Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2016*01*10(Sun)
そこをなんとか11巻 感想
なんっじゃそりゃあぁぁー!と叫びたくなるラストのそこなん11巻です。
今回は法的な面白さと言うよりも、麻生作風の面白さが際立っているようなお話が多かったです。
人の心の襞や、感情の擦れ違い、そこから生まれる人間感情。
そういう些細なことなんだけど人間っぽいっていうネタが、この人の作品の上手いところで
私の好きなところです。

その分、法的解釈の面白さが希薄で、ちょっと物足りない・・・。
いや、この人の作品は基本好きだから良いんですけど。

まあ、それでもラストの中道先生の決断には腰が抜けそうだ。

妙齢であるし、恋愛願望強い人だったから
彼女視点ではなんら不思議はないんだが
いかんせん、そんないきなりの戦線離脱って、ありなんかーいと。

私だって、こういう不器用な女には幸せになってもらいたいが
だったら今までのらっこちゃんを巻き込んだ恋愛模様はなんだったんだと。
三角関係を引っ張られて、クライマックスもないまま散会させられてしまった未消化感・・・。


漫画構成として、ちょっと疑問を感じてしまっただけで別にどってことないんですが
らっこちゃんが諦めるようなそんなシーンってあったっけ?
中道先生が、ここでもう限界だと引いてしまうほどの恋模様ってあったっけ?

なんか急すぎて付いていけない・・・。

や、幸せならいんだけど。



>東海林先生の過去話
これは笑った・・・。
東海林先生、そんな女に迷走してたのかよ・・・!
いや、童貞でいられるよりもずっと良いんだけど、それにしたって、破局が早えぇ。

一人めは特にサイテーだ。
化粧落とした女の顔が能面って、そんくらい知っておけw 若造め。
詐欺レベルてw
出会いもベタすぎ。そんなのに引っ掛かる東海林先生・・・(苦笑)

2人め。
あ~、結婚式で再会、ありがちありがち。
しかし金の切れ目が縁の切れ目。
これはちょっと哀れ。

女って強かではあるし、未来が見えないことに不安を抱くのも確かだから
人に因っては分かる分かるとかなるんかな。

よく、芸能人やスポーツ選手とかで、下積み時代を支えてくれた相手、とかいって
一般人さんと結婚してるけど
あれは濃厚な愛がなければ出来ないんだね。


三人め。
弁護士だと言わないスキルを得た東海林先生。
少しイイ男にランクアップ。

だが、この女・・・!
弁護士と分かった途端に、利用しまくり。
しかも言い訳が「だぁってぇ」と来た。うっわ。最悪。
ここは本気でいらっと来たよ!東海林先生!

「法律事務所って敷居が高いし、幾ら請求されるか恐いし、ちょっと軽いアドバイスが欲しいだけだしさ~」

うっわムカツク。
仕事を尊重しろ~。破局して正解。ってか法テラス行け。


そしてそんな遍歴を持つが故に、のれんに腕押し状態の中道先生・・・。哀れ・・・。

でも、後半の話を読むと、東海林先生は中道先生の意図に気付いていたんですよね。
恋心を知ってて、無下に断っていた訳だから
まあ、やっぱ脈なしなんですけど。

その辺の温度差を用いて、らっこちゃんと東海林先生の恋模様を嫉妬を交えて描いてくださるのかと
すっごく期待してたのに。
らっこちゃん、負け戦で終わった・・・。
ま、恋を取れれば、結果オーライ?



>騒音問題
これは、ラストのどんでん返し、いる~?
「彼女の声は騒音ではなくなった」で閉じておけばそれで綺麗だったのに。
若しくは、そんなピュアラブいらないから、「新刊の殺意の音」を捻りだしたと笑いを取るか。
どちらかに絞ってくれた方が、私はすっきりだった。

騒音被害というのは、悪臭被害と同列に、描かれているような非常にデリケートな問題ですよね~。
その辺がすっごく丁寧に描かれていて、くうぅ~ってなった。

調査機関でも、騒音は機械で測定し何デシベル以下などと環境基準が決まってはいますが
悪臭になると、液クロなんかで測れはするものの、もろ人の鼻ですからね。嗅覚頼みだよ嗅覚!
そんなの体調や相手や種類によって、如何様にも変わるっての。
それを法的にどう決着させるのか。
難しいに決まっている。

最初は嫌で仕方がなかった音が、こちらの気の持ちようで心地良い音へと変わるというシーンは
何とも微笑ましいし、面白い一方、残酷な面を描いていますよね。
マンションの上の階の子供の足音が、知らない人なら騒音だけど
知り合いや親せきの子供の音なら、今日も元気だなで終わっちゃう。

同じ音なのに。


それを踏まえての、結婚式の歓声は騒音か?と問い掛けたこの話は
すごく人の心が重かったです。
式場スタッフさんが、苦情を訴えた作家さんのファンじゃなかったら、流されていた一件なんですよ?
それって恐いですよね。

世の中の節理は、そんな危うい一線で成り立っているのが現状かよ!って思いました。
気遣いだけで如何様にも転んじゃう。
この意味に於いては法律なんて何の役にも立っていない。

そういう意味で、人の感情の微妙な明暗が分かり易く描かれてありました~。




>婚約破棄
中道先生が企業法務ではなく民事に関わったこの一件が、まさかあんなオチを齎すとはーっっ!!

ここも、前話と同様に、婚約破棄したいと申し出た女性の心の陰日向が、際どくて・・・!
一歩違える弁護士の恐さっていうのを感じざるを得ない。

それを色濃く描くために、だかららっこちゃんじゃなくて中道先生なのかー!と
ラストの大逆転を見て思う。

だってらっこちゃんだと、先に気付きそうですもんね。
マニュアル通りに動き、そういう遊びのストック持っていなさそうな中道先生だからこそ
ストーカー化してた男の不気味さが、光ってました。


ちょっとメンヘラ入っていそうな女性が、みんなが認めるイケメン男子にセクハラされストーカーされ
誰も信じて貰えず、親や友人からもあなたが悪いと責められ
一人苦しんでいたというお話。

素直に痛い・・・。

こういう細かい嫌がらせっていうのは、本当に、説明のしにくいものですし
一件だけなら、こっちだって流してしまう類のものだ。
それが何件も何件も重なることで徐々にフラストレーションを募らせて行く訳で
じゃー何が辛いの?と聞かれても、説明に困る。証拠もない。

だけど、確かに、鋭い刃は向けられているんだよ!

苛めとか、パワハラなんかにも在りがちな、重大問題ですよね。
よくぞ描いてくださいました!って感じです。


爽やかイケメンくんの方が信頼度厚くて、中道先生がついに放った一言が
彼女にトドメを刺した。
それも恐いです。

些細な言動であるが故に、心理状態に因っては命を断つ程の決定打になることって多々あるのに
それをどう回避するかなんて、完全には不可能でしょう。

「いっそ、気のせいならいいんですが」

信じて貰えなかった、その一言が、彼女の心を閉ざさせて。


でもそこに至るまで、確かに彼女の妄想癖でもあるかのように
少し可笑しな感じで漫画が進んでいく流れも秀逸でした。
そうやって読者も迷走させておいて、彼女を信じさせなくさせたこの手法。
よりリアルに、真実が抉ってくる。

そもそも、中道先生と向き合っていた時の彼女は
少し不安定ではあったものの、表情豊かで一生懸命だったことを、此処に来てこちらも思い出す。

くっそ~!やられた~!

何を信じるかって、ムズカシイ・・・。


だたこれも、前話と同様で
真実を彼女が証言していたという設定だから、際どい恐さの上の仕事が見えるわけですが
もし、本当に彼女が被害妄想・・・ミュンヒハウゼン症候群だったとしたら?
その決定的確証は、実はどこにも示されず
勘で動いただけだったのが、ちょっと心残る。

弁護士は真実を暴きだす探偵ではないのだから
依頼者を護ることに全力でいい。
それでも、何を信じるかは、ちょっと色々難しいなと考えさせられた一ページでした。



で。
だから!それを受けて中道先生、そう出るんだ!!(心理状態は嫌ってほど共感するが)

「ああもううんざり。相手への過剰な依存やら期待やら
 そんなものがあるからこんな問題起こるんだわ。もっと対等で理知的な――」
〝つつがない過程が築けると思った〟その相手が
あ、違う、と思ってしまう。

なにそれー!
昔の意地だっただけなのー?好きじゃなかったのかよー!

で、そんな自分の本音に気付かされて号泣。
優しく話を聞いてくれたシェフの彼とスピード婚。

うえぇえぇぇぇー!!!

二重にびっくら。




>おまけ漫画
そんな新婚中道先生。婚前契約を造るの巻。

しかし、何の惚気かw
まんまと年下彼氏にゾッコンな感じが可愛かったです。


でもこれ、中々面白そうである。
具体的な事例を上げつつ、その価値観や考え方を事前に曝け出す作業でもあるわけだ。
漠然と協力していきましょうと言い合うよりも、ずっと誠実で真摯な気がした。

色気がないというのはごもっともなんですが
相互理解に役立ちそう・・・・・って言っている時点で理屈っぽいか!駄目か!



最後に。
麻生先生の絵は、モブと背景とメインで三つのシーンによるキャラの描き分けがありますが
しっかりと描きこまれる効果の使い方が絶妙で、毎回ガツンと何かを訴えられますv
手抜きに見える線の細さや雑さのコマも、それによって読解度や成熟度を上げる絵になってて
すっごく好きです。
すっきりした絵も見易いですし、ブレがないのもプロですよね~///////

少女漫画にありがちな
よくわからん無造作図形で乗り越えるデカコマも、違和感感じさせてこない構図の巧みさ!
なんでだろ?
素人だから良く分からんのですが、絵から伝わるガツンとくる何かにいつも大満足です。
さっぱり系でいい。


追記。
ぶら傍感想は、後日こっそり追記しときます~。時間なくなっちゃった。
関連記事
スポンサーサイト
[ sokowo nantoka ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/957-52e1ea9b
trackback