Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2015*02*21(Sat)
金田一少年の事件簿R 蟻地獄壕殺人事件第7話感想(週刊マガジン12号)
ベビステ。エーちゃんのタクマ戦が熱い!なんて試合なんだ!!
今までの集大成って感じが良く出てて、鳥肌が立ちそうです。泣きそう!

タクマはエーちゃんにとって、一番最初であり最後の壁なんですね。
そういう過去ネタをきちんと回収してくれるのが、すごく嬉しい!
「フォアのクロスからネットに来る!全ての球を取ってそれをコントロール出来れば・・・・・理論的には負けない!」
うわあぁあぁぁぁ~!!!
エーちゃんの出発点だよぉぉ~。もう胸が張り裂けそう!

なんかちょっと武者震いしてきちゃいました。
負け試合と分かっていたのに、こんなギリギリの攻防。熱いー!
エーちゃんは追い込まれてからが面白い!

これで負けて堅実な将来を歩むことになるラストでも
一夏の昇華を見せて貰い、大満足になれそう(笑)


・・・に比べて、なんとも起伏の少ない単調なターニングポイント。7話です。

トラウマに対しての解釈は面白かった。
「激しい負の経験を心の中に冷凍保存して、それが何らかのきっかけで解凍されると行動に表れてくる」
面白い例え方をするな~と。
でも正にそういうことなのかも。

色に付いて何らかの意味や犯行に直結するような利用価値を示してくるのかと思ったら
なんか、それぞれを部屋へ閉じ込めておくだけのアイテム?
一括りにされて流されそうな流れになってきました・・・。
えー。
割と期待してたんですけど。
個別カラーの心理的解釈と誘導について。

でも確かに、いつもの流れなら、内部犯なのは確実でその決め手がない以上
見張りも兼ねて、みんな一緒にいましょうとか、誰かが言いだしそうではある。
しかし、人に対する恐怖心や不安を必要以上に煽っていたから
逆にそれぞれを部屋に引きこもらせた、という理屈?

なるほど~。
分からなくはない。


そして、事件当時のバイタルを見て、はじめちゃんが何かに気が付いた模様。
えー?何?
印刷が悪くて良く分かんないよ。

素人であるはじめちゃんが気付ける違いなんだから
波形とかじゃないですよね・・・・。じゃ、数値?
そう言われて見て見れば
確かに、綾世の時と華形の時で、数値の変動が人より大きい人が一人いる・・・・。

でもこんな5~10の差なんか誤差でしょ。
とか思っていたら、その数値が被害者のバイタルと同じという・・・人がいる~w

あれ?じゃ、犯人は舞谷?


そんな中、はじめちゃんが指紋から証拠を採取。
どうして指紋が証拠になるんだ?
施設内とはいえ、触れられる機会がない、ってこと?
でもそれは、ちょっと根拠薄い気がするんですけど・・・。
・・・あ。だから、「引き籠っていたのだから」って前口上が付く訳?

ええぇえぇぇ~?
でも根拠うっすーい!←自分で言いだしておきながら

まあ、もうちょっと捻ってはくれるでしょう。


さて、真犯人「蟻地獄」
みんなひきこもりだから、誰もくるわけないと、堂々と次の犯行へ。
その場を押さえるはじめちゃん。

そのパターンやめいっ。オーソドックスだなぁ。

なんか、あっさりすぎてて、何が盛り上がったのかも分からないまま、犯人確保と成ってしまいました・・・。
なんちゅーか、もっと、悩んだり惑わされたり、考えたりするシーンとか入れてよ~~~。
高遠さん出しておいて、この気楽さ・・・。なんじゃそれ?

しかも、これだけ入り組んだ蟻の巣のような舞台を用意しておきながら
それほど迷わせるトリックを入れてくれなかったのも残念。
いちいち鍵を掛ける、などのルール付けも成されておらず
迷路になっている廊下などの不穏な雰囲気描写とかもなく
ロケーションを生かし切れていない印象。
勿体なかった。

しかも、犯人を追いつめる手立ては結局鍵かい!
どうせみんな部屋に閉じ込めちゃうなら、ホテルだの宿舎で充分だったのでは。

いつきさんの存在も、過去にトラウマがある人という抜擢だけなのか~?
新たな設定が出てくる訳じゃないなら、だったら、別の人でも良かったじゃん。
別の誰かが、実は自分も~と告白してくれた方が
余程盛り上がった。
いつきさんの過去は今更解説するまでもない常識なので、その手間を惜しんだだけという気がしてならないw

殺人プロトコル~なんて言ってないで
もっと、深い話にしてほしかった。いつきさんとか、いつきさんとか、いつきさんとか。



いじょ。
とまあ、色々不満は残る事件編で、文句も多いですが
だってさ~、ベビステの白熱した試合が脳裏に焼き付いててさー///////
あまりの密度差に、泣けてきたよ~。
同じ誌面に載ってる作品とは思えないよ・・・っ。

しかも、また、一枚丸々使った上半身。「謎はすべて解けた!」
別に全然カッコ良くないっての。
沢山のコマ割りと、バラエティに富んだ映像描写と、実際にスピード感あるシーンの連続のベビステと
比べるのが間違っているんだよ!
ハイ、すみません・・・。

はてさて。鍵がどう影響してくるのか。誰を閉めだしていたのか。(自分だけを隔離する目的ではないため)
個室に鍵は付いていないんか。
はじめちゃんが部屋を変えちゃった不可抗力は影響しなかったのか。
そこら辺の解説を含め
ネタばらしを楽しみにしようと思います~。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/814-16c48c79
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。