Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2014*10*24(Fri)
ドクターX3rd 第3話 感想
正に大奥のような様式美(笑)揃い具合が揃い過ぎてて凄すぎるwww女の集団w
とこっとん病院をバカにしてるなw
「バッカみたい」と未知子が零す快感、観ているこっちまで伝わります。

役者さんたちがマジにやればやるほどアホらしくなるギャップの脚本が面白過ぎ
相変わらず痛快です~。
今回もメインというよりはディティールが隅々まで凝ってて笑いました!
壁ドンとかww 今年の流行語に入りそうwww

一話でスッキリ完結させてくれる上、必ず一人消えていく・・・。辞表怖えぇー。
ほんと、2期より1期に近い出来で、エンターテインメント性が高く、毎回楽しく見ています。



今回のお話は、大物女優・岩下志麻さん演じる、「日本看護師連合会」の会長・三原雅恵。
現代版・春日局。
春日局てwwww
もう、そうとしか見えないから笑える。

孫娘・三原奈々子が子宮頸がんを患い、ステージ4まで悪化。
そのため、国内最高峰の当病院へやってきた。
孫はまだ25歳だから、内臓温存で女としての幸せを残してやってほしい、というのが希望。

執刀医として、愛妻家として名高い、足柄医師を指名。
希望通りの術式を行うと約束。


そういう設定まではシリアスで硬派なんですけど、裏で蠢く余計な輩が面白い面白い。
まず冒頭、岩下志麻さんを抜擢しているように、今回は女の園がピックアップ。
男性ドクターたちは、誰推しだの、裏話垂れ流しwww
あー、男ってーwww

それを海老名先生がスイッチを入れちゃっているため、駄々漏れとかwww

男もランキングされていて、微妙~~~なランクの加地先生と阿智先生とかwww
そして、期待通りにビリ争いしている、海老名教授と談合坂教授www
海老名先生のなっさけない顔、毎回笑う。←出てくるだけでもう笑える
談合坂とマジ良い勝負ですね~。
キャラ的にも甲乙つけがたい迫力と冴えない存在感とwww ナイスキャスティング。


また、加地先生も、根回しするんだw 出戻りのくせにwww
今回も、地味だけど良い味出してましたw
未知子が暴言吐きそうになる度「だ~い~も~ん~」って腕引っ張ってその場を収めるとか
この二人の、慣れ合わない距離感、すっげー好みすぎるっっ。


看護師はその立場から、裏情報を握っている存在ということで
ドクターはみな媚び得るのに必死って構図は、シリーズ史上初めて出た構図でしたけど
なかなか、バカっぽくて面白い。
今までの未知子VS医局というだけでないクロスワールドが新鮮でした。


そこに立ちはだかる、看護師長・白木淳子。

もう、ウマ過ぎですね。
ピンと背骨を張ったままの90度に折れるお辞儀とか。おっかしくて!
御意に通じる、演技的装飾だと思う。お見事!

白木VS未知子のシーンでも 「壁ドン?」とか「きゃあぁぁぁ!!」特大の悲鳴とか
おっかしかったなー。

今回はもうこの岩下志麻&高畑淳子の圧巻なツートップに平伏したって感じでした。


で。
物語は、患部だけを取り去り、術後、放射線治療を行う筈が
術前検査で、浸潤が更に広がっていることが発覚。
結局、未知子の言う通り、内臓全摘出を行うしかなくなる。

更に、実際開いてみると、癒着が激しく、名医・足柄医師・ガクブル。
つっかえね~~~。

そうなると、ハイ、出てきました!
「どいて!」

「もっと術野広げて!執刀医!」
第二助手に命令される執刀医wwww

この辺のスーパーぶりは素直に楽しいし、胸スカー!


通常、その術式では排尿・排便機能も失われるため、人工肛門と人工膀胱の造設は避けられない。
もう女としての幸せは望めないのか・・・。「無念・・・」と項垂れる三原。

とーこーろーがー!
そこから、人工危惧を装着せず、内臓を再建することで機能を維持させると宣言。
ですよね~!
ここで、ミラクル起こしてくれるのが未知子。

ちゃんと卵巣細胞も冷凍保存し、「ひ孫も抱けるわよ!」

期待したそれ以上を見せつける。
看護師界のドンから一本取るというなんとも言えない気持ちよさ。


活躍出来なかった足柄医師は、それだけでも辞表へ直結する大罪なのに
恥ずかしいラブメールまで公開されちゃう羞恥プレイ(笑)
談合坂(西側)の仕業だったとwww

東としては引き分けに持ち込まれたって感じですかね?
でも清々しい爽快感を残すラストでした。


大奥すら、関係無いねってスタンスは
権力なんて気にしないという現代社会にも通じ、やはりある種のヒーロー像を見せられている。
金だの地位だの名誉だのに執着している側と対極にある構図が
より、滑稽さを強調するというか、社会の仕組みを皮肉っているといいますか。



・・・・ならば、中身のある骨太の作品かというと、実はそうでもなくて
例えば今回の エロ医師(違)が、最後に何も出来ずに辞表に追い込まれるのは面白かったんですけど
正確な手術情報を、予め知ってて直前まで伝えないのはフェアじゃなかった。
ここは何かしらのフォローが必要でしょう。

これじゃー未知子も唯の我儘医師。

土壇場になって、その方法へ何らかの理由からシフトした・・・とかにしないと
今回の流れだと、知っててワザと黙ってただけみたいに捉えられる。
混乱をワザと招いたような。

例えば、直前の検査結果で浸潤がかなり進んでいることが分かった時点で
そういう方法もあるって、明かすべき。
内臓全摘に対する打開案を、術前に未知子の口から一言も言わなかったのが今回はすっごく不自然ですよ。

昔だったら、そういう流れにしていたと思うんですよねー。
「そんなの無理だ」
「えー?私なら出来ますけど~?」
みたいなお決まりのやり取りを、直前にゼッタイ入れてた。

・・・・・・或いは、開いてから想定外の事情が出て、そこでその手法を思いついたのなら
そういうカットを一瞬でも入れてくれないと。
看護師に動揺を招いたと言われても仕方がない。


未知子は、横暴で常識を嫌う、破天荒な人間ではあるけど
それはこの世界から見た評価であって
本当は一番、人間味と温かみのある、常識的なキャラである、という部分があってこそ
このドラマの味が引き立つ訳ですから
あんまり、こういう流れは止めて欲しいです。

命の重さとか、一番分かっている、ってキャラにしておかないと
お金で右往左往している群れから一線を画している一匹狼というスタンスがブレる~~~。
い~~~や~~~だ~~~~。


次回!
原先生まで戻ってくるの~~~!!??きゃあぁーっ!
北海道で、馬でバカにされて以来っすね!
1期のメンツがキャラ的にも立っていましたし、一番面白かったので、再登場は大賛成!
次回も楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-autumn ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/751-d423dc1d
trackback