を濁すこともあったのに
今は、いつきさんに「殺人だと思う」って推測を口にしちゃってますね~。
信頼関係が見えた~。見えた~。

あと、はじめちゃんと美雪ちゃんも突っ込みあってて盛りだくさんな短編だ
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichi-comic ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/978-a9b9229d
trackback