Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2015*10*05(Mon)
炎炎ノ消防隊 第壱話 感想(週刊マガジン44号)
新連載第2回。第8消防隊の任務っていうのは、鎮火と鎮魂なんですね。
ようやく世界観がチョット掴めてきました。
今回はとある現場で一任務を終えるまで。
シンラの初勤務でした。

割と面白かった。
なんか一つの良い話を見たっていう読了感。・・・悪くない。

通常の火事と違って、発火原因は人間個体であり、どこで発火するか分からないから
現場は無尽に広がりそうですし
シンラの過去としても、真犯人が別にいる模様。←前回

ヒーローを目指しつつ、家族の仇と何処かで克ち合うのが本筋か。
或いは、発火を自在に操るラスボスでも出てくるか。
ただ、主人公が差別化されてないために、ちょっとパンチが弱いのが難点。
ヒーローになりたい意義は理解できたが、もう少し、何らかの味付けが欲しい所。
・・・正直、キャラが今少し掴みにくいっていう。


前回と今回を通じて、面白いなと思ったのは
彼らの消火活動は、正義面してどう取り繕っても、焔ビトと化した誰かを殺すこと、なんですね。
殺すことでしか、救えない。

「妻を眠らせてやってください・・・」

〝だからこそ、苦しませず一撃で〟 
〝遺された家族のためにも〟

そこに痛みと重みがあって、軽い英雄談じゃなくなっていく。


シスターを普通に配置している所とか、その設定の妙は、大久保ワールドって感じです。
ちょっと独特の世界観。
祈りを通じて宗教的なネタに走ることはないだろうが
この鎮魂が、消防隊にいるということで示す、第八の意義が、さり気なく主張されている。


更にそこに、シンラの過去の重さが、物語の筋を補足して
かつて悪魔として蔑まれた過去があるからこそ、母を殺した罪を悪魔にしては、ならない訳で。
母に誓った通り、ヒーローになることで、その能力も罪も転換する訳か。

なるほどね~って思いました。
シンラの必死さが伝わってきて、その禁忌の世界へと一歩を踏み出す――


「ヒーローになって母さんもショウもみんな守るはずだった・・・
 母さん、ショウ、ごめん、約束守れなかった
 でも、もう一つの約束は守る!!母さん行くよ・・・」

〝いってらっしゃいッ〟


妻を殺された男性に、「ありがとう」と礼を言われて
ラストの笑顔がちょっぴり沁みます。
カワイイし・・・/////
以前も何処かで言ったけど、この絵柄が好きなんですよ~。
顔も眼も媚びてない感じがイイ。
まだちょっと遠慮が見られる部分もありますが、ノッてきた時のあっしーの独特の表現方法は
ホント、すごく好きだ。


このままのペースで行ってくれるなら、お気に入り漫画入りしそうだなと思った矢先
今週号の巻末の『ルポ魂!』は、あっしーがゲストで
「2話目までは暗い展開が続いているんだけど・・・3話目からだんだん明るくなっていくんで!」
という一言に、大ショック。

えぇえぇぇぇ~~~~このままでいいのに。



焔ビト化した鎮火作業のバトル的描写は文句なしー!すっげぇー。

勢いが抜群ですね~vvvv
見開きの使い方で、火事の威力も果てしなく見えたし
シンラは足から炎が出るから、それで(キッドくんみたいに)飛びまわれちゃうんですね。
その空中戦も視野に入った画的な動きは、見応え充分でしたぁぁ!
ちょっと仰け反った感じで、宙から飛び込んだー!


ニヤリとさせられたのは、このシンラの一撃。
足から炎が出るから、必然的に蹴りになる訳で
そのあと、シンラたち第三世代の火力の凄さにも触れておきながら
クライマックスはシンラの一撃シーンの方。
破壊レベルは、すごい、と言わせておきながら、圧倒的なパワーさは感じさせてこない。

つまり、あれですか。

今回は、力ではなく、シンラのバトルっぷりを見せてきただけであって
第三世代の能力については、この先に別の見せ場を用意してあるってことですね。
うひょー!どんな派手バトルになるか、楽しみ!

バトルの方法としても、色々広がりを感じさせる出し惜しみっぷりで、今後へ期待はしてよさそう。
今回も、背景の建造物の描き込みが素晴らしく
総合的なクオリティも高いです。
今どきの漫画風で、コマの使い方とかトーンとか。
読みやすいし、見易い。

見易い・・・・のに、ストレートなストーリーの流れでないのがちょっと不思議な感じ。
流れが悪い?ぶつ切り?回想シーンが多いからかな。
少し、飛ばされている違和感が、奇妙な読後感を齎してくる。


やっぱりちょーっと画が太った?変わったのが、唯一気になりますけど
基本、メインの顔やバックが丁寧だから、それほど違和感はない。

ストーリーの中で、母親エピの長さがちょっとだけ勢いを削いでしまった気もするけど
ホント、悪くないなぁ。
面白いですv


・・・・・・と、思ってたのにさぁ。
3話以降がシンパイです。んー。

『ルポ魂』では、他にも
「消防士の服ってカッコ良さとかわいさが融合してていいですよね」とか言ってて
だからか~v とか思いました。
ユニフォーム、がっつがっつ描けますもんね。
気合いも入っているし、特徴的だし、ほんとに制服、可愛いよ!

しかも、もこっとした感じとか
今回のカラー表紙もそうですけど、ボタンがばってんなのもイイ感じ!!

防火服の第八のラインがブルーということで
青線と呼ばれている・・・という説明がありました。
ブルーはもっと深い海色が良かった。
スカイブルーだと、ちょっと軽い感じ。


「焔ビトの設定はどう考えたか」の問いには
「僕、ゾンビもの好きなんですよ~」

そうなの!!?
でもなんとなく、あぁ~、だからか~とか、思い当たる・・・。
SE時代から、ちょっとそんな気配、多々あったりして。
なんかグロい部分の描写が気合いこれでもか!って感じで、毒々しかったですよね。
狂っていく感じがベースにある話だから、そうなのかなとは思ったけど
そうか、ご本人の趣味か。


前回の巻末アンケートで、消防士のウンチク話を入れて欲しいかどうかと聞いていたけど
確かに、このベースなら
消防士ネタや火事ネタを入れてくれても、面白いかもしれん。

とりあえず及第点ですv まだ期待は出来そうな滑り出しでした☆
関連記事
スポンサーサイト
[ paper-extra ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/915-e589b2f5
trackback