Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2015*09*03(Thu)
金田一少年の事件簿R 6巻 感想
b-hajime8.jpg
蟻地獄壕と吸血桜が収録された第6巻。
表紙は桜をモチーフにパープルパープル。結構どぎつい。
紫蘇梅のような紫で、そうか、原作者さんはこういうイメージだったのかなと邪推しました。
血のような紅い桜っていうから、私はどちらかというと紫蘇とか紫芋(笑)みたいな色よりも
むしろ茜色やチェリー色が強いのを想像してたv
でも真紅は嫌だったので、気に入っています。

気に入らないのは描き下ろしのはじめちゃんだ(爆)
どうしてこう、一番目立つ場所の絵柄を手を抜くっていうかデッサンを狂わせるのか。
丸顔すぎてカッコ良くない~~~~~。
なんだろ・・・輪郭?

服のセンスもどうかと思うけど。


収録話は、蟻地獄壕の解答編と、吸血桜の導入編。
細かい感想は本誌の時に述べているので割愛するとして
こうして一気に読みなおすと、毎度言っている気がしますが、Rに入ってからはやっぱちょっと面白い。

蟻地獄壕なんかは
入り組み迷路のようになっている砂丘の実験棟で、鍵を掛けて右往左往させていることと
そこに色彩心理をかじった感じのスパイスで
「そもそもトラウマっていうのは恐怖や後悔などの激しい負の経験を心の中に冷凍保存したもので
 それが何らかのきっかけで解凍されると、行動に表れてくるんだよ」
っていう、何とも面白い考察で固めることで
何とも不安定要素の大きいリスクを回避しているのが、よく分かる。

行動心理を誘導している奇妙さが引き立ってて、小難しいけど、読んでいて面白いな~。

〝布を被ってやり過ごす〟だなんて
一昔前の金田一なら、絶対、誰かにそう思わせようとしたフェイクの方に使い
本ネタは更にもう一回転させてきたものですが
その辺の弱さも、この鍵を締めた締めない論争で、上手く暈されているし
総合的には面白かった話です。

これで高遠さんが出て来なきゃね~~~。

告白編のパンチの弱さも、なんか舞谷かえでさんが可愛いのでいいやv
ちょっと尻すぼみで、ぶつ切りなラスト巻だけが残念な感じに映った。
あれ、本誌の時もそう思ったっけな?


吸血桜の方は、やーっぱり映像美と言いますか、桜のモチーフが綺麗綺麗。
特に本誌では分からない、一話と二話の繋ぎ目とか。
おおぅ~って思ったよ。
偶然にも、まるで見開きのような桜並木に見えて、壮大さを感じました~。

モノクロなのに、雰囲気がいいんだよな~~~~素敵~。
それが腹に刺さるこのグロさもたまんない。

何だそのセンス。発想が怖えよ。

また、犯人を知った後で見る、行動や表情が、特に違和感なくて、楽しめました。
後に告白する台詞の伏線が、ああ、このシーンかなっていうのが、ちゃんとあったんですね。


欲を言えば、もっと加筆修正してくれてもいいのにな~。とかとか、思います。




※ラクガキ
放課後屋上でごろん。みたいな。
美雪ちゃんのぱんつが見えそうなのは私の趣味です。(言い切る)
描き終わってから、美雪ちゃんの制服はネクタイではなかったことを思い出しました。あっちゃー。

この漫画は、いまどき何故かパンチラすら描いてくれない硬派な?漫画なのがちょっと納得行きません(笑)
もっとエロさ出そうよ~。<さとう
スカートが翻ることもないのも、ちょっと重力が強すぎて違和感です。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichi-comic ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/898-02a9aee1
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。