Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2014*03*12(Wed)
僕のいた時間 第10話 感想
周囲から与えられる沢山の愛情のベクトルがとにかく痛かった。
みんなが生きてて欲しいって願っててその想いを惜しげもなく伝えてくる。
そういう他人の穢れない想いってかけがえがなくて大切で
でも優しくって温かい分、物語的には切なくて
ちょっと胸が苦しくなってしまった。

拓人もそれが余計にしんどいんだろう。
愛されていると思うほどにそれに応えられない自分と
申し訳ないって想いと
一人で何にも出来なくなる恐怖。
広い空間に一人閉ざされる孤独。

それから、もしかしたら何で今なんだという無情さ。
健康だったときは特に家族は誰も自分のことを顧みてくれなかったのに
何で俺が応えられなくなった今なんだという憤り。

そういう病気の人が当たり前に感じるであろう感情を
とても丁寧に、言葉ではなく訴えているドラマだと思った。
その辺が重たくって。


やっぱりこのドラマのクライマックスは人工呼吸器の装着を節目にしてきましたね。
それはこの病気がこの装置を付けることを区切りに人生が大きく変わることも示していて
すごく納得する展開です。

病気を切欠に沢山の捻じれていた糸が解けて
健全な関係を築けるようにはなったけど
でも何処か拓人は一人で頑張っていた。
一人で自分の人生を生きていた。

でもここからは違う。
もっと無条件に周りの人すべてに頼って
同時に周りの人すべてが常に拓人に関心を以って
そういう毎日を過ごしていかなければならないんだ。
そうでなければ拓人は生きてはいけないから。

そういう非情な宣告がじっくり伝わる脚本でした。


拓人の、今を生きるだけなら頑張れるけど
未来を考えると生きるのが恐いっていう言葉は実にストレートで率直な感想だと思った。
そういう風に考えてしまうんだなとハッとした。
分かる気もした。

それは例えば末期の患者などにも似たようなことが言えて
このまま延命治療をするか、過剰な治療をするか、
そういう判断を迫られた時もきっと似たような苦しみを味わうんだろうな~と思った。

そういう辛さを延々と述べる回になってて
人工呼吸器の一歩への重さを表わしてはいましたけど
まあ、そこは、この病気には避けては通れない関門。
家族同士の確執も覚悟もまあ、在り来たり。
だから、まあ、そこは実はどうでもいい。(とか言いつつ号泣しちゃってましたけど)

問題はそこじゃなくて
生きてよ・・・っていうまもちゃんの零れた本音とか
医学部を受験するって聞いて堪え切れず泣いちゃう陽菜ちゃんとか
そういう周りの温かさがとにかくもうすっごく沁みた。

こんなにも大事にされているって分かるだけに泣けてくる。
病気になる前に欲しかった愛情だという反発も感じるけど
それに現実的にもう堪えられない拓人の想いを考えると苦しくて苦しくて。

人の優しさって重たい・・・。
人と人の繋がりってなんって温かくて残酷なんだろう。

ああぁあぁ~~~・・・・沁み入ったぁぁぁ~。



まもちゃん・・・いいよ・・・・。

彼のアクの弱い、人の良さそうな、無邪気な笑顔の声や表情は
とても嫌味がなく共感が持てて、実はとっても好きな役者さんです。>風間俊介さん
こういうダサ男やらせると上手いですね。
今回の役所も
ただ一人変わらずずっと拓人の傍にいて
とっても良い人であることが雰囲気だけで伝わってくる。

だからこそ、人工呼吸器付けろって遠慮なく言えちゃうし
生きてよって言えちゃう。
その距離感がとても心地良くって羨ましいくらい。
だからこそ彼の生きてって言葉はピュアで苦しかった。
まもちゃんも可哀想だった。

そんなだからその優しさが拓人には余計に辛いんでしょうけど。


陸人くんもいい役者さんだな~。
彼の無防備で悪気のない態度がめちゃめちゃ可愛く見えるw
そんな彼が、拓人が居てくれるだけで支えになるって言った言葉は
実は一番本音だろうと思わされた。
こんな彼だから嘘は吐けないだろうし
こんな彼だから本当に拓人を頼りにしてるんだろうなって思えて
それもまた温かくて哀しかった。


このドラマのタイトルが過去形なのが今になって重たくなってくる。
まさか、この愛情を以って、彼を死なせてあげるんだろうか?
そんな展開になったらちょー傷付く。私が。
見る度胸を締めつける。

あ~~~とにかく何だかとっても心に人の温もりが沁みるドラマだ。

ゆずの透明感ある歌声が瑞々しくてこれまた合い過ぎ。。・゚゚(ノД`)
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-winter ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/607-31e99abb
trackback