Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*07*03(Thu)
金田一少年の事件簿R 亡霊校舎の殺人第12話感想(週マガ31号)
本当にただの教頭先生かよー!赤の他人かー!
随分歳の離れた他人のために殺人を犯すってちょっと無理があるんじゃ、とは思ったんですけど
読み進めていったらそうでもなかったです。
その無理をカバーするだけの、もう一つの無理設定、引きとるって話が出てきて
成程と思いました。

母親に捨てられるんだと思った、というもえぎを残し逆に先立った母親。
そんなどん底でも見捨てなかった教頭。
そしてそれを汲み取ったはじめちゃんが伝えた「天国に行っても見捨ててなんかいないと思う」
その3点が軸となって
結構、良いラストでした。

これで絵がちゃんとマトモだったら、もっと感情移入出来たと思うけどねー!(もう禁句)

ただ、地震で倒壊した建物で挟まれて死んだって・・・・災害じゃないか。
仮にそれを見過ごしたからって、法的にも人間的にも何の罪もないぞ。
それを復讐て・・・・。
ましてや、大規模な地震だったのなら同じ様な状況、或いはもっと過酷な状況で
お亡くなりになっていった方々が多くいた筈で
現地でそれを見ていたら、こういう独善的な怒りは湧かないと思うけどなぁ。
サイテーなのはお前だわ。

ここはかなり強引な展開で残念でした。

ただ、それに対し、明智さんの反論は良かった。
明智さんが言う所の“なんらかの罪”では満足できないから
もえぎちゃんは強行に及んだんでしょうが、とは思ったけど
「彼らを裁いたつもりで、彼らの罪をも永遠に葬り去ってしまったのですよ」
っていうのはちょっと目からウロコ。

確かにまったくその通りで
これが逆の立場で、もえぎちゃんが彼らの共犯者だったとして
自己防衛のために何が出来るのかと考えた時
皮肉にも、彼らを断罪したかった今と同じ手段を取ることになるだろうというこの奇妙な犯罪の裏表。
罪を裁くのも、罪を葬り去るのも
同じ殺人なのかと。

上手く言えませんが
そのあと大コマで「今のあなたを見たら教頭はなんと思われるでしょう?」という台詞よりずっと
良い指摘だと思いました。


「聞いているんだろう?高遠」
そうきたかー!
かっけー!かっこつけ~~w (≧∇≦)ノ彡

ここはちょっとくぅぅ~ってなった!
もっと吠えズラ掻きやがれ的な捨て台詞吐くと思っていたら
妙に冷静なはじめちゃん。
しかも、高遠さん、少々宗旨替え?
自らのルーツを探るまでは、捕まっている場合ではないと、リスクを追う気はないのか
もうマリオネットは殺さないのね。
放置プレイw


ところで教頭が何故映像を撮っていたのか?という問いに
これが通じていれば助けを呼べてた、という判断は正しいと思うし
でもこんな災害時にケータイなんか通じるかっとも思うけど
それより、学校を守るために撮っていた、との意味が分からないんですけど。

動画を撮っていたということは
それって結果的にあの3人を問い詰め、金品を取り戻そうとしたってことじゃないのか?
自分を見殺しにしようとした、という理由ではないにしろ
彼らの罪を見過ごす気はなかったということは同じじゃないのか。

それをわざわざこんなに沢山コマ割いて指摘する必然性が分からないんですけども?

そんなことよりもっと、もえぎのためとか、生徒のためとか
心情に突き刺さるようなネタで締めて欲しかったです~。
つーか、丸々このシーン要らない?(禁句)
だったら、いっそ、はじめちゃんら身内ネタで締めてくれても良かったよ。
喫茶店のふくろうの話とかも放置ですし。

オッサンとの会話とかもあまりなかったことですし
このメンバーで会話してくれた方がよっぽど嬉しかった。


さて。
これにて『亡霊校舎』終了ですね。
総合的に見ても、割と面白い方だったかも。
ちょっとホラー風味の怖さもあって良さそうな内容なのに
どこもかしこもちっとも怖さなんかなかったですけど
メイントリックは建物ごと錯覚させていた、というのは中々にダイナミック。

化学変化も合わせて、手を下さずターゲットを誘導していたというのも
面白かった。

これで絵が・・・・・(;一_一)


ところで高遠さんが居た場所って、もしかして薔薇十字館ですか?
面白いなと思ったのは
この犯罪が、高遠さんにとってはルーツ探しになるのでしょうが
はじめちゃんらにとっては高遠さんに変わる新たな強敵、という流れになっていってくれたら
それはちょっと面白いかも。
ラストの台詞を見ていてそう思いました。
「もしこの校舎を改修したのが高遠でなく、良く似た気質の誰かだとしたら・・・
 この事件は始まりにすぎない――」

そろそろライバルが高遠さんだけではマンネリだし、迫力もなくなってきたので
新たな刺客っていうのは大歓迎です。
いずれは高遠さんがアドバイスくれちゃうとか、三つ巴戦とか
そういう展開も期待できそう。o(≧∪≦*)o
そして、薔薇十字から、その人物を登場させるための壮大な前振りだったら
尊敬する。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/678-dc2008f5
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。