Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*05*03(Sat)
悪夢ちゃんスペシャル2014 感想
北川景子さんのももクロコスプレに全て持ってかれた気はしてますがw
久しぶりに堪能しましたこのB級テイストドラマ!学芸会のような大根演技がハマるハマるっ。
この温い感じと、だからなんだと叫びたくなるような内容と、B級映像が軽快で
そのくせ言っていることを割と何気に哲学的。
そうだそうだ!こんなかんじだった~!なっつかしい!

今回のお話は高校生との交流会の中でやっぱりそれぞれの心に振り回されながら
悪夢ちゃんが前向きに生きる決意をするまでのお話。
映画への導入編と言った造形で
特に派手な事件は起きないままでも
志岐貴が生きていたりとか
琴葉先生が助手とラブラブかよっ!とか
悪夢ちゃんが人生を歩きだすまでの葛藤とか、その果てに初恋モードとか
色々重量ポイントは盛りだくさんでした!

その上、他メンバーの変わらない感じとかも垣間見れて楽しかったです~。
教諭メンバーのやりとりとかね、お馴染みのノリが良かったです。
(ちょっとウザイ麦山はこんなウザさでしたっけ?)

「きゃー」
「大丈夫。これは夢だよ」
「ああ、あったな、そういうやりとり」
wwwww
このやりとりとツッコミは思わず吹いたw


そうそう!一番のビックリは悪夢ちゃんが大きくなってるーっっ!!
成長しちゃって、あの丸っこい可愛さじゃなくなってるよ~~~え~~~~っっ。
子供の成長って・・・・。(;一_一)

でも舌足らずな、甘えるような「彩未しぇんしぇい、なんとかして」って
可愛いったらっっ///////

これですよこれっ。
悪夢ちゃん、めんこいぞ~~~。
相変わらずな口調は健在でした。マジ、グリグリしたいめんこさだ。
そして何でも彩未先生へ無茶ブリしちゃうかんじも良い。
この全幅の信頼を寄せてる感じが
もういっそお持ち帰りしちゃって~って気持ちにさせられる~。
取り留めない、論理性を欠いた説明も相変わらずで、でも彩未先生は聞いてあげるんですね~。
いいねぇ。

でも一応、バッサリな彩未先生・・・(笑)

「彩未先生、お願い。おねーさんたちを助けて」
「え?何で私が高校生の面倒まで見なきゃいけないのよ」
「どんなに悪い夢でも私が受け止めてみせるって言ったでしょ」
「私に一億三千万人分の悪夢の世話をしろっての?!」

「私がOLになって・・・
 そいで、おばあちゃんになって・・・
 そいで、おじいちゃんが生き返って・・・琴葉先生が割れた」
「全然分かんないわ」

「予知夢じゃないけど、彩未先生、死んでた」
「勝手に殺すな」


琴葉先生と彩未先生のしょ~もない思い出話も良かったです。
琴葉先生の女子高生、おっかしかったー!
♫盗~んだバイクで 走り~出す~♫

そうか、それてスピードを得たんだなw でも蕎麦屋てw 原付てw(ノ∇≦*)
前言ってましたもんね。「スピードを心理学を得ることで母親からの脱却を可能にしました」?だっけ?
笑った笑った。



で。物語は
才能と未来を悲観してダンス部を辞めちゃう女子高生が生んだ悪夢が発端な訳ですが
進路を具体的に意識し始める時期の人間と
他人の悪夢しか見られない悪夢ちゃんの未来への絶望を並行させて描いていたので
思春期の葛藤が瑞々しいったら・・・。

それでも明日は分からないって嘆く悪夢ちゃんに
未来を夢見ろっていう台詞はちょっとキツく感じました。
どんなに生きても、結衣子の悪夢は逃れられなくて
だからこそ苦しんでいるのに。

「一生未来に怯えて生きていくつもり?
 未来は必ずしも悪夢ちゃんの夢のようにはならないわよ。
 悪夢のせいにしないでちゃんと自分と向き合いなさい」

でもそれは、彩未先生が言うからこそ、結衣子ちゃんにも届いた訳で
そういう繋がりがね。沁みますね。
体当たりで未来を強引に変えてくれる所。それがまたドラマの醍醐味といいますか。
なーんか爽快でイイ。

そもそも悪夢という解釈が
「今感じている将来の不安があんな夢を見せたんじゃない?」と表されるように
人の心に巣食う様々な感情から派生する現象としているので
それを征服することは
人生への応援歌にもなっていくから、ストレートにシンクロし易いですよ~。
単純な青春ストーリーなのに、人の悩みや不安を悪夢として個性的に表現しているから
味付けも降服の方法も面白い。
単なる学園青春ドラマなら萎える説教臭いテーマや人生観も、これだから抵抗ないです。
王道学園モノとかで描かれちゃうと
冷めるわ萎えるわで、ちっとも興味持てなかったと思われ。

現実こそ悪夢だという曖昧なライン引きもシュールで私好みなんですよねぇ。(しみじみ)
笑っちゃう悪夢の映像も、ある意味、他人の恐怖や不安なんて
客観的に他人が見たらこんなもんって嘲笑している気もしますし(笑)
それで良いとも思いますし。


「私の将来の夢は、将来の夢をはっきり言えるようになることです」

みんなの前で発表したこと。頑張ったなー!

会場に漏れる失笑。
それを一喝する彩未先生。

「笑うな・・・ひとの夢を笑うな!
 今の作文は、古藤結衣子が自分なりに一生懸命考え、その上で導き出したひとつの答えです。
 この子の大切な夢を笑うことは誰であろうと許しません!!」

こーゆーところ!!
これだよこれーっっ。。・"(>∇<)"・
彩未先生のキャラが急激に色味を増すのも
ドラマとして急速に熱が籠もるのも
この瞬間ですって!

うっわ~好きだ~。
きもちいいなぁ~。
彩未先生かっこいいーっ//////


しかも更に、その後!
将来に悲観して、尻ごみしている女子高生を無理矢理舞台に出すために一肌脱ぐ彩未先生。
おー!

「大丈夫よ。私も一緒に踊るから」
「・・・え?」
「ダンサーでも何でもない私がこれだけの生徒の前で大恥掻いてやろうって言ってるのよ。
 それでも貴女、踊らないって言うの?」

この強引さっ。
あ~も~いいっす!すっごくいいっす!!(≧v≦●)。。

で、ももクロと一緒にキモクロとか言って
ゴスロリっぽいあの衣装来て6人でさらば~歌ったーっっ!!!Σ(;☆□☆ノ)ノ
踊ってる~!!
似合ってる~!!!

うきゃああああっ!

フォーメーションもばっちりじゃないっすか~!!!(//∇//)
大爆笑。
ってかちょっとマジで鳥肌立ったよ・・・w
ノリノリな彩未先生・・・・いえ、北川景子さんが可愛かったw
ドヤ顔に笑いましたよ・・・ヾ(*//∇//*)ノ
そしてこの曲がやっぱ悪夢ちゃん~って感じですよね~。
最終回のあの劇的なラストを思い出しました。また見たい。
ここ、もっとフルverで見たかったです~。

なのに、爆弾(花火)のクダリと被せて流れ遮断しちゃったのは何でなの???
ちょー勿体ないっっ。
ここ絶対、脚本勿体ないですって!
これ、もうちょっと伏線前に絡めるとか、何とかならなかったのかな・・・。

更にこの流れで、ももクロだけのさらば~をもう一度正規でエンディングに聴きたかったのに
やってくんないのかよー!
えーっ!
しかも映画の主題歌変わっとるーっっ!!えーっっ!!Σ(*゚Д゚;)
そりゃないよ!!このドラマにはアレが絶対似合ってたよ!
さらば~をスクリーンで聴きたかったよっ。


映画・・・は!観に行く。行っちゃうと思います。
こんなジャンルに金払うのかと微かに脳裏を過ぎりますが
人間、真夜中に暴飲暴食したくなるじゃない。あんなイメージ。
相棒より先に行っちゃうかもしれん。
このドラマは
大根演技と、一見幼稚な美術と、グロめの展開が妙にマッチしていて
B級のノリだからこそ、人生哲学を軽く描ける妙があり
クダラナさが唯一許せちゃう特質のある作品だと思ってます・・・。
好きだ・・・。


総合評価としては
スペシャル単発&映画前振りということで
事件はJKの青春モノでしたし、大きなインパクトのあるお話ではなく
また、
このドラマの味でもある、人生観についての解釈も
ちょっと緩めというか温めというか。パンチは弱かった気がします。
もっとガッツリ詰め込んでくれても良かった。

でも、変わらないB級ゾンビ映像的なノリ全開で
キャラクター同士の復習も出来て、映画への良いステップになってましたし
この独特の世界観に浸れて楽しかった。
まあまあ満足です。



余談。
悪夢ちゃんのお地蔵さんに吹いたw
「なんで・・・シンデレラでお地蔵さんの恰好してるんだっけ?」
「でもみんな、似合ってるって・・・」
「切ないわね・・・」
wwwww
細かい部分も悪夢ちゃんテイストで凝ってあって、そういう拘りも存分に楽しめました。

また、さらば~の歌詞が良いんですよね~。悪夢ちゃんの劇中歌として聴くともう~~っっ!

♫さーらば昨日~を~脱ぎ捨ててっ ゆーうきの声~を振り絞れっ
 じーぶんと言う~名の愛を 知ーるーたーめーに~~~

 ねーむれない ひーつーじの群れよっ まーよえる ここーろ~の叫びをっ
 ふーりかえるなっ わーれらのせかーいーはーまだ~
 始まっ~ったばーかーりだ~~~♫

痺れる・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ SPドラマ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/642-712cc21a
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。