Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*04*25(Fri)
BORDER 第3話 「連鎖」感想
いい!いいよ!本当にすっごくいい!観ていて飽きないストーリーと漂う緊迫感がたまりません!
全編に統一されている、くすんだカナリア色の画面も印象的で
相棒ブルー(だから勝手に命名)と対比して、小栗さんの雰囲気にすっごく合っていると思う。
同じ死体と接する話でも、暖色系と寒色系で造り出す世界観の違いが面白い。
コントラストの強い映像も寂寥感とか無常を伝えているようで気に入った。
太陽光をワザと射し込ませるとか!(演出さんは絶対ロマンチストさん)

とにかく丁寧に仕上げられた作風がクオリティ高いですよ~っ。


それに合わせて遜色ないストーリーがまたダークで哲学的。
被害者と加害者を死者として差別していないのがいいです~。
なんかもう色々めちゃめちゃ気に入っています。

今回の幽霊さんはまた加害者。でも今回の事件の被害者、という設定。
後ろから襲われたため、犯人が分からないというのでそれを突き止めてくれ、というお話。

かつての事件のせいで彼は報復されたので
当たりを付けるまでは結構スムーズに話は進んだ。
でも、恨み――――つまり複数犯による殺害だっため、証拠もなければ口裏も合わせられてしまうと。

当然、犯人は分かっているのに、証拠がなくて捕えられない。このパターンへ。
彼らがこの街の権力者だったからなのか
若しくはラストに言ったように、新たな力による恐怖を植え付けてしまったからなのか
とにかくその他の証拠が何も出ず・・・
“border”・・・・・・。

再び石川くんは一線を超えた立場から事件に向きあい
一線を超えて違法捜査により追いこんでいく・・・・。


うっをー!!!
だから一々、意味深なんだってばー!

死者と生者のボーダーだけでなく、石川くんの刑事としてのボーダーも超える。
色々なリミッターが重ねられてて、意味深で面白いったら。


で!今話の一番の味は加害者と被害者のキャラ設定だと思いました。
かつて犯罪を犯した者が報復されることで
「やり直したかったんだ・・・」という台詞にも共感しにくいし
だからと言って犯罪者は死を以って償うべきという一方的な正義の鉄槌を落とした町内会長・藤崎も
「許せなかったんだ・・・」とはとても共感出来なかった。

その、どちらにも共感できない微妙なラインの人間感情の複雑さを
微妙に揺らぎながら、課題を浮き彫りにした、実に巧妙な脚本で
この辺の人間模様がすっごく良いっっ!!!
どちらにも肩入れしなかったことが、私的高評価。


一度犯罪を犯したら、もう二度と日の目は見れないのか?
それは被害者サイドの本音でもあるし
一方で法律的には権利を侵害している。

ならば報復はもちろん認められていないですが
犯罪に因って狂わされた人間たちが当然の報いだと思うことは悪なのか?

ここで面白かったのは
加害者だった少年を、自らの欲望のために生きたいと主張している利己的部分はほとんと見せず
だからと言って犯行を反省している直接的な描写もなく
ただ、本当にもう叩かれるのは嫌だという素朴な人権を主張しているだけということ。

だから強烈な反発心を視聴者に抱かせない。
ただ単に、それがアンタの犯した罪の成れ果てでしょ、と思うくらい。

逆に、正義の鉄槌を下したのは被害者家族ではなく
同じ団地に住んでいて、平和を壊された不満を怒りに変えた住民たちにしていたこと。

敢えて外しているのが真理を更に暈かしてますよね~。
逆に言うと、直接の関係者ではないために(正確には姪っこらしいけど)
正義の報復に対する捉え方がよりシンプルになってました。
報復が正しいのなら、誰がやってもいいでしょ的な。

そうなると、違和感感じちゃいますよね。
巧いなぁ。

んで、結局視聴者をどっちにも共感させないことで
微妙~~~な対立を描き切ったという、この完遂してきた物語っ。

それをまた、くっらーい雰囲気の中、地味~に描いてくるのね。
緩めのテンポでじっとりと。

いっやー!素晴らしかった!((ヾ(≧∇≦)〃))


オチは、「これは私一人がやったことですので、他のみんなは見逃してください」
その答えを敢えてカットし、直後に全員逮捕のシーンへ。
~~っっ!!!o(≧y≦*)o
このビターなテイストがたまんないっ//////

正義のヒーロー気取りで、今尚別に彼の中に行為に対する反省がない辺りが
歪んで見えて不気味でした。
とりあえず人殺しになった時点で、彼の持論に照らし合わせれば
自分にも彼を裁く権利は無くなったというのに。
負の感情の連鎖は人を狂わすんだなと匂わしているみたいだ。
それに、恨みに捕われ過ぎて
被害者家族と自分という単一的な関係図しか描けなくなっている盲目的な思考が
また狂気染みていた気がします・・・。

それをまた、静かに丁寧に語るオジサンが演じさせるから余計に怖いっての・・・。
素晴らしすぎるよもう・・・。


そしてラストに石川くんに言わせた一言がもう秀逸。
「でも、死んでいい人間なんていないんだ・・・」

台詞は在り来たりなんですけど
このタイミングで、石川くんにこの台詞を呟かせることで
この一言で、境界に立っている石川くんがまだこちら側にいるのだと
私は解釈しました。
ついでに、今話を通して言いたかったテーマもまた、そういうシンプルなものだったのかも、と。
どちらも正しくなくて、人を殺しちゃ駄目なんだって。



オカルトテイストはやはり第1話が強烈すぎただけで
今回も比較的マシでした(笑)
ここの後ろにいるんだろうなってところに案の定立っていて
立ち姿は怖えぇ怖えぇ。
でも免疫付いてきたw

オカルトな怖さの真骨頂を熟知してたのは、1話だけだったなw

でも思えば、今回のお話では
幽霊そのものの存在よりも、生きた人間の業の方が気味悪く
生者の方がよっぽど恐ろしいのかなとも思いました・・・。


中盤、石川くんと町内会長がエントランスで会話するシーンで
迷走感を表わすためか、カメラがグルっと回ったのですが
これがまた、焦れったい程のホラーなテンポで
その時、360度回転した後に石川くんの後ろに彼が立ってたら
かなりビビったと思う。

・・・・あれ?1話のパンチの強さに私の想像力の方がレベル上がってしまってるwww
どうしてくれよう。(怖がりって得してそういうもんだ)


あとルミノール反応で犯行を暴くシーン。
「電気を消してください・・・」

いっやーっっ!!!怖い怖い怖い。
石川くんの抑えた口調が既に怖いんだよっ。
止めて止めてっ。
このドラマの通例からして暗闇なんかにされたら絶対何か起こるっっ。
・・・・と思ったら
本当に画面がブラックアウトして(え、赤外線映像にすらしないのかよっ。ぎゃあぁぁ)
そしてルミノール反応と共に死者の姿が浮かび上がる・・・っ!

も・・っ、もう、お決まり過ぎて・・・・・放心・・・・。
ぎゃあぁあぁぁぁぁ・・・・・。



とっとにかく!
暗い石川くんのキャラが凄く味があって、とてもツボります。
物語もクオリティ高い話が続いていて面白いです。
幽霊モノと言えば、大抵無念の非情な死を遂げた善意の被害者というのがセオリーですが
それを覆して、加害者側の幽霊によるサイドストーリーなのも独特で
とっても良いと思います。
めちゃめちゃ気に入っています。

ほんと、楽しい・・・・楽し過ぎる・・・っ。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-spring ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


始めまして^^
テレビブログ村から来ました。
ブログを読んでいて、もうその画面が浮かんできます。
すっごいですね~~見事に描いて見えます。読んでても怖い
怖い・・・

2話の石川君、「暗い所へ行かないで、一人で行かないで」
毎回思っています。なんだか嬉しくなって、ついおしゃべり
をしていまいました。
2014/04/26  | URL | orugann #MRMrgk5Q [edit]


うわー!お仲間がいるー!同じ見方してるーっ!(笑)良かった~。


はじめまして!この度はご訪問下さりありがとうございました~!
ついでにコメも残してくださって嬉しい~!
勘違いでなければ、BORDER記事にパチも押してくださいましたよね?たぶん・・・
うわ~うわ~ありがとうございます!o(≧∇≦)o

また、ブログ村からのお客さまも向こうの管理画面から推測するに多少はいらっしゃるようなのですが
お声を掛けてくださったのは初めてでしたので
ちょっと舞いあがっております//////


BORDERを視聴中の人とお話出来たのが何より嬉しい!
こっわいですよね~wこのドラマ!。・"(>0<)"・。
石川くんの口調がもうね・・・似合いすぎです。ハマりすぎですw
毎回私も、石川くんの行動で次に何を驚かされるのかドキドキハラハラです。

ホントに「ぎゃあぁぁ!」の世界ですよね。
でも私の中で、ここ最近ないくらいヒットしてまして、次回がとっても楽しみで待ち遠しいです。



記事も褒めて頂きまして!
わ~!嬉し~っ//////(//∇//)ゞ
怖くて感情のままに入念に書き散らしてしまいました(^^ゞ 特に1話・・・w

あらでも怖がらせちゃいましたかw。でもそれはこのドラマのせいです(笑)



こちらこそ、おしゃべり出来てとても楽しかったです。
ご丁寧にありがとうございました!(//^▽^//)ノ
BORDER記事は今後もほぼ確実に上げていきますので
是非お時間がお有りの時にでも、またいらしてくださいね。(^^)/
2014/04/28  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/640-feb2885a
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。