Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*04*16(Mon)
秘密 一番オススメの話ってどれだろう?
今頃気付いたのですがfc2ブログって「訪問者リスト」って所に足跡が残せるんですね。
でもカウンターとの数が合わないので
みなさん足跡残さない設定をしているってことですね。
それがfc2のマナーなのか?そうなんですか?
それともfc2以外の人が多いってことなのでしょうか?どっちなのだろう?

イマイチ馴染めてない感丸出しですが
問題はそこではなく
足跡を残してくれる方々の顔ぶれです。

「訪問者リスト」にはブログタイトルやハンドル名だけでなく
ブログ内容やプロフ文まで表示されますよね。
時々笑っちゃう内容のものもあって結構楽しいです。
みんな面白いー。こんな十数文字でウケを狙えるなんてどんだけオモシロキャラなんだろうと
興味をそそられています(^^)

まあ、そこはいいんですけど
どう見ても私のブログとは関係さなそうな(つまり秘密ファンではなさそうな)方々も
おられます。
どうせ此処に来るのは秘密ファンだけだろ・・・とか思いきや
漫画関係ではない人のブログとかあります。

宣伝(アクセスバック)の意味もあるのでしょう。
そーいうの私は別に全然構わない方です。どんどん足跡付けていってクダサイw
眺めているだけでも楽しいですw

それより気になるのは
宣伝のためなら一度来れば事足りる筈なのに
リピーターさんがいらっしゃるっぽいことなんですよ!
なんで?
この濃厚な妄想記事見せられてそれでもまた来るのかよ!
いや嬉しいですっ。嬉しいんですけどっ!
この漫画のファンでもなさそうだから目的が読めない・・・・

私の記事はともかく
ココでこの漫画を知ってファンになったっていうのなら
最高級に嬉しいんですが\(◎o◎)/! (もう終わっちゃうけどな!)
ウエルカ~ム!
まあファンではなくても度々来てくれる皆様、本当に嬉しいです(*^_^*)
本当にありがとうございます<(_ _)>
それが言いたかったんです・・・

ちなみに当ブログの訪問者は95%の秘密ファン関係者と1%の通りすがりと本人で構成されています(笑)
(HPからの流入はまずないのが淋しい・・・・本来の主旨から逸脱しまくりです・・・・)

ズラ~っと無造作に連なるブログ紹介をボーっと眺めていて
そこでふと考えたのですが
もしそんな秘密シロートさんに今からこの漫画をお勧めするなら
自分的にどの話を推薦するか?

それはとどのつまり
どの話が一番気に入っているかという本音が出ます。
面白そうなのでちょっと考えてみました。
一人で空回っている感満載ですが。↓↓↓


となるとやっぱ7巻ですかね?
物語が収束した後すんげーラストが待っている展開は
インパクト強いです。
そこに至るまでの伏線の配置も見事です。
救済の欠片も残さない論破が壮観です。
そんなに激しく燃え上がらせながら
静かに幕を下ろすラスト一ページも脳天直撃です。
胸を掻き毟られます。
色んな意味で絶品です。

でもパンチ強すぎるか?
初めての人がいきなりこれじゃショックでかすぎ?

いやそれよりも薪さんの辛さとか何も知らないまま
大臣との説得とか病室シーンとか見ても
意味分からないか。


そういう意味では1巻を抑えておいた方が
親切っちゃ親切だ。
しかしそれだと秘密ワールドの本当の魅力が伝わらない。
やっぱ独自のカラーを打ち出し始める4巻SP以降でないと・・・・!

うわ~ジレンマ。
自分でお題を出しておきながら自分で落ちた。
世の中には言いだしっぺの法則というものがあってだな・・・・・
あーどう回収しよう、このネタ。

仕方ない。もうちょい考えてみる。


個人的には岡部さんが好きなので6巻を推したいのだが
第九の微妙な立場や第九の意味は伝わり易くても
所詮これってサイドストーリーなんですよね。
本筋じゃない。

本編を知っててこそのサイドである。
特にCopycatなんか。

それに青木もいないしな。
つまりこの物語は
青木と薪さんを取り巻く話がメインなのであって・・・・じゃないかという・・・。


となると残りは5巻と8巻。
8巻はこの漫画にしてはほんわか終わっているので
読後感に標準装備の「うわあぁぁぁぁぁ・・・・・っっっっ!!!!!!」・・・・が、無いよね(笑)
これ、秘密のオプションだから。


あれ、消去法で5巻になってしまった・・・・(@_@;)
また自分で自分の結論にびっくりだ。

まあ確かに大迫力の痴話喧嘩も収録されているしなw
悪くない・・・・か?

でもなんか違う・・・・
なんか違う気がする・・・・(笑)


いっそ4巻直接いってみる?
いやぁ、でもなあ・・・・!
これこそストレートすぎだろ!!SPが!!そう!SPが!!

ならばエンドゲームとか?
うーん。これは出だしの陰惨な雰囲気とか、もの凄くこの漫画っぽいし
タッキーとの息の詰まる頭脳戦とか、私的にめちゃめちゃ燃えるのだが
物語としてはどうだろう。

着地点がまだ見えないのもあるけど。
(収束を待ってからじゃないと判断しかねる)
それにこの後もう一回展開をひっくり返す位とんでもないオチが付いてくるならともかく
青木の情熱的抱擁をマックスだと考えると
この漫画の締めくくりという印象が強く
秘密としての魅力に欠けると思う。

ん?ちょっと違うか。
第九の悪用とか過去に因る翻弄とか
秘密としての魅力はふんだんに詰め込まれてはいるね。
でもホラ、締めに入っちゃっている感と
自分達の事件という側面が強く
閉鎖的なんですよね。

この漫画はさ~、もっとこう・・・・広大なスケールと壮大な哲学が
どす黒い所がいいんじゃん。


やっぱ5巻で!(^_-)v
5巻でFA!
そんな訳でこのブログに来た秘密ファン以外の方々。
ご興味がありましたら5巻辺りを立ち読みレンタルなんて良いと思います。
ハードな内容な上
ハードな装丁なので
色んな意味でしんどい漫画です(笑)読んでいる内に腕がな・・・(爆)


以上ここまで何巻が一番オススメか考えてみました。(どーでもいい)
というかここまで書いてきて気付いたのですが
この漫画「秘密」の認知度ってどのくらいなのだろう。
知ってて当然なのか。それとも名前くらいは知っている程度なのか。存在すら知らないレベルなのか。
一応本誌での扱いは人気度高そうな印象を受けましたが。
漫画好きなら誰もが一度は目を通したことのある漫画だとしたら
この記事は見事なスカっぷりだな。

とりあえず突破口は
意外にも5巻で!
でもこの漫画が本当にすんげえのは7巻だぜ!と後ろから叫んでおく。
関連記事
スポンサーサイト
[ addition ] CM3. TB0 . TOP ▲
COMMENT


もくずさま、今晩は。

私もちょうど、どの巻が一番好きかっていう記事を
考えてたトコだったんですよ~~~!
親近感!

そして、私も7巻が一番好きです!
薪さんの美しさと恰好よさが半端ない!!

でも、初めての方におススメするなら・・・
考えてみました。6巻と8巻です。
私は正しい第九らしさのある巻をおススメしたいです。
いきなり6巻読んで面白いかって話はありますが・・・。
初めての方も岡部さんの気持ちになって読めるかもしれません。
また、8巻の制服姿の薪さんに、ファンも続出でしょう!

あと、カウンターは自分をカウントしない設定もできますよー。

それでは、失礼します。
2012/04/16  | URL | ゆずき #- [edit]


> 私もちょうど、どの巻が一番好きかっていう記事を考えてたトコだったんですよ~~~!

えーっっ???マジでー?wwwなんでなんで?
すっごい偶然!
なんかめっちゃ嬉しいです~♪同志同志ww


> そして、私も7巻が一番好きです!
> 薪さんの美しさと恰好よさが半端ない!!


でーすーよーねえぇぇぇぇ!!!!(大声で)



> でも、初めての方におススメするなら8巻です。

うわーっっ!!ソッチ来たかーっっ!!!!(笑)

分かります分かります!
記事では触れませんでしたが
実は私も5巻と8巻の間で長時間もんのすんごく揺れました!!
そりゃもう真剣に!

「正しい第九」という言葉には
ゆずきさまの秘密に対する重みと愛情を感じますw

確かに証拠としての情報だけでなく
プライバシーを含む法的な視点や
取り調べや逮捕などの権限を持たない組織である立場とか
設定の妙が克明ですし
沢山の脳データを扱うのも面白い所ですよね。

クセの強い漫画な割に
これは事件としても読み易いと思いますし
本当にお薦めですよね(^o^)/


たださ~薪さんの辛さの描写が少し弱いでしょー?
そこがネックだったんですよ~私的に~(>_<)

薪さんが何に苦しみ何に躊躇うのか
そこが伝わらないのは悲しい・・・・(T_T)
「無口で怒りっぽいけど本当は優しい上司」程度に認識されるのは辛い・・・(笑涙)



>6巻

6巻はねーwww最っっ高ですよね~❤
でも物語はやっぱり薪さんと青木を主軸にしているのかもと思うと
ちょっと躊躇ってしまった・・・・。

そんな事は無いというのであれば
6巻は事件もストレートですし
薪さんはかっこいいし、儚いし、苦しみも伝わるし
岡部さんはカッコイイし(ここ重要)
すんごくお薦めしたいですよね!

でもやはりいきなり6巻は無理がありますか・・・・(-"-)
惜しい・・・っw
・・・って、私達、誰に向かって何の話をしているんでしょうw



> あと、カウンターは自分をカウントしない設定もできますよー。

なんですとー!
2012/04/18  | URL | もくず #- [edit]


>1巻

そっか~1巻ですか♪分かる分かるw
1巻は物語の雰囲気を掴むのに1巻としての役割を充分に果たしていますよねw

ただ薪さんの抱えている辛さや苦しみって貝沼事件(だけ)じゃない、
ということが描かれていないのでそれが引っ掛かってしまって・・・・( ノω-、)
薪さんが抱えているのは貝沼よりカニバリズム他、
他人にも言えない(誰も知らない)秘密の方でしょう?
それをしっかり理解して欲しいな~と思いました(^^ゞ

あと薪さんが傷痕をこの程度で乗り越えた風にも思われなくないかな?



>6巻

そーそーっっ!!!
そういう意味で私も6巻は一推しなんですけど
肝心の青木がいないっっ!!<`~´>
薪さんと青木に強い絆があるかは私的には疑問ですけど(笑)
薪さんが青木を大事にしたい想いの強さが物語の軸だと私も思いますw
だから青木がいなきゃ駄目なので6巻は惜しくも落選・・・

うーん、もったいないっ!



>8巻

これは正にそれ!7巻あってこその8巻SPですよね!
第九として裾広がりの良い話なんですけどね。



>5巻

そっかー。うーん。確かにそうだ。
意地悪とまでは言わなくても
薪さんが何をそこまで警戒しているのか分からず
ヒステリックなだけに見られてしまうかも。
それは嫌だなぁ。(/へ\*)))

後味の悪さとかちょー秘密っぽいのにね。



>7巻

あー!確かに!それは盲点でしたっっ!!!!Σ( ̄□ ̄lll)
7巻では薪さんは鈴木さんと何らかの約束をしてたのかな?ぐらいの
軽い関係にしか見えなくもないですね。
二人がどんな辛い別れをしたかを知らないと
薪さんが青木を追いかけていく階段のシーンの辛さも微妙かも。


うーん。一冊だけって結構難しいですねー(^^ゞ
でもaさまのお考えが聞けてすっごく面白かったです(^O^)/
ありがとう(^^)/
2012/06/18  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/90-53b10b2f
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。