Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*05*16(Fri)
BORDER 第6話「苦悩」感想
どうしよう!ホントにBORDERが面白過ぎる。
今回の、死者と交接するからこそ見える無常や苦悩がめっちゃ最高でした!ちょー私好みー!
しかもノリもテイストも元に戻ってくれて嬉しい!やっぱBORDERと言ったらこっちでしょう!
(クドカン幽霊も気に入ってますが)

被害者だけでなく加害者も、死んで逃げ切ったつもりが
石川くんには言い訳出来てしまうラストシーンが、なんともBORDERらしく
また、石川くんとシンクロする『苦悩』に重たくなりました。
双方の死者を出してくるアイディアも面白かった。
そして今回の一番のめり込まされた点はラストの犯行動機でした。

とにかく、静かに始まったプロローグから一転
後半に向かうほどにサブタイの意味が増してくるわ
物語も濃密さを増してくるわ
いや~、今回は話の捻りに魅せられたという感じでした!

どうしようー!BORDERが面白過ぎるー!←どうもしなくていいです。


まあ、まずその前にとりあえずツッコミ入れときたいのが――

だから何でそういう場所なんだよっ!
陰気臭いマンションだな!他になかったのか。
壁の染みやら、電気の暗さが既にオカシイオカシイ。
なにその照明。
非常ベルの赤が既に怖えぇよ。
何で誰ともすれ違わないんだ。
そして部屋も電気点けてその暗さかw

意味なく怖えぇー。

夜の裏道。普通に帰宅途中の、ながらスマホ・サラリーマン・・・・。
って!
ぎゃあぁぁぁ・・・・いっきなり落ちてきたーっっ!!
後ろー!
二体目が落ちる(連続殺人になる)なんて聞いてないよー!
ドサッって落ちる音まで超リアル・・・50kg程度の重さを感じる音だった・・・。

意味なく怖えぇー。

一人で自宅に帰る若い女性。
って、だから何でそんな暗い廊下なんだ。
何で染みったれた場所に住むんだ。
コンクリやドアの色まで暗すぎだよ。

意味なく怖えぇー。


雰囲気が怖い。全体的に怖い。しばらく夜道一人で歩けない。
(ダイワハウスCMがホンっとほっとする・・・w)

こういう、無意味に徹底したホラー演出は久しぶりでした・・・。Σ( ̄Д ̄lll)
夜だから怖いという訳でもないんですよね。このドラマの場合。
だって屋上のシーンとかは別に恐怖でも何でもないですし。
となると、怖さを演出しているのは、撮る側の狙いと技術ってことになり・・・。

ワザとに決まってるだろう。

今回、何より怖いなと思ったのが
これら恐怖演出を、死者の方ではなく生者の方で使用していることでした。
幽霊さんは普通に廊下に佇んでいただけで、特に奇抜な演出はされませんでしたね。
青白い照明が霊安灯みたいでしたけど。(それもそれで大分オカシイ)
その分、生者の背景がおどろおどろしてくて、じっとりと呑まれてしまいました・・・。
意味深・・・。(;一_一)



さて!実際のお話の方ですが!
今回はいきなりOPからスタート!
やっべ!燃える!
前も言いましたけど、この音楽かっけー! ♫ででっ ででっ ででっ♫

そして比嘉視点から物語は動き出す。
またちょっと作風も変わってて、毎回新鮮な視聴が出来てます。ありがとうスタッフさん。

比嘉さんは控えめなポジションが気に入っていて、悪いキャラではないのですが
彼女の味は、ボソッと一言だけ発するSっぽい所がキャラを惹き立てているのであって
こうもダラダラと喋られると
滑舌悪いし、キャラ壊れるし、尺も取り過ぎだし、ちょっとウザイ感じがしてしまった。

ぶっちゃけさっさと石川寄こせと思った。

ポジティブな言い方をすると
彼女は、ただ黙って見つめるという演技が存在感の出せるタイプで
そこに勿体ぶる様に、あの、ちょっと独特の声色を乗せてくるのが、たまらんのであって。
こうもペラペラ熱弁されると萎えました。


そうして焦らしに焦らされて、ようやく登場・石川くん!
何やらお疲れモードですが
顔色悪いとかも言われていますし、疲労感の蓄積をヤケに訴えて来ている気がするのは
気のせいですか?
まさかコレ、何かの壮大な伏線だったりするんでしょうか?

そうだったら何かちょっとヤだなぁ。(悪い予感しかしないので)

例えば、やっぱ疲れているのではなく、憑かれているから、生気失ってるとか
ラストには、BORDER宜しく、アッチ側の世界へ引きずり込まれるとか
そんな展開ヤですよー!??

または、弾丸により、命のバロメーターが擦り減っている、というものまたヤかも。
そうなるとエンディングは弾丸を取り除けて、霊感失って(画面も明るくなって)ジ・エンド?
或いは、普通に死亡とか。
そんなラストは嫌だ・・・。

弾丸取り除いても、霊は見えちゃったw的なコメディもありだとは思うが。
時々、コメディタッチの演出が入るのはその伏線?


まあ、そこはともかく!
立花さんを起こすシーンに笑いました。石川くん可愛すぎるがな!どうしてくれよう!
黙って、すーっと布団被せちゃうw

「キャラに似合わない安らかな寝像だな」←同感だよw

「仕事だ。10分で出るぞ」
「・・・・・・・・・・ハイ」
立花さんwww いいキャラだな。こんなリアクションしてくれるなら揄いたくなるもの無理はないw

レントゲン写真を、ほら貸せよって、石川くんに手を伸ばしている仕草も可愛かった。
完全にコドモwwww

「ちょっと手伝って欲しいことがあるんだ」
「なんかコソコソやってたみたいだけど?やっぱり俺の力が必要になったか」
「ああ。その通りだよ」←子供扱いw
wwwww
簡単に天狗になれちゃう、お人好し立花w
相変わらず、比嘉に邪険に扱われる立花w

でも、いがみ合うようなネガティブな要素は見えず
じゃれ合っているような、3人の輪が出来始めているのを感じました。
変に馴れ馴れしくないのがイイよな~。
終始べったりでない所も、私的高ポイント。

「次、噛みつきたくなったら、まず俺に相談しろ。間違いなく力になれるから」
そうかもなw


サイモンとガーに、石川くんが過去を告白するシーンも良かったです。
過去形で淡々と語るのは石川くんの専売特許ですが(違)
以前より、柔らかい感じで責める口調でもないのが巧かった。
1話ではやはり、相手を責めるつもりで言っていたんだなと、改めてあのシーンを認識。
それは逆に、今回の怒りは内面へと向かっていることによる表れだったのかもと思うと
それまた切ない。

「でも俺だけは、それを見つけて塞いであげたかった」

最後の電話を受けたのが、自分で
しかも自分側の都合でそのコンタクトを切った、ってのが辛いです・・・。。・゚゚(ノД`)
痛い過去だ・・・。

それをまた、サイモンとガーも、取り繕った言葉を並べるでもなく
「これ食べると元気がでる」
飴渡すとかwww
なんかいい~~~~。

誰にでも失敗や傷はあるねって言っている様で、観ているコッチまで癒やされる
棘の無いシーンでした・・・。
何気にこの3人にも、譲れない輪が出来ているのが堪らない・・・。
サイモンとガーが、石川くんを認めているというスタンスが分かるシーンでもありました~。



で!このしんみりとした関係図をまったりと描いた前半戦を超え
後半戦に突入した途端、こっからの怒涛の展開が凄かった!!

二転させてきた着地点も素晴らしかったですけど
後半の目まぐるしさに、おお?おお?って思っている内に
一気に畳み掛けられた結末と犯行動機。
前半描いたしんみりとした図が、後半の下積みというか、下地になる。
この展開があったからこその、後半の切なさが沁みるったらっっ。

このメリハリ!
オチまで唸らされました。

何て言ったらいいんだろう!素晴らし過ぎるよっ。
またしても脚本が素晴らしかったとしか言い様がない。
どうしよう!BORDERが(自主規制)


まず、二人の被害者が同じ医者に掛かっていた鬱患者だったという情報から
限りなく黒に近い主治医をマークするも、結局はシロだったって所でまず目玉が飛び出た。(私の)
ミステリー的にはむしろ
アリバイは完璧だったと分かった所から始まるもんでしょうがー!
なのにここは、接点は更に前だったと視点を変えることで、真相に辿り着く。

サイモンとガーまで使って違法捜査しても
そもそもの石川くんの狙いが外れていれば、何の役にも立たないっていう展開が面白い。
そうか。方法も万能じゃないんですね。
石川くん有りきじゃないと、機能しないのかーwΣヾ(゚Д゚)ノ
ほー!


そして次。
連続殺人とするには、この場合無差別とするのはナンセンスなため(自殺処理だから)
二人の接点を絞り出さなければならない。
そこで、更に時系列を遡って救急搬送された時の医師を突き止める訳ですが
この辺は、刑事モノとしては、だったら先にそっちも調べとけよwてな感じで
穴ありまくりなチープな展開。
ダンテの神曲ネタも無理矢理感満載。
・・・・なのですがーっ!!
それをスル―させるだけの勢いが、その後に登場。

分かり易い痕跡を残していた真犯人が目の前で飛び降り自殺。
刑事としては、更なる失格レベル。
でも、死体を上から見下ろす石川くんの表情を見ていたら、あ、なんか来るかも来るかも・・・。

来たー!加害者幽霊さんっっ!

ここら辺がBORDERならではの展開ですよネ。
そうか。BORDERはこれが出来るから面白いんだよな。

彼は殺人鬼ではなく、別に殺人を楽しんでいた訳でもなく
故に罪から逃れようとは思っていなかったってことですよね。
というか、彼自身、行為が罪だとは意識もしてなかったかもしれない。
これでチープな追跡劇も、説得力を生まれさせたのが巧かった。
巧い回収の仕方ですね~。(フォローというか)

真犯人が、当直履歴など、分かり易い痕跡を残していたことは萎えましたが
その理由もここで納得。


更にその動機!
ここの独白に持って来た犯行動機が、ぐうの音も出ない感じで、やられました~。

人を救うために医者になったのに、
救った人間が次々と自らを傷つけて再び舞い込んでくる、その現実に耐えられなかったのだと。

もっと何か崇高な信念を持った殺人鬼かと思いきや
記憶に怯えていた少年だった。

彼の『苦悩』は中学生のあの時から始まっていて
多分、あの瞬間、既に壊れてしまっていたんじゃないか。
謂わば、彼こそが精神的に障害を負った患者であって
その彼の『苦悩』を描きだすために
わざわざその彼が、精神的病を抱える女性を殺したっていうシチュエーションがまた、巧すぎる。

狂っていたのはどっちなのか?
苦しんでいたのはどっちなのか?

狙ってなかったとは言わせないぞー!くっそ。
そう考えると、冒頭から、甚だあからさまな伏線だったとも言えるんですね・・・。

「姉貴の血が俺の顔に飛び散ってきたよ。
 俺は怖くて動くことも出来ずに
 姉貴の瞳から光が消えるまで、ずっと傍で立ち竦んでた」
って、どんだけ怖い台詞だよ!
即死じゃなかったのか!
ぎゃああぁぁ~・・・・夢に見ちゃいそうじゃないかー。

「だから罰することにしたのか」
「苦しみから解放されたかったんだ・・・」

彼のミスは、生きる気力を取り戻そうと努力していた人間を殺めてしまったことだけで
もっと相手を選べよwという稚拙さを感じさせましたが
逆に、下調べを入念に行い、ターゲットを選出していたら
実はかなりの悲哀を滲ませた、同情の余地ある殺人犯に仕立て上げられた気がします・・・。
何でそうしなかったんだろうか・・・。

計画が綿密である程、彼の利己的理由が際立ったと思うのですが
それをやっちゃうと、精神的苦痛を感じている余裕のなさが表わせないと判断したんですかね?


病院で繰り返し繰り返し、無益で無意味な処置を施す度に
過去と現在に傷つけられていったのであろう犯人の苦しみが痛く
その弱さが、幼年期の暴力的な記憶に起因していて
・・・・それが人殺しに繋がる思考は理解出来ないですが
そこに同情は感じさせられるだけの説得力を持った話を、造り上げたな、という印象でした。

そうして、目の前で救える命を失った側の人間の苦悩を
加害者という切り口でその内なる鬱屈を吐き出させ、
それをそのまま石川くんの苦悩へとスライドさせる。

巧いー!!
巧すぎるー!!

被害者側からではなく、敢えて加害者となってしまった彼からの告白から繋げることで
石川くんのどうにもならない苦しさとかが伝わってきて
その自責の念が重たかった~・・・。(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)

「出てきてくれよ・・・死んだ理由を教えてくれ・・・」

つまり、石川くんも人を殺しちゃえる程のエネルギーを内包した苦しみの固まりが
内部に渦巻いているって風に解釈させられちゃう。
うわぁ~~~~~・・・・・。(/へ\*)))


「役に立たない能力だな・・・」
兄貴の墓前でそう呟いて終幕するラストは、痛みだけが遺され
ぐおーってなりました。
その余韻を残す様に、2秒くらい無音で引っ張ってプツンとブラックアウトしたエンドも
くおーってかんじです。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-spring ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


>壁の染みやら、電気の暗さが既にオカシイオカシイ。
なにその照明。
>雰囲気が怖い。全体的に怖い。しばらく夜道一人で歩けない。
もう本当に恐ろしくて後ろも振り返ることができない。
今までのテイストに戻りましたね。やっぱりこうでなくちゃと
思いながらも、怖かったです。

>その自責の念が重たかった~・・・
「心の闇」と簡単に言えないですね。皆それぞれの苦悩を抱えて
いるけど、石川君の苦悩は最終回までに解決されるのだろうか?
もくずさんのおかげで、とても楽しみなドラマになりました。
2014/05/22  | URL | orugann #- [edit]


こんにちわ~(^^)/また来てくださって、ありがとうございます~。
私のお蔭だなんてとんでもないっ/////
私の方こそ、一緒に楽しませて頂いております~。


orugannさまもやっぱり、ホラーテイストの方がお好きですか。
ですよね。BORDERと言えばこれですよね。
でも怖いんですけどねw


兄貴に対する「苦悩」は最後まで解決してくれなさそう・・・(>_<)
だって、この脚本家さん、すっごくSだし!(笑)
そういう所は潔くカットされそうです。

でも、何らかの前向きな気持ちを示唆するような終わり方にしてほしいですね~。
切ないラストも好きなんですけど、辛いです。
後味悪いのもヤだな~。

ただ、弾丸は埋め込まれたままと見ましたw
2014/05/24  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/649-8f226722
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。