Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*09*28(Sun)
ポケモンXY 43話 「シャラジム戦!ピカチュウVSメガルカリオ!!」感想
b-xy143.jpg
久々のジム戦!熱い熱い!前半の意味不明なダンス戦法引っ張った割には全否定
やってくれるぜpkmnスタッフ。

もうね。ピカチュウの電気フルマックスに燃えまくりました!
これがザ・サトシ&ピカチュウだぜって感じ!


が。前半はちょっと萎えました・・・・。
冒頭あれっだけ緊張感出して盛り上げておいて、何なのこのダンス戦法。
マヌケすぎ。めっちゃ萎える。むしろ要らない。
ジム戦なのになんだよー。こういうところはマジ回としてちゃんとやって欲し・・・・・
とか思ってたら!

「サトシは踊らないの?」
「ピカチュウがリズムを合わせてる!」
自分は踊らないwwww(●≧∀≦)ノ

萎えてんだけど・・・・・ちょっとウケたw

文句付けつつ、隣で密かに踊り続けるピカさまが可愛くって可愛くって♪
自分が出来ないことはピカにやらせる。(というか、ピカがカバーする)
うん、いつものサトシ&ピカチュウですね☆

で、その後、ダンス戦法まるっきり役立たず。

やっぱりサトシのバトルスタイルっていうのは
ガンガン飛ばして、波に乗って、ノリノリっていう
ギリギリの瞬時な状況判断とその場の勢いが光るのが味でしょ。
脳味噌フル回転させて、閃くのが楽しみなのに。

とか思ってたら
サトシ自ら、ダンス放棄。
やってくれるぜ。そうだそうだ。踊ってる場合じゃないっ。←や、誰かが言ってたからwww


んで、そこからの、メガシンカしたルカリオの演出のカッコ良さは勿論
VSピカチュウのバトルの迫力ったらっっ///////
もう盛り上がってました!

ピカチュウの電気フル出力バージョンはあんまり見られないので、それだけでもレア。
んで、そういうフルパワーでガンガン攻めるバトル、大好物。

すっげー燃えた!
燃えたー!・・・・のに、何故水を差すんだろう?
途中で、何故か挿入されたロケット団がめっちゃ邪魔だった・・・・。

笑っちゃったけど、もっと違う場所で挿入してほしいシーンでした。

「ジャリボーイ無しで!」
「お前らに何ができる!?」
と、なんだか結構長年の付き合いのサトシをリスペクトした発言をしているのに
サトシに気付いてすらもらえないR団てwww
こーゆーの、無印の頃、ネタとして良く在りましたよね。ちょっとウケたwww
報われないなwwww


で、問題のメガルカリオVSピカチュウの最終戦。
すっげー電気バリバリなピカチュウもいいし、バトルとしての演出もカメラワークまで問題ない。
作画も気合い入っているのか、サトシの髪とか超絶可愛いし
サトシとコルニの煽り合う会話もゾクゾクしたし
根拠なく勝気なサトシはやっぱ十八番でしょw
そんでもって、挙句に
「俺たちが今までやってきたことを全部ぶつけようぜ!ピカチュウ、君に決めた!」
「とうとう来たね!ピカチュウ!」
とまで言ってくれちゃーもう、完璧に近いっての~~~!o(≧y≦*)o

・・・・なのに、どこかもたついた印象で
もっとスピーディに話を持ってこれなかったのかなー?
そこだけが惜しかったです。


バトル進行も、面白かった。
「どんな相手にも、どんな動きにも隙が出来る!
 ピカチュウ!メガルカリオの動きから目を離すんじゃないぞ!」

もうね・・・!指示がさ~//////
ここまでのルチャブルたちとは全然違うじゃん?
コイツならココまで出来るって分かり合っているっていうか、一緒に戦う感が露骨w
そこが燃えるってのー。


牽制し合って動けない均衡を先に破ったのはピカチュウ。
ピッと尻尾が立って、風向きの変化を感じ取って、それにまた鋭敏に反応するサトシ。
「今だピカチュウ、電光石火!」

あーもーだから、どうしてお互いの細部まで分かり合っちゃってるのwww
静から動へ。
一気に動き出す躍動感も申し分なかったわー。燃えたー。

「サトシが仕掛けた!」
「引きつけて!」
「そのままエレキボールだ!」

メガルカリオがボーンラッシュで打ち返す。それはピカチュウをかすめて天井に直撃。
空中に滞空したままのピカチュウがアイアンテール
メガルカリオはボーンラッシュでブロック

「蹴り上げて!」
「ピカチュウ!そのまま10万ボルト!」

これだよこれ~~~~~っっ/////
こういう無理な体制からでも、破壊力のある攻撃が出来ちゃうのが
ミニマムなピカさまの特権、特権。
こういうの、見せてくれて嬉しい~!

もちろん、ちゃんと命中させるピカのスキル。
「あの状態からワザを!?」

~~っっ!!!

でも、はどうだんは今度は命中。爆発。

「ピカチュウ、立てるか・・・?」
「ぴかぴか、ぴぃぃかぁぁ」
全身から弾け飛んだ、雷柱!!

ピカチュウ、電気フルマックス~~~!
きゃああぁあぁぁぁ!!!!!(*///∇///*)

これぞ、ロケット団がピカを狙う理由だよな~と勝手に再認識。
こう言う所、たまに見せてくれるとホント嬉しい!

「金属音!」
「金属音を討ち消せ10万ボルト!」
「力技だね!はどうだん!」
「アイアンテールだ! はどうだんを叩きつけろ!」

んんんん~~~~もぉぉぉ!!!
畳みかけるような指示の応酬も燃える!!

「えぇっ!?」
「飛んだぁ!」
「あれは……!」
「ショウヨウジムで見せた、“りゅうせいぐん封じ”!」
「こんなことが出来るなんて……!」

煽り台詞まで完璧だー!
燃えたぁぁぁ!!!

「飛べルカリオ! ボーンラッシュ!」
「アイアンテール!」

落下速度で加速させた最大パワーのアイアンテールと受け止めるボーンラッシュ。
金属と金属が擦り合うような摩擦熱。火花。迫力満点!!すっげー!!!
そして巻き起こる膨大な砂嵐!!

「やるねサトシ! ピカチュウ! こっちのワザを踏み台にして高く飛ぶなんて!」
「今ので決まったと思ったんだけどな。さすがコルニだぜ!」

なにその強気発言~~~~///////
ピカチュウのアイアンテールならダメージを与えられるのは当然的な信頼感(爆)
もうお腹いっぱいになってきた・・・・//////

「でもそろそろ終わりにするよ!グロウパンチ!」
「いくぞピカチュウ、アイアンテール!」
そこにかかるOP!
なのその演出!もっと早くかけて下さい。どうせなら。

威力は互角。

「エレキボール!」
「はどうだん!」
「決めるぞ!10万ボルト!!」

やっぱ最後はこのワザだよな!
はどうだんを放った隙を狙って、畳みかけた渾身の10万ボルト。
何この回転するようなカメラワーク!

大爆発。
さすが、ピカさまの10万ボルトは規格外。

うっひょー!勝ったー!

バトル終了まで、気張っていたピカチュウ。
サトシ駆け寄ってきた途端に、へにゃ~ってなるとか、もう可愛すぎる。甘えちゃってwww


あーもーお腹いっぱいの後半戦でした。
迫力在り過ぎて、前半の記憶が飛んだ。
もうマジ回としてバトルだけに終始してくれれば良いのに。
前半のダンスとか、も、なんだったんだ。
関連記事
スポンサーサイト
[ pkmn ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/735-744d39e7
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。