Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
2015*06*05(Fri)
金田一少年の事件簿R 吸血桜殺人事件第6話感想(週刊マガジン27号)
平常心を装いながら虎視眈眈と動向を吟味しているはじめちゃんにちょっとだけ痺れました・・・。
いつも飄々とした感じで周囲を油断させつつ、本能的にアンテナをキャッチするというスタイルが多い中
何だか今回は、ボロを出してくるのを狙っている野性風味があります・・・。

鋭い目線のコマもワイルドだ!
そんな物語全般に、ちょっとした緊張感を感じる第6話!
まるで、RPGのように怒涛の前振りがなされていました。


お話は、ほぼ食卓での会話シーン。
二人も被害者が出てしまったので、みんなで一緒に夕食を取ろうという流れになり
そこで、学生時代の話を向けてみるというもの。

ここは正に、犯人にとっても勝負所!・・・・の筈なんですが
「なんかこー違和感があったような・・・・いや絶対あった!!どーにもこー気持ち悪い感じが抜けねーんだ!!」
だろうね、とは思うものの、どうだろう。
すっげー面白い感じでネタ出しされているんでしょうけども、私にもさっぱりでした。美雪ちゃんと一緒だ・・・。(-"-)


そこで何気に挟まれたはじめちゃんと美雪ちゃんの昔話vvv
小学一年の時に同じクラスになったら、席を譲って貰って隣同士にしちゃったとかナニソレv
美雪ちゃんじゃなくても初耳ですv


「長い付き合いよね。一年生の時に同じクラスになって席も隣同士で――」
「えっ?それって少し不思議ですよね。だって小学校の一番最初ってだいたい名簿順じゃないですか」
「確かに金田一と七瀬じゃけっこう離れてるんじゃないか?」
「あははは、いやー
 確かに名簿じゃ離れていたんだけど、何気に隣の席のやつと話を付けてチェンジしてもらったんすよ!」

話を付けて・・・・・(;一_一)
絶対コイツ、姑息な手を使ったんだ、小学生にしてww


そういや、義務教育時代って座席は出席番号順でしたね。
何とも懐かしいネタである・・・。

今回はその出席番号と座席という角度からお話が進められていたのが特徴的でした。
これも何か意味あるんでしょうか。
その前振りから、結構なコマ数を割いて、この話題が続いたので、あれ?って思いました。

面白かったのは、その流れで、絵東と斧田の席が隣同士であったこと。
敷島-葉崎ラインと、藍染-虎元ラインの強調。

絵東と斧田は、その線で仲良くなったと告白編で触れられそうですが
それよりも気になるのは、二つのラインの、表向きは他人設定。
きっとどちらかが、昔馴染みの間柄だったという展開に持っていくつもりなんですね。

そうなると、珍しくも共犯者説が出てくる?
なんか、部屋の解錠ネタもそうでしたが、今回はヤケにペアを意識させる流れだ。


となると、妖しいには、敷島ー葉崎ラインだけどなぁ。
知らない人を装うのに、なんともワザとらしい言い訳だったw
わざわざ「擦れ違うのも無理だよ!」とか言わなくていいだろw普通にw

藍染ー虎元ラインの方は、流石、年の功。
落ち付いた、肯定も否定もない対応で、思わずニヤリ。

そこに現れる、北屋敷さん!

そうそう、藍染との繋がりと言ったら、こっちの方がよっぽどあからさまですよね!
まるで助けに入ったような・・・?乱入の仕方。・・・それは考えすぎか?
もしや3人揃って確信犯?
・・・・だったらオモシロ。


そして食事後、どこかへ連絡を取る冬部。
たった一言なので、仕事関係とも言えなくはないが「よろしく」って何が?
なんか調べるように誰かに頼んだ?
若しくは、今後のことを頼んだ?

絵東が殺された時、本当に驚愕の顔を見せた気はしたのですが
心当たりはあるんでしょうね。
何だか、自分の殺害を依頼したかのようにも取れる横顔がちょっと意味深でした。

・・・・・とかなんとか思っている内に、あっさり冬部殺害。
第三の事件発生。

うぎゃー!また刺さっちょるー!
桜が刺さっちょるー!

これですよ~、こんな装飾が絵東殺害時にも見たかった~。
見開きで描かれた大きなカットは簡素だし、最初の方がトーンとか使ってあって情緒的でしたけど
でもインパクトある。
そうだよ、本来見開きってこういう風に使うもんだよなぁ・・・(金田一では禁句)


空き部屋なのに警報が鳴り出したことで殺害に気付く面々。
ってか、各部屋に警報が付いているの?なんで???

それより、斧田の時は同じ感じで、朝方発見としたのに
何で今回は朝になってからじゃ駄目だったのか?
第一、見張りの警官の目を盗んだことを考えると、冬部は何処から出たんだろう。

そして第一殺人の時と同じく、部屋は閉ざされ、鍵は桜の木へ――!

「二度目の完璧な密室殺人・・・!!」


きゃーっ//////
燃えたーっ!!
盛り上げ方がスムーズ過ぎて、ちょっとゾクゾクしました!
また、死体発見の経緯が、第一の殺人の時と全く同じ手順を辿るこの空恐ろしさも、上手い!
藍染&北屋敷でマスターキーを取り出し、扉を開けたら、目の前に満開の桜風景。
同じ形で死体が横たわり、そして、前回冬部と絵東でこなした一連の動きを
今度ははじめちゃんとオッサンで確認。(窓の施錠と本物の鍵の確認)

うをー!
操られているように怖い。
そこで苦汁を呑むはじめちゃんの「二度目の完璧な密室殺人・・・!!」

燃えてきたー!こうこなくっちゃ!かなり楽しかったです!
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/866-471e23af
trackback