Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと漫画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
2015*05*03(Sun)
金田一少年の事件簿R 吸血桜殺人事件第3話感想(週刊マガジン23号)
おおぅ、凄かったー!すごい~。インパクト絶大っす!こういう衝撃度は久しぶりな気がします。
別にグロ好きっていう変態ではありませんが、あまり非凡性のないものばかりで来られても
最近はストーリー自体に鮮烈な展開とかある訳ではないので
どこかでパンチ入れてもらわんと、温すぎなんですよね。
漫画なんですから、絵でも楽しませて貰わないとな~って思っていた今日この頃。

そういう意味ではなかなか目を奪われるカットでした~。
串刺しってか・・・・植えられているよ~~~~~~。
何処まで刺したの?とか考えると内臓の状態が、ぎゃああって感じですし
植物って水分を吸い上げるから、じゃあ、ホントに血液吸っちゃってるよコレ・・・とか想像して
結構、キモイ・・・。
うわあぁあぁぁぁ・・・・・。

こんな発想なかったよ・・・・。
普通に根から吸わせてくると思ったよ・・・。
いやぁ、ひっさびさにキター。


さて3話。
事件が発覚する前夜。呑気なもんです。
下心はともかく、結構遅くまで起きていたらしい3人組。
空気読めない男!佐木くんイイネ!

でも兄貴の末路を思うとこれでイイと思う・・・・。(ーー;)


とりあえずここは、夜更けに死体を工作したり、桜の枝を折ったりなど
音を立てて作業している様子はなかったって描写になるのでしょうか。

そして翌朝の行動ですv 出ましたv
定番の台詞の応酬、意味深なセキュリティロック。

もうここの一連の動きは、当然なんらかの意図が見え隠れしている筈で
犯人の動きも巧妙に入れ込まれている筈ですよね~。いつものパターン。
ここで館主さんとかが、実は犯人・・・とかだったら面白そうなのにな~、とか思った。
せめて、不審な行動をしている誰かを知っている、とかw
ないですかね?

この漫画家さんは、意味深な目線とか結構入れてくる割に
何気に伏線回収しやがらないで終わらせちゃうヒトなんで
多分、意味はないんだろう。

そして、今更ながらに、このオーナーの顔が般若に見えてきた・・・。
雷鳴轟く窓辺でニヤリ、とかそういう描写入れてくんないかな。



今回誰が怪しいかって考えると
こういう場合って大概、食堂に表れない人物を真っ先に探しに行こうとか言いだすヤツ。
死体を調べられれば、犯行時刻が割り出され、アリバイもくそもなさそうなんですけど
言いだしっぺは、怪しい。

・・・って、思っていたら、言いだしっぺは冬部だったよ・・・・。アリ?

コイツは私の中では被害者確定なんだが。
ちなみに次の被害者は絵東ですよねぇ?


そしてヤケに念の入ったスペアキー。
何なんでしょ。いっきなり怪しくなりました~。

「マスターキーって北屋敷さんが管理しているんですか?」
「と言うか、私と北屋敷の二人で管理しているのよ。
 あたしの知ってる暗証番号と
 北屋敷がセキュリティボックスに入れて保管している鍵。
 この二つがないとマスターキーの入った金庫は開かないようになっているの」
「へぇ~ずいぶん厳重なんですね」
「冬場お客さんがいない時は空っぽになることもあるからね。それに北屋敷は・・・・」

この意味深な途切れ・・・!
多分、これはミスリードではなく、北屋敷さんは館に思い入れとか思い出があって
償いとか弔いとかの想いを込めて、大事にしてくれている・・・とか
そんな肩透かしだと見た。

ここで館主がキーを擦り変えた、との隙もありましたが
それもどうかなぁ。
やっぱり協力者程度の繋がりがあったら、楽しいのにな~。←だからないって。

そういうそれぞれの思惑が絡み合って、事件が丸く転んでしまった――とか
そんな心理描写に凝ったミステリーが読みたい。



死体発見。
ソーゼツ。

妙にはじめちゃんと共に現場に踏み入る冬部。
断定的な物言いと、他者の誘導が、もう犯人ルート。
あれ、コイツ怪し過ぎだw
本当は窓の鍵とか掛かっていないのに、掛かってた振りをしたんじゃないのかw


この部屋の鍵は、その桜に巻きついていた。
もうアリバイ云々の方向性ではなく挑発的な快楽殺人の様相。

唯の密室殺人ネタなのに、とっても緊迫しているのは、やっぱり桜というモチーフのせい。
花の華やかさと鍵が、状況にそぐわない対比で、返って不気味。
廃墟だの、僻地とかされるより、ずっとおどろおどろしさがある。
柳の木とかも典型ですが。

なんだかビート音が上がってくる・・・!
今回スピード感とストーリーが上手く噛み合ってる気がする~!

絵も、雑なのですが、可愛い感じで(丸っこくて)雑なので、割と入り込めます。
ちょっと正面向きの絵が多くて、上半身ばっかだし
単調ではあるんですが。
説明台詞が多かったので、あまり気にならない。

割と出だしとしては、上々。
はじめちゃんがどうとか言うより、普通に事件が面白くなってきた。



そして唐突にオッサン登場。
ナチュラルvvvv
でもいっちばんナチュラルなのは、さりげなく副題が変わっていることだ・・・!いつの間に!
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは。お久しぶりです。
この前の感想ですが、色での心理で、暗い色を避けるのは、暗い場所や暗い人とかを無意識に避ける傾向があります。この前のコメントありがとうございました。
本編の感想ですが、今回の犯人はいっちゃっていますね。桜の木を見立てるなんて、体に刺す犯人の神経を疑います。桜に直接刺して、からませたのは、カモフラージュかもしれませんが・・。とにかく次号が待ち遠しいです。
2015/05/11  | URL | 神風 #CTILFvdE [edit]


コメントありがとうございますv
今回の犯人のイっちゃってるぶりは私も驚愕です。発想の突飛さにやられました~。
金田一シリーズもこのくらいのインパクト出せるんだ~と久々に目が覚めた気分です(笑)

仰いますように、これは何かのカムフラージュですよね。
でも奇抜すぎて(派手すぎて)見当すら付きません・・・(@_@;)
鍵を巻き付けているのもワザとで、すり替えが出来ないことを見せ付けている訳ですが
それと桜が結びつかない・・・派手すぎて・・・w

謎が分からないのはいつものことですが(苦笑)
今回は事件としてもまだ始まったばかりで、既にこの衝撃度ですから、色々期待しています。
私も次号が久々に待ち遠しいです。
2015/05/12  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/846-73930719
trackback