Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2015*02*06(Fri)
金田一少年の事件簿R 蟻地獄壕殺人事件第5話 感想(週刊マガジン10号)
すっごく面白かった!閉じ込められて八方塞な感じが焦燥感を煽って
絶対不可能空間っていう怖さが伝わってくる回でした~。
ますますというか、いよいよ迷宮ですねぇv

今回の第2の事件で犯行ルールは確信できましたね。
やっぱり犯人はバイタルを利用して犯行を行っていますよね。
だって
バイタルに変化が表れた→みんなに連絡→捜索・発見って流れですから。2件とも。
つまり、バイタルさえ誘導出来れば、殺害時刻も殺害場所すら、誤認出来る訳なんですね。
ということは、つまり
バイタルの変化と犯行は無関係ってことが、確実に。


そして、鍵を掛けてわざわざ自分以外の者のアリバイ確保とも取れるような工作をしているのは
恐らくここが、密室空間だから。・・・でしょうね、こうなってくると。
ターゲットも犯人も、この中から簡単に絞り込まれてしまうのは、誰もが想定出来ることなので
だから逆を付いて、鍵を掛けた不可能犯罪を演出。
そうすることで、やっぱり犯人は外部へとは目は向けられないけど
鍵を掛けることは意味がない、(無駄である)と主張している訳ですよね。


個人的に気になっているのは
何で遺体を部屋に放置しないんだろう・・・・。
別に何処かへ呼び出して犯行に及ぶという形跡もないですし
普通に部屋で見つかっても問題ない気がするんですけど。
西に集中しているのも、気になる・・・。

あと、今話で???って思ったのは蜂倉と祝木が話しているシーンを
インターホン越し?に聞いて、はじめちゃんと馬江田教授は何に気付いたんでしょうか・・・。

無線機って室内連絡用はあるんだ・・。

こんくらい。



さて。
物語は、これにより、はじめちゃんと祝木の部屋交換へと発展。
これは・・・・犯人に想定内とは考え難いですが・・・。
祝木が犯人なら別ですがむしろ祝木は殺される側の方だろう。(爆)

そう言えば、人数的にもあと一人は被害者が出ると思っていましたが
もしやこれで終わり?
えー。
祝木を殺す筈が、殺せなくなっちゃったから、犯人の目的は達成されていない・・・!とか
そんな理由で、推理編に入るパターンですかね?
「俺のカンではまだ何か起こる――」だからその前に止めたいんだ。・・・とか?

まあ、今回の事件の場合
誰かの復讐の肩代わりの様子なので(当時の関係者はいない)
当時を知っている者の告白編に、祝木の出番なのかな。

祝木と蜂倉の喧嘩があって、仲悪い~って思わせておいて
実はこの二人が裏で繋がっていた・・・的な捻りがあると楽しいんだけどなぁ・・・。
あれは演技だった、とかさ~。(まあ、ない)


どうやって鍵を掛けたのか?はまた別の機会にして
誰が犯人なのか?って視点で考えると
もうほぼ空気な巳月とか、どうしてくれようw

これまでのセオリーを考えれば、まずそれはなく
もしかしたら、女性が犯人かもですね。
力では敵わないから、こういう特別なシチュエーションを用意したのだ、とか。

以上。
一気に物語が迷宮化してきて、とても楽しめた一話でした~!


ただ・・・!あの・・・!
文句ひとつ良いですか。いつもの文句ですけど!

また意味のないデカく一枚を使ったコマ・・・。「じっちゃんの名にかけて!」
恥ずかしくないんかな。こんな無駄遣いして。

他の漫画と一緒に一つの雑誌に載るので
ほぼ1ページを三段で描いている金田一は、それでなくとも絵が大きい。
その差が歴然なんですよね。

下手にごちゃごちゃ描かれるより、ずっと読みやすいですけど、凄く簡易で、必然的に中身も薄くなる。
もう直前の“打ってるだけの筈の”ベビステとの差に泣きそうですよ・・・!(;一_一)

ベビステ!
前回のタクマさんのサーブのカットは、すげえ迫力あった!!感動した!!
あんなサーブの描き方、初めて見たよ!
見開きとか、まるごと1ページって、本来こういう効果を狙って使い分けるもんなんじゃないの???
ガツン、ガツン、と作者が描きたいことが理解出来る。
台詞もないのに、エーちゃんの無駄な足掻きというシーンをより伝えていた。
タクマさん、かっけ~!

ちなみに、今誌に限って言えば
金田一の後ろに掲載されている漫画も、似たような等身大の人物像が1ページ使って載っているのですが
その場合でも、背景に2コマあって、人物をピックアップしたという意図がちゃんと分かる。



それに比べて、何さ。この無駄な1ページ。(泣)
しかも背景まっしろ。
漫画手法が古いってことを、ご本人だけが気付いていない感じ?
無駄にコマもデカく、そこに、上半身や全身像ならまだしも、顔だけ&一人だけを描かれるので
更に全体的にデカい漫画に見える。
まるでブラウザで拡大表示したみたいな。(嘲笑)←120%くらい

じゃあ、その詰めた間に何を描けば良いのか。
それこそ、そこに、はじめちゃんと美雪ちゃんの会話を入れるとか
いつきさんと何かしている何気ないシーンを入れるとか
人間味を齎すカットを入れていってくれれば
漫画全体が、こんな機械的に話が進むだけじゃない温もりが出てくると思うんですけどー。(超願望)
その分、ストーリーの流れは途絶えるかもしれませんが
その方が絶対魅力ある話になれる!筈!
みんな、そういうこと思わないのかなぁ・・・。(ーー;)


ただ、全体的に丁寧に描かれていて、デッサンも狂っていないので、今の所、総合的には満足ですv
謎も面白いですしネ。
単行本になったらきっと気にならないから、ま、いいか。
丁寧に描いてくれた方が、まだ嬉しい。(・・・と、自分を納得させてみる)
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/805-39994285
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。