Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2015*01*10(Sat)
グッドモーニング・キス 12巻 感想
上原くんの進路が気になる12巻!です!
表紙は杢グリーンのタータンチェックで、淡い雰囲気。
可愛いけど、私は折り返しの水玉にくぅぅってなりました!前巻の水玉も可愛かったな~。
そして、中表紙の座っている菜緒が可愛いです。ぶっちゃけ表紙より可愛い。
こっち、表にしてくれたら(自主規制)


さて。今巻は。
上原くんが人生の岐路に立っていて、カノジョである菜緒もそれに振り回されていく・・・って巻でしたが・・・。
ぶっちゃけ、菜緒に全く共感出来なかったのって、私だけですかね。
何、こんな結婚しか頭のない浅はかな女、好きですか?
少女漫画の王道な気はしますが、今の時代もこういう女の子が理想なの・・・?

今まで菜緒ののほほんとした穏やかさに、考えすぎる自分自身もまた癒されている部分は確かにあって
そういうところが好きでもあったのですが
今回はほとほとイライラさせられました・・・。

前回のレビューで、「人生の岐路を相談できないカノジョってどーよ?!」って言いましたが
それ以前の問題な気がしてきた。
何て言うか、女性が結婚に焦るには、ちゃんとそれなりの理由がある訳で
ただ菜緒のように漠然と、彼氏がいるなら結婚して当然とか考えている女に
妙にイラつかされる。
確かに上原くんも結婚を仄めかすことを口にはしましたが
今はそういうことじゃなくて、自分の人生を軌道に乗せる大事な時期でしょう?

上原くんが院に残るということはそれだけまた学費がかさむことであるのは当然のことで
菜緒がそれに首を突っ込む権利はまだないし
就職止めることにしたって、それを菜緒が「聞いてない」とか言う権利もないだろうし
仮にそうだとして、菜緒にそれを止める権利もないでしょうに。

何、踏みこんじゃってんのか。
上原くんの地道な選択については何も分かって上げられなかったくせに
自分の結婚願望に水を差されると、こうもウザくまとわりつくんかい・・・。

しかも、それを自己責任とは考えない、この能天気ぶり・・・w
米粒ほどの自己否定もないよ・・・(爆笑)
自分が頼りになる訳ないって落ち込むシーンはちょっとあったけど
それだけかいっ。
カノジョとして相応しくないのかとか、愛されてないとかは、疑わないんだ・・・w
いや、うん、そこが菜緒なんですけど・・w


およそ、漫画技巧において
大きな駒で描くシーンは強調したり、読者に訴えたい部分な訳ですが
それが
「上原くんと一緒に行くには一番星を辞めないといけないんだ」とか
「上原くんっ、あたしたちの未来どうなるの!?」とか。
もう呆れるを越えて萎える・・・。

そこ、重要じゃないですよからーっ!!って何度叫びそうになったことか・・・。

もっとちゃんと自分の足で立ってほしいなぁ。
結婚に対しても、読者年齢的に、憧れみたいな部分が強く
それに応える形でこういう展開なのかな~なんてオトナの事情までちょっと勘繰ってしまいましたが(笑)
それにしたって、漠然と結婚結婚言っているだけだと
説得力がないんですよね。
みっともないし、魅力がない。
まだ、役所編の方が切迫感があったなぁ。

コール時代は、そういう平凡女の菜緒の良さがつぶさに描写されてましたが
これではタダのウザイ女。

結婚も、憧れだけでなく、ちゃんと計画めいたシーンも入れて欲しいです。
そういう雑誌を購入するシーンとか
或いは結婚の現実を知って悩むシーンとか。
特に、女性が結婚を焦るのは多くの場合、出産年齢が関係している訳で
30歳を超えると妊娠率が半減する、卵子が衰える等、シビアでリアルな事情がある訳ですよ。
生々しい?
でも、そういう生々しさが菜緒にだけないってのがなんか浮いている気がする。
菜緒以外はみんな、リアル感あるのに。
子供が欲しいならキチンと準備して
子供はともかく、妻として一人前になることを求めるなら、夫を支えられるだけの稼ぎを身に付けて。

そういうこともなしに、小中学生の抱いているような、お嫁さん願望のような妄想は
そろそろ卒業してくれないと。
内容と合ってないし、みっともなくないですか?
女性をバカにしているようにも見えちゃうし、女がバカに見える・・・(T_T)

彼氏に対してだけじゃない、まりなに対しても一々失礼で。
見ててなんだか悲しくなってきてしまいました・・・。


なんか、作者さんも菜緒に関しては幼稚なままにという意識が見え
コールからキスに入り、エッチシーンこそないけど、大人な関係になったことも
色々な意味でより踏み込んだ二人が見れると期待しているのに
何あの、子供みたいなキスシーン。
ぶっちゃけ、コールのエレベーターの初キスの方が萌えるんですけどっっ。

もっと、エロいシーンも入れてオトナな関係であることを匂わせても欲しいです。
これじゃコールと変わんない。
二人が綺麗過ぎるんですよね~。
仮にカラダの関係も着々と進んでいたら(笑)
ヤることやってんのに、ほったらかしな上原くん、という側面も具体的に付与される訳で
また、印象が少し変わってくるのに。

そういう微妙な年齢の男女の日常物が対じゃないんですか、これ?
等身大の描写が欲しい等身大の。

なんだかなぁ・・・・。
勿論、この漫画に刺激は求めてませんけどさ。(しょんぼり)

・・・・・・・。

とか思っていたらっっ!!!!
いたらーっっ!!

ラストの怒涛の展開に仰け反りました・・・。
うげえぇぇぇ!!!なにそれ!!!

手書きで「この巻からフランス編スタートということで」

ええぇえぇぇぇ!!!
いきなりワールドワイドー!!!Σヾ(;☆□☆)ノ
なにその派手な展開ー!!
スケールの途方もなさに、しばらくフリーズしてました・・・・。ぎゃあぁあぁぁぁぁ・・・・・。

いやいやいや。
ヌルイヌルイと言ってましたが広がりすぎるにも程があるだろ。
これまでの、ぼやけた展開はこのためだったのか?
そうなのか?

目が覚めました・・・・なんか・・・。一気に面白くなってきましたねぇ!
まさか、岡玉教授のクダリがこんな展開を呼ぶとは夢にも思っていなかったよ!
これが菜緒の成長へ繋がっていくんですかね?
だとするなら、この先のフランス編が例え不発に終わったとしても、物語がいきなり引き締まって見えます。
楽しみです。


12巻は割とコマの中が描き込んであって、嬉しかったです。
無意味な文字だけデカコマとかも少なかった気がして。
白い部分が少なくて、割と楽しめました。
でも、ラストの怒涛の展開まで、何の進展もない、11巻と同じことを繰り返しているというね。
恐ろしい展開っぷりですけど。



ところで!一方!
菜緒以外の上原くんやまりな、いっちゃん、駒沢くんやあべっちまで
今いる環境に於いての成長や葛藤、その世代ならではの人物像となっていて
ひじょ~~~に面白い。
登場させているキャラクター像もバラエティだし、特異すぎていないし、だから親近感がありますし
良く練られていて、それぞれの人生が浅くなく描かれていると思います。
そういうところは凄くイイです~!

この漫画は、サブキャラがホント良い味出しているとつくづく思います。
・・・・だから、主人公のあの生ぬるさは一体なんなんだろう(笑)


何より一番は、やっぱりまりな!
彼女の一人で戦っている姿が良いですねぇ。ほんと、可愛い。
年相応の女の心細さや、恋する乙女の寂しさ、弱さなんかが
じわ~っと伝わってきます。
テンション高く、イケメンチェックする可愛さもありつつ
「別れて一人になるのは怖いかな・・・」とか
「ほんとに人が多いな~東京は・・・」
そういってカフェで見せる、この表情!
分かる~~~~~//////o(≧y≦*)o
分かるよ、まりな~。
ホント、まりな、良い女!

ぼんやり雑踏を一人眺めるこのシーン、最高です。ほんっと、沁みました!
この作者、こんな風にたま~にグッと胸の奥をさり気なく抉る風景カットを入れるから好きです~。


上原くんの選択も、若者らしく、好感もてます。
これが温い不発に終わらないといいんですが・・・w

また、その進路に悩む彼が「自分が諦めれば全てが丸く収まる」って
かつてのゆりりんへの恋を諦めた時の様な優しさをちらりと匂わせてくれたのも
説得力があって分かりやすい・・・。
コール時代が伏線になっているのも、なんかファンとして嬉しいカンジ。


あと、いっちゃん!
個人的にいっちゃんの株が私の中で急上昇なのですがw
「組織なんて誰か欠けてもなんとかなるんだよ」とか
言うこと大人だよな~。
他の、未だ社会を知らない天狗な若者と一線を画しているのがちゃんと分かります。
そういう差別化がまた、彼をより大人に見せていて・・・。くぅぅ、かっけーv
相手に余計なわだかまりを残さない態度も好感度大。
ホント、良いオトコ!v


あと、駒技くんとあべっちとのシーンも、ちょっと印象に残りました。
「大学受験のときって、受験科目とか偏差値で受けるとこ決めちゃってたなぁ」とか。
そういう台詞が出てくる所が、そういう感性を持っているということですよね。
私も全く同じことを思うので、うっ・・・ってなりました。

同時に当時の甘酸っぱい感覚まで蘇ってきて、なんか人生って切ないなぁ。
こんな風に、ほろっと、誰もが感じるであろう、でも時の流れに忘れ去られていくであろう、小さな波紋を
掬いあげるように呼び醒ますようなシーンも時々あって
この漫画の好きな所です。


駒沢くん・・・。
「まちがいだったわー。俺の子じゃなかったわ」
~~っっ!!!!
なんちゅー爆弾発言www

楽し過ぎるよ駒沢くん。
あべっちのつかさちゃんネタも、懐かしく、ザ・男の飲み会って感じでした☆
あべっちも何気に良い事言ってんですよね。
むしろあべっちの、キモイと作中で評判のフェミニストぶりは
いっそ、菜緒の結婚妄想よりも、責任感があるように見える・・・(-"-)


・・・・・・こんな風に、主人公菜緒以外はみーんなヘビィでリアルなキャラ設定なされているのに
だから何で菜緒だけあんな幼くつまらない女なんだろう・・・。
ウブやピュアと鈍感は別物だと思う・・・。


えっと!
グッド記事にパチをしこたま頂きまして!Σヾ(;☆0☆)ノ
めちゃめちゃ嬉しいです!ありがとうございました!!

この漫画のファンの方って、まだちゃんといるんですね~。嬉しいです!なんか!(*^□^*)♪
懲りずに私もファンでいますので、また次巻でお会いできたら幸いです。(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト
[ good morning kiss ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/720-7e195e4d
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。