Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
2015*06*26(Fri)
金田一少年の事件簿R 吸血桜殺人事件第9話感想(週刊マガジン30号)
表紙からなんかドラマティックー!おぼろ月夜みたいな桜に透かしのアップが、ちょっと印象的です。
そこに6つの容疑者カット!
いよいよ犯人判明ー!!

うををー!盛り上がってきました!


密室だからと、藍染と北屋敷さんは早々に除外。
わざわざ自分が疑われる状況を用意はしないとの理由。

そりゃそうですよね。こんなにメンバーが限られた狭い空間では、リスクが高かったです。

・・・とくれば、このまま一人一人容疑者を絞っていき、最後に残った人物が
犯人は君だ!とくるかと思いきや
はじめちゃん、いきなり核心へw


決め手は出席番号をやけに明確に覚えていたこと。

まんまじゃーん!爆笑。
やー、ここは本当にそのままでしたね。引っ掛けかと思ってた。
出席番号は、もっと学校色が強いから、これだけで根拠とするのはちょっと弱いですが
でも、番号の若さより、覚えていたという事実の方が重要とのこと。
・・・・全くです。


彼女こそが、あのイジメで殺された青桐岳人の妹だった!

そう来たかー!
生き残りかー!

一家が全滅したのは、これもまんまで無理心中だったみたいでした。
両親に道連れにされ損ねた妹の夏美が、この葉崎栞と判明。
墓まであったからなぁ・・・・すっかり騙されました。
関係者かな、とは思ったものの、肉親の線は捨ててました。(^^ゞ


ずっと記憶を失っていて、何かの拍子に戻って、そしたら一家を地獄に突き落とした連中が目の前にいるから
そのまま犯行に走ってしまったという
何とも幼稚な理由そのまんまだ!

や、整合性が保たれて、ものすごく納得です。
妥当な落とし所・・・・でしたかねぇ。
近所に住んでいる、青桐の幼馴染とかでも哀調は損なわずに造れたと思うのですが。
そうしなかったのは、家族にすることでまだ何か出てくるんでしょうか。
もう一歩踏み込んだ因果関係みたいな何かが。

ここは告白編ですよね。
ちょっと何かあるかと期待したいです。
そもそも、イジメ犯の方を先にバラしている変則的な物語ですから、そこに意図がある筈でしたね。
ちょっと楽しみだ。



「そしてあんたの衝動だけで計画性ゼロの犯行を、何故か被害者の冬部蒼介が陰でサポートした」

この理由についてはやはり推測で流されちゃうんでしょうか。
はじめちゃんも「彼なりの償いみたいなもの」って言っていますし
曖昧エンドっぽいなぁ。

哀しい擦れ違いの結末の予感・・・。
だから桜がモチーフなんですかねぇ。
最後に猛烈な桜吹雪が描かれそうでどきどきどき。

あと、冬部が何故生き残りの妹だと気付いたかも、気になります。
どうも絵東は気付いていなかったみたいですし。

もしかして、当時、知り合いだったとか!
兄貴のクラスメートなんだから、何らかの接点が浮かび上がりそうでコワイ。

それを葉崎も知ってて、知ってたからこそ許せなかった的な過去になったらソーゼツだな。
救いがない・・・・(T_T)

「あっの、バカ!」って言ってフォローしていくとか、ちょっと萌えるんだが。



「そこまで言うなら仕方がない。あんたが犯人だっていう証拠を突き付けるしななさそうだ」

はじめちゃんが葉崎犯人説を決定打とした一手は、まだ明かされませんでした。
何だろう???

絵東を殺したのも、フロントに居たアンタだからこそ出来たことで、辻褄が合うって理屈でしたが
こっちもそうなんでしょうか?
フロントにいたことが監視カメラか、佐木ビデオに写っていて
だからこそ他に連絡を取れた人物はいないとか?

んー、ちょっと苦しい(笑)

でもこの段階で既にミスを犯していると指摘しているから
電話関係だと思うんですけど~。

そう、電話!
最後に冬部が掛けたのは、フロントだったんですね、あの電話。


そういえば、佐木ビデオが思ったほど活躍しなかったのが、ちょっと寂しいというか、使いこなせていない感じだった。
もっとはじめちゃんの記憶と照らし合わせる感じで有効活用されたりするのを期待した。
これだけなのかなぁ、佐木ビデオ。

そんな訳で犯人判明回でした。
正直まんますぎたのですが、今回のお話に限っては、全然裏切られ感がない。
もう一人くらい、ダミーで怪しい人を加えて、話を惑わせてくれたら、ミステリーとしても完璧だった。
すっごく面白いと思えるし、何より全編にブレずに漂う情緒的な雰囲気が凄く好みだ。
哀しい哀しい過去が出てくれば、もう私的傑作認定しちゃう。
こういう話、大好きです。


画も、思う程崩れていないし、割と丁寧に描かれている感じで、楽しい!
特に重要なはじめちゃんの顔が割と可愛いので、満足度↑↑↑

言い当てられた時の葉崎のアップとか、結構インパクトある表情だしリズムを感じますよね~。
読みやすい?っていうか入り易いっていうか。
ああもうvv このままのレベル保って最終回まで突っ走ってくれ~。頼むぞ~。

そうだったよな?っていう横目のはじめちゃんとか可愛いすぎるw
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/882-b7c73ddb
trackback