Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと漫画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
2015*05*27(Wed)
ポケットモンスターXY第72話「こわいイエのおもてなし!」感想

b-xy172-1.jpg
なにそのオチー!うぎゃあぁあぁぁ!!ふっつーに怖えぇよ!!何してくれるんだよ!
あにぽけのゴースト回と言えば定番・ゴースゴーストゲンガーの三点盛りだとは思っていた。
けど、このオチは豪快すぎる。

かなり侮って油断して見ていたので、製作サイドの罠に見事はまりました・・・・(爆)
ラストの200年前の死者だったというオチに、普通にサトシたちと共に叫んだよ・・・w

あれは、あそこで、ユリーカ以外、気絶しちゃったってことですよね。
記念写真まで撮ってるユリーカ、将来大物の予感・・・。
ってか、その横で両手でピースサインしてるじいちゃん、してやったりな笑顔だなw
何とも微笑ましい・・・・。
いや待て、だからそれ、200年前に・・・・・|||||/(_▽_)\|||||


道に迷ったサトシ一行。
深い森を抜けると古い一軒家があって・・・・という噂話通りの家に雨宿りすることに。
外で雨に濡れていただけなのに、既に気配を嗅ぎつけて出迎えてくれる家主が
既に不気味・・・。
その家の住人と名乗る老人・コールさん。
話せば話す程なんか辻褄が合わない違和感が。

でもこの世界では
たまたま放浪の末に空き家に行き着くと住み着いちゃっても違和感のない違和感が。


序盤は、サトシが旨そうにメシ喰ってんのに癒されて(違)
無邪気に幸せそうなサトシに癒されて
サトシ&ぴかのいちゃこらっぷりにニヤニヤしてたので
あんまり警戒してませんでした・・・。

タオルを渡されて、まずぴかに渡すとか、何そのさり気なさ~//////q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p

もういっそ、食事もサトシの隣でしてくれてもいいよ!

その後、ラップ音が聞こえた時でしたっけ?
ぴょんとサトシに飛びつくぴかとか、もぉぉ~~~//////
こういうの!
こういう感じのが見たいんだ!!


ユリーカだけが怖がらないっていうのはともかく
この兄妹の差www(*≧m≦*)
でも、今回のユリーカはめちゃんこ可愛かった。
シトロンが可愛がる理由も良く分かるv
最後飛びつくとことか、いいな~って思った。わんぱく小娘v



そしていよいよ物語は終盤へ。
この世界の怪奇現象なぞ、大概ゴーストポケモンの仕業なんだから、と思っていたら
案の定、出ました!
三点セット!

ピアノ弾くゲンガーかわいすぎだ!!
なんか、みんな怖がっているけど、良く聞くと
あの・・・ピアノの曲ノリノリなんですけど・・・・(大爆笑)

ペダルに足届かないのに、ちょこんと座ってる姿が可愛い~v
そう言えばあにぽけに於けるこの三匹の描き方っていっつもやたらテンション高めですよね。
悪戯っ子で、寂しがり屋vvv

今回も、みーんな楽しそうで、かわい~~~~vvvv
好きだな~~~。o(≧y≦*)o
うんうん、いつものパターン。


――なーんていう、画面の向こう側の世界だけ怖がっている、可愛いお話なんだろうと思っていたら
ここから急激に様相が変わる。

ゴーストたち揃っているのに、ここから一人一人消えていき
その落とし穴はみな、地下通路に繋がる。

そこで出てくる一冊の手帳。(というか日記)

この家の持ち主は、怪奇現象がゴーストたちの悪戯だと気付かず
お祓いをしたり、抜け穴としてこの地下室を造ったり。
それでも怪奇現象が治まらないので、見捨てて、引っ越してしまったという
何とも哀しい擦れ違いの物語。

しゅん・・・としんみりした時、一枚の写真が挟まっていて・・・・。

「この写真、コールさんに似ていない?」
「ああ、そうだ、思い出しました!私です。
 そうか・・・!あれはゲンガー・ゴース・ゴーストたちの仕業だったのか。
 あの時のゲンガーたちは遊びたかっただけなんだ。
 なのに私達家族は勘違いしてこの家から出ていった・・・なんだ、実に簡単なことだった。
 すまなかったね」

仲直りv
誤解も解けてゲンガーもにっこり。
あのギザギザお顔で笑われると、めっちゃめんこい~v

でも――

「あ、写真の裏に日付が書いてあるよ」
「ふーん・・・えぇ!今から200年以上前になってるぞ!」
「ふふふ・・・・全て思い出しましたよ。・・・・私、死んでいたんです」
「ええぇえぇぇぇー!!!!」+私

なにそれ!Σヾ(*☆□☆*)ノ
そうきたか!!

そんなリアルホラー・オチ。こういう斜め上展開は予想外だ。
恐らく、全てはゴーストたちの悪戯であるというオチくらいは、もう視聴者は予測してしまうだろうという
脚本家さんの企みに、見事にハマったということですね。マイッタ。
ぶらぼー!

こうなってきますと、ではなぜサブタイが『こわいイエ』というカタカナ表記だったのか?という疑問も
薄ら寒く感じてくるから不思議です。
『イエ』・・・家自体に仕掛けがあると匂わせる策略か、或いは、家自体が若しくは・・・・。

うぎゃー!想像すると怖いからやめておこう・・・。Σ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) 

たまらん!やられた!GJ!!



ちなみに、前回のニャースとユリーカの話は
サトシのニャースに対する態度が一人だけちょっと違ったのが良かったです////
他メンツと違って、仲は長いもんな。

「素直に謝っちゃった方がいいと思うけど・・・」

しょ~もないなぁ・・・って感じと、サトシのポケモンに無条件に甘い感じが出ていて
すっごくイイ!


※ラクガキ
前々回の、サトシ帰還の際にセレナが飛びつく勢いで肩に手を置いたさり気なさに悶えて。
関連記事
スポンサーサイト
[ pkmn ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/861-bcd6e8b2
trackback