Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2014*03*08(Sat)
金田一少年の事件簿 雪鬼伝説殺人事件 第11話感想(週マガ14号)
終わりましたね~。ちょっと駈け足だった気はしますけどまあまあな告白編だったと思いました。
そして18号から新章開始!そっか~やっぱ連載続くんですね~!それはウレシー!
ひゃっほー!

月見里視点による過去編。
ネットでの誹謗中傷なんてもう無視しちゃえば良いのに~と何度も思いました。
ってか、ちょっとムカつく?
何もしない方が良いってオマエが一番気付けそうなもんなのに。
やっぱり人生経験浅くて浅はかだったとか、そういうことなんですかね?
でもその辺の掘り下げないし・・・(;一_一)

イメージが全てのアイドルともなるとそうもいかないのか?
ただ気にして一人で焦っているのは月見里だけで
さやかは実は本当に気にしてなかったんだったら最悪だな。寂しい~。
月見里に同情の余地なし!

・・・・・と思っていたのに
不覚にも
「デブでイジメられっこだったさやかと キモオタヒッキーだった俺
 俺たち二人は負け犬だったけど それでもここまで頑張ってこれたのに・・・・」
この言葉にちょっと打たれました。

なんかコレ、映像だったら光の中にスローでそれぞれのアップ流して
号泣ってシーンになりそうな。
そんなビジュアル的な美しさも感じられてちょっと泣けてきてしまった。

ここをもっと盛り上げるためには
それなりの悲恋な過去を用意してほしかったですけど
まあ、結局すれ違ったまま永遠のお別れになっちゃった訳ですから
それなりに悲恋?
あとは描き方のモンダイか?

いまいち月見里がずどーんと入り込めない人物像だったのが勿体ない。
一途な想いとか愚直な感じとかが薄いんですよね~なんか。
黒木さんの方が似合ってた。(禁句)



椿原とか雲沢とかも、殺されるほどの罪か?と気持ちが入らなかったんですけど
(充分殺意は湧くに相応しいとは思いますけど)
雪崩を起こして全てを消したいって展開は気に入りました。心情的に。

全てを破壊して消し去りたいって願望が
愛しい人を失った絶望感を表わしていて良かった。

中盤ではじめちゃんが「責任の一端があるんじゃないのか?」と冷静に指摘した時
叫びそうになったという告白も含めて
自暴自棄になってる感じが切なく描かれていたな~。
こーゆーの割と好きだな~。


でも過去編って殺人に至るまでの充分な葛藤と説得を以って初めて
物語が完成するのに
そうするだけの充分な心情的描写が少な過ぎ。
ちょっと色々説明不足だなぁ。
なので椿原と雲沢に関してはなんだかちっとも月見里に同情も湧かなかったです。
ま~公開された写真が極悪だったとか
そういう話なんでしょうけど、それにしたって弱いなぁ。

結局、月見里は何がしたかったんだっていうか。
別に殺人を推奨する訳ではないですが
彼の心の憎しみみたいなものを、もっと具体的に描いてくれないと理解も出来ないですよ。
彼女が自殺じゃなかったらもうそれでいいやと
あっさり手の平返せちゃう程度の殺意だったのかよと。

その上、元々雪原さやかは誰も恨んでいなかったとか
彼女のための復讐って線もちょっと弱いですし。

・・・・・そういう読者を盛り上げる人間心理を導く繊細さが足りないのは
最近の金田一では顕著ですよね~・・・。
むしろそこが初期金田一の作品として良い所だったのに。

だから全体的に話が軽くなっちゃうんですよね。ここ次第なのになぁ。もぅ。


その後も急ぎ過ぎw
雪崩から生還するクダリを丸々カットするのはいいとして
助かった理由を噛みしめるとか、もう少し余韻を持たせた演出をしてほしかった。
デカイ絵を載せれば心に訴えるとか、そんな訳ないだろw
もう少し考えてよ~<さとう
なんだかあっさりしすぎというか、入り込む前に打ち切られたっていうかw

そこだけは特に!唯一ザンネン!
こーゆー情緒的な演出、ホント下手だよね~。<さとう


でも板が刺さってて見つけられたってちょっと感動しますね。
生きろって言われているみたい。

「――――でもさ、彼女はあんたのこと応援してるみたいだぜ?」ってのも粋な台詞。
はじめちゃんや他の奴らとかが幾ら頑張れなんて言ったって、所詮上辺だけってかんじに聞こえるけど
彼女だけは~・・・っていう言い方はすごく伝わるし無理がない。
少なくとも彼女だけはって言い方は
月見里が立ち直るだけの説得力あって気に入りました。
変に一般論として生きていくべきだ、なんて説教臭い締めにしてこなくて良かったです。

あんたが愛した女は~って必死で亡き者の声を訴えるはじめちゃん、良かった。


で。そのままエンドだもんなぁ!
余韻も何もなしかっ!
もう1ページほど何か付け足して欲しかった所です。(o ><)o



物語全体としてもまあまあな気がする。
なまはげのオドロオドロシイ感じが全く生かされずに終わったのは
なんだったんだーっっ!・・・とか思ってますけど
全体的に軽く綺麗に纏めてきたって感じでした。
雪山、孤立、と来たら
切な~~~い感じでの哀しい物語がそろそろ欲しいところだったのも
ちょっと勿体なかった。

けど総合的には満足してます。
次回も楽しみにしてます。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/601-98fcf65c
trackback