Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2015*02*13(Fri)
2015冬ドラマいくつか雑感
下の記事で言ってますように、一昨日書いた記事が一瞬にして真っ白に燃え尽きたため
私も燃え尽きました・・・。ああぁあぁぁぁ~・・・・。(爆笑)
こんな大量の文字を一瞬にして消されたのはひっさしぶりです。一括消去・・・やってくれるぜFC2。

なのでこの機会に、簡単な一言感想で、他ドラマレビューを。
今クールは余り書いていないので丁度良いやと。
書いていないってことは、以下は文句が多いってことですので(笑)、嫌なひとは笑ってスルー!・・・してクダサイ。


>銭の戦争
これはもう!草薙くんで持っているようなドラマ。(だと思っている・・・)
とにかく中身に全然共感出来ないんですけど・・・!子供っぽすぎるよ!行動も思考も!
なのに状況は、子供では無理という、何とも歯がゆいミスマッチ・・・!

いえいえ、あの、全てのドラマに共感を求めている訳ではないので
理解出来なくても良いのですが
それにしたって、思考が幼稚。
何この宇宙の果ての世界を見せられているような社会性の未成熟感・・・っ
時代もかなり古い感じがして、通念概念などにも疑問符が付き纏う。
なんでそこでそうなる?って部分が多くて、熱から冷めちゃうんですよね~・・・。
勿体ない。

これ、主人公がとにかく短絡的思考で、精神年齢も低い、自己中心型なので
思うに、もう少し若い設定の男性(理想としては18、9くらいの)にすれば良かったんじゃ・・・。
そうしたら、主人公の考えにも、至らなさにも、苦悩にも理解出来たし、違和感も少なかった。

でも、ここで大事なのが
このドラマの重みや最大の迫力を出しているのが、主役の草薙さんの風貌という・・・。あーあー。
サイアクだー。
彼の存在で持っているようなドラマじゃん!

草薙くんて、どうしてこうも滑舌も悪いし、台詞も棒読みなのに
こんなにも魅せる演技になるんだろう。
とにかく画面に映った時の存在感、ハンパない。圧巻。

チープな設定で、およそ大人とは思えない安上がりな世界を描いているのに
それが一気に重みが増し、シビアでギスギスした大人の裏社会の闇を思わせ
ダークな世界観を描いている・・・・気にさせられる!
すっげー!マジすっげー!

主人公的には幼稚で少年のようなキャラですが、だからと言ってこれを
年相応の10代の若手にやらせたら、それこそ見られたもんじゃなかっただろう。
彼の出す経験値とか年齢の厚みとか、そういう重さが重厚感。


勢いもあって、スピード感も良く、見やすいのもGOOD。気に入っています。
ダラダラ描かず、展開が早いのもいい。

大島優子さんのヒロインも、一人垢抜けた違和感が、唯一の純真と言う感じで
良いキャスト。
そう、これは脇もなかなか良いです。
木村文乃さんの笑わない美しさったら・・・!(でもこんな単純思考女いねーよ)
しかも、用意した報告書の子供ぽさに吹いたわ・・・っ←前回?


・・・・だから、ホント、ここで訴えている思考や世界が理解出来ん。
お金云々ではなく、彼らの生きている社会通念や常識とかが。
根本的な設定は面白いのに。・・・とか思ったら、これ、原作が某国なんですね。
ありゃりゃ。違和感は、チープさではなくお国柄の差だったかw



>ゴーストライター
これは中谷美紀さんの演技が素敵ー!壮年の大人の女の瑞々しさー!きゃーっ。
毎回彼女の演技に釘付けです・・・!
綺麗で美人なまま、張りついたような笑顔で人を騙すその腹黒さを、油っぽさを排除して
見事表現していると思いました。抑えた演技も巧すぎです。
無知で世間知らずな田舎娘だった川原役・水川あさみさんとの対比としても良いバランスです~。

そして、ゴーストという影武者設定で何を描くのかと思ったら
出てきたのは熾烈な女の醜い争い――!
うっぎゃー!結構好みー!

・・・なのに、何この説得力の弱さ・・・。ガックシ。
え、そこ、いっちばん大事なとこじゃないの???

例えば前回とか
全てを捨てさせて、逃げ道すら奪ってゴーストを選ばせたのに
今度は勝手に捨てられる。
それに対し、今度は川原の方から、続けようと縋りつく。

ここ、めっちゃ、すっげーシーンでしたぁぁぁ!!!
ピリピリとした崩壊序曲の足音が聞こえてきて、圧巻!言葉もなく魅入ってしまいました!

「なにそれ?」「今更何なの?」「私は全てを捨てたのに?」
そういうユキの心の叫びが悲痛なほど聞こえてきそうなシーンで。
間違いなく、ドラマのターニングポイントでしたよね~。

なのに、そこへ至る説得力が弱く、パンチ弱っっ。
え?何?ってカンジ・・・。
もうちょっと丁寧に描いて欲しいっていうか・・・。もうちょっと入れる要素あったでしょっていうか・・・。
え、本番(喧嘩シーン)さえ、やってれば、それでいいってことなの?それこそ、ナニソレ~。

視聴者を丁寧に誘導する根拠が弱すぎて、何でそれでそうなるの?って思う・・・。
その程度で人はこう行かない、とかさ・・・。

なんていうか、見せ場となるポイント、ポイントだけを繋いでいるようなブツ切り感?
多分、視聴者には双方へ同情票を齎すことで、争いを身勝手な我儘ではなく
生きる力みたいな高尚さへ持っていきたいんでしょうが
なんか、そこは別に可笑しくないんじゃないの???、え、それは普通でしょ???って部分が多く
乗り切れない。

母親とのエピソードも今のところ浮いたままだし、内容も平凡だし
迫りくる逃げ場のない悪夢・・・みたいな絶望感、薄っす!

とか思ってたら、いきなり次回、裁判沙汰になってて目玉飛び出た・・・。
そう来たか。
二人だけの狭い世界でドロドロとメンタルを煮詰まらせるのかと思っていたので
新風入って、いいかんじ。
これで、ユキが危惧していた「世間を騙すんですよ」がかなりリアリティを持って真実味を帯びた。
でもどうせ、そのネタも弱いんでしょ・・・・(;一_一)

末路は見届けたいと思わせられる女二人デス。



>○○妻
これは・・・・・・・柴咲コウさんの雰囲気?で持ってるドラマですよね~・・・。
でも弱い。そして他は平凡。
特に東山さんの怒っている(怒鳴っている)シーンが単調すぎて・・・(泣)

前回の告白シーンは、内容はともかく
彼女の感情を高めながら紡がれる台詞と、煽る様な演出がハマってました!
彼女の声が、少しトーンが鋭くて、柔らかさが少ないので、余計って感じです。
その意味で、このキャスティングは超納得!
ソーゼツ!って感じでした~!わ~!

出てきた謎も、ただ単に、既婚者・離婚歴・出産経験アリというだけでなく
更に人殺しって、惚れたハレタの果ての色恋ではなく
幼児遺棄という、言葉を失うものまで付加させてきた、詰め込み感は、考えたな!という印象でした。
ここまで引っ張ったら、最近の視聴者は、並大抵の内容じゃビビりませんもんね。

だったらバラエティセットかーっ!
詰め込むだけ入れてきたというバーゲンセール。

でもそれを、受け止めると言い切った癖に、一言もなく去っていく夫・・。
うわーサイテー。
この、こっちの胸に残った消化不良感、どうしてくれるんだ・・・・(@_@;) びっくり。色んな意味で。


・・・・・・家族の謎とか、だから何って感じだし、総合的には言ってることもやっていることも
勝手にやってれば的な世界・・・。
この異和感に溶け込んでしまえば、この異常さを楽しめるんだろーか・・・・。疑問。



>ウロボロス
なんかもー、色々味付けを間違えてしまった感じの勿体なさ。
悲劇を煽ろうと、過去ネタで繋ぐつもりなら、刑事って設定やめれば良かったんじゃ・・・
という、元も子もないこと思い始めました・・・・(爆)

折角の二人の覚悟も精神的圧迫も、台無し。
演出で殺されちゃってますよね~・・・。(>_<)

ギスギスした設定にはギスギスした徹底世界が似合うんですよ。
じゃないと浮いちゃってるっての。
仇打ちとか復讐とかが受け容れられないのではとかいう、それ以前のモンダイ。

でも昨日の裏(副音声)オモロかった・・・・・v なませふぉ~~~~~ん♪←歌ってた


>DOCTORS3
どうしたことだ・・・DOCTORSがちっとも面白くなってこないぞ・・・(@_@;)
このドラマは、中盤までの長いイントロを越え、ラストの相良先生の策略が実を結ぶ瞬間が
たまんない恍惚に陥るんですけど(え、違うんですか)
それがいつまで経っても来ない・・・。
どういうことだ・・・。

もう、卓ちゃんの一挙一動だけを楽しんでるドラマだよ・・・(笑)
前回の、もんじゃ初挑戦してる卓ちゃんとか、笑った笑った・・・w
あの手付きとか目付きとか!
そして着メロ・・・www 鳴いてる鳴いてるw
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅣ-winter ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/809-d9d63d1a
trackback