Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2015*11*05(Thu)
ポケモンXY特別編 最強メガシンカ~ Act IV感想
b-act4.jpg
XYZとの合同初回1時間SP~!XYと来たら、そうか、当然次はZが来るのかv
まるでシティハンターの暗号のようである。

新シリーズということもあって、かなーり気合いの入った1時間でした!
とにかくやっぱり作画さんの気合いの入り方が違うーv
バトルシーンのカッコ良さったら、そういうの分からない私にもスピード感やら迫力やらたっぷり伝わってくる。
技エフェクトが面白いし、バラエティ。

最初のタイトルコールで劇場版のBGM!!
いっきなりテンションMAXだよ!
このメロディを聞くともうパブロフの犬の如く、反応してしまう・・・・/////


し~か~も~!!!
本編の方はOP梨香さんじゃないかーvvvv
うわーvv久々だー!

やっぱりね、1シリーズに一回はサトシボイスがないとね!

ちょっとJAMテイストの曲でした。
pkmnでは珍しいかも。
高音部のお声が出にくくなってらっしゃるのを低音でカバーするメロディは
じわじわと湧き立つものがあって、耳に残る・・・。

今から使用ってことは、来年の劇場版で映画バージョンとかで使われないかしらん。



>ActⅣ
今回はストーリーとして何かが進むと言うことはまるでなく、まるでアランとマノンのラブストーリーのようだった。
え、pkmnでこんな今どきリア充みたいな展開アリなのか。
やっぱりサトシサイドでは出来ないベタベタ展開は、ちょっと新鮮である。

ただな~、個人的にマノンちゃんが可愛くない。
ビジュアルもだけど、今回は基本、ウザかった・・・。

基本、この世界のトレーナーっていうのは自立心が強く
っていうか「10歳になったら旅立てる」という法律は、ある意味、こっちでいう成人みたいなものだと思う。
なのに、一緒に旅したい、冒険や危険があっても自分でなんとかするのではなくアランがなんとかしてくれる、
そういう根本スタンスが、かなり異色の珍しいタイプ。

突き放されて、まるで振られたオンナノコみたいに泣きべそかいているシーンは
ちょっと可愛かったんだけどv

この世界では「だったら私(達)が支えられるように強くなるから!」っていうのがセオリーでしょう。


そんなマノンちゃんを泣かしちゃったことで、不甲斐ない自分を責めるアラン。
なんかスイッチ入っちゃった。
やべ、ちょっとカッコイイ・・・///////


ってゆーか、あれぇ?
あのフラダリさんが、ラスボスなの?
え?え?え?

ちょっと待て。

ってことは、アランって悪役側なのか?!!うえぇえぇぇ!!!
フラダリ=フレア団。
ここ一番の衝撃度だった・・。


そしてついにサトシサイドとのリンク!

こんな形でリンクしてくるなんてー!


今回のお話は、アランのメガシンカバトル10連発。
なんか戦い方もサトシに似てるんですよね~、アランって。
真っ向勝負で、技の相性よりも、ポケモンの実力に委ねる系。

何故リザードンに拘るのか?という問いに
ここまで二人でずっと乗り越えてきたから。

まるでサトシみたいなことを言う。
でも面白いのが、強くあれることを、第一に考えるのがアラン。
マノンにだって、お前がいたら強くなれない、なんて心にもないことを口にしちゃう。

性格の素直さでは、サトシの右に出る者はいないだろう。
いがみ合い、馬鹿にされても、ライバル対決出来ちゃうひとだからね~vvv
シゲルとかシンジとかvv

サトシは「お前がいてくれたから強くなれた」って言う、周囲へのリスペクトが
アランより大人であるv
 

となるとですよ!
ここまで、旅の目的や考え方の違う二人の主人公の旅を並行して描いてきましたが
ついにその哲学がぶつかり合うってことですよね!

しかも、今回整えられた土台は、強さに堕ちたアランの生き方。
強さを求めて顧みないアランと、今サトシが向かい合ったら
アランの主張はサトシが否定してきた生き方。

ぶつかり合うのが、目に見えるようだ・・・・。

やべぇ!そんなサトシVSアラン対決やってくれたら、窒息するかも!///////←ないですから


実力的にはアランの方が段違いで上である。
今回のメガバトル、サトシサイドとはレベルが桁違いv

またそれがカッコ良くって!!
メガシンカするシーンはいっつもゾクゾクしちゃう。

四天王パキラ、まるでフ~ジコちゃんのような色気だ。←ルパン
「そういうの、嫌いじゃなくってよ」
wwww

加えて、ラスト。
かえんほうしゃのぶつかり合い!!かっけぇー!!
くっそ、カメラワークも下から撮ったり回り込んだりと色々工夫が見られて、ちょっとニヤけた。


・・・・でも、サトシは絆で勝っちゃうひとだ。
勝敗が見えなくなりました。

やべぇ、それに全てを持って行かれた回でした・・・//////



>XYZ1話 「Z爆誕!カロスに潜むもの!!」
フレア団の科学者さん。
紫がコレア、青がモミジ、オレンジがアケビ、緑がバラ?

なんか、敵ながらちょっと色っぽくて、しかもユニフォームがそれぞれ違ってて
なんか可愛いんですけど・・・・。え・・・。
口紅までパーソナルカラーだv


伝説のポケモン、ジガルデをめぐり、争奪善が繰り広げられそうな匂い。
フレア団の話を盗み聞きする形で、陰謀に足を突っ込むロケット団の扱いが良かったです~。
このまま、きっとサトシたちとはこの件に関しては平行線で
あれ?いたの?的な扱いなんでしょうけど
たまには、双方の情報を交換することで真実に近づく的な、そんな展開があってもいいと思うんだが。


ジガルデは、核なの?
なんかキャタピーみたいなフォルムでしたけど、コアと反応して変化できる、みたいな印象。


ユリーカが、めっちゃメイちゃんみたいだった。
「あなたはだあれ?」
台詞まで同じだった気がv


ジガルデが逃げる時、ユリーカの顔を踏んで、やっぱりサトシの顔を踏んでいくシーン。
やっぱりサトシはそういう扱いなんだなw爆笑。

でも、新種ぽけなら、サトシももっとはしゃいでも良かったと思う。
ユリーカ推しの、あははうふふ展開はいいんだけど、そこにサトシも混じらないと不自然だ。

また、EDまでユリーカ主張で、そこはちょっとウザくなった。
これはどういう意図があるんだろう・・・。



※ラクガキ
サトシのアランコス第4弾!
今回は気になるポケがいなかったので、ブラックリザードンの足。
関連記事
スポンサーサイト
[ pkmn ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/934-93d9e414
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。