Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*02*25(Tue)
失恋ショコラティエ 第7話 感想
ちょっと面白かった!ちょっと面白くなった!最後の最後で!
まぁーったく「俺、失恋する」って宣言してからの長いこと長いこと!!
ただ引っ張るのならもっと別の展開も並行してくれれば良いものを。
別に登場人物の感情を噛みしめて愉しむドラマじゃないので
かったるいったら!!(笑)

このドラマは中身の無さ交わりの薄さをテンポと情報と妄想(笑)でカバーしてるんだから
誰かの喜怒哀楽を遠近法でじ~っくり見せられてもね。
ダレちゃうわけですよ。
冷めちゃうだけでもうしんどかった~。

その日が決戦日なのは分かる。
でもそれを噛みしめているシーンをもう5秒ずつくらい削ってみても良かった。
どこまで付き合わされるのかと軽く心配したわ。

とにかくラストの急展開までが長かった。
先週もこんな感じで焦らされたのにまたかよっ。ってな感じ。

その分、集中してないから余計な部分にまで関心が向いちゃってwww
余計なことが気になる気になるw
例えばわざわざモップを上にして振りまわす六動さんとか
商品の上でバラを振りまわすオリヴィエとか
不衛生なんだもん。

食品を扱う内容なんだからせめてそういうところは
気を使ってほしい。
マスクをしろとかまでは言わないからせめて衛生的な演出にしてくれ。

煌びやかな装飾(店内)という設定もされているのに。
台無し。


しかしついにやってきた2月13日!
ここで爽太くんが紗絵子さんを引き止めた所でまた来週ってなったら私もキレてたよっwww

でもついに向きあう二人。
チョコを持って駈けだすシーンから胸がきゅーって来たー!
来たのにーっ!
しかしまた爽太くんの告白がっっ!!長っっ!
長い長い長いっ!要領得ないしwwww

結局お前は何が言いたいんだって揺さぶってやりたかった。
ここはもっとシンプルに決めた後に言葉を足していって欲しかったです。
それとネット通販の準備までして当日を迎えていたらもう男として完璧だったのになぁ。


それを押さえてのラストの紗絵子さんのあの涙とあの表情!
ヤられました。

そそられた~//////(私が)
画的にも良かったんですけど
そう来たかぁ~という感じです。
必殺!女の涙!!

そこで泣くのか~w
なんちゅー定番戦法!ここでそれを使うのか~!
いや、それをここで外すことなく使ってくる辺りが女子力高い(笑)
さっすが小悪魔女子!
計算とか全くなくて出せる涙が正に女子スキル!というかんじでした。


・・・・・いずれにしても
どこかで紗絵子さんの気持ちがこちらを向かないとお話が進まないので
どこでどういうリアクションをしてくるのか?っていう所が最大限の見所だった。
ここまで鈍い爽太くんが紗絵子さんの本音を何を以って気付くのか
多くの視聴者もそこを期待していた筈。

そこで出たのが、涙戦法(違)ですよ!!

そっか~!涙か~!それかー!!

それにあっさり落ちる爽太くん。
おまえも簡単な男だなw
でも分かる分かるw
誘われちゃうのも無理ないよw
あの上目遣い!
喜びも悲しみも内包した物憂げな表情!
真意の読めない無防備な瞳!
ポロリとタイミングを計ったように落ちる涙・・・。

完璧な演出でしたー!きれいー!
抱きしめたいー!私がー!

そしてファンタジーで終わる筈の恋は何故かファンタジーのままキスの祝福が降りてきた。

ちょっと独特の展開で面白かったです。
ただちょっと深く考えると
まーた告白のみ、何の確証もないままキスをしちゃって
元の木阿弥ですね。
甘いな~。(思考が)
でもあのキスは甘かったんだろうな~/////

「現実にしてもいいの?」
これは爽太らしい、そしてこのドラマならではの言葉。
衝撃をこれほど的確に表わした言葉ってなかった。
出来れば
片想いの集大成となる告白に震えがくる程の緊張感や覚悟を滲ませた表情など
演技として何らかの決意を見せて欲しかったかな~。ちょっと単調っていうか。
しかし脚本としてのその辺のリアクションに惹きつけられました~。
そしてまさかの涙に全て吹っ飛んだっぽい顔は良かったw

何より面白いと思ったのが
ここまで紗絵子さんのバックグランドを全く描写してこなかったために
本来、不倫という生々しい非道徳的な行動であるにも関わらず
ちっともアンモラルに見えないところ。

それは正に紗絵子さんのリアルな心情や日常を描いていなかったからだと思われ
あ~なるほど~そういう狙いだったのか~と妙に納得。
なんていうか視聴者に
そこで涙するのはズルイとか優しさがないとかサイテー!とか
そう言うダイレクトな反発を削いじゃうんですよね、なんか。
視聴者にとってもリアルじゃないから。

このドラマに於いても
紗絵子さんは飽くまでもメルヘンの世界から舞い下りてきた天使なんだなぁ。


そういう曖昧な空気感を纏ったままどこか非現実的なバレンタインの夜が彩られて
とても綺麗でした。
それはそのまま爽太くんの感想でもあるんでしょうけど
夜の街とイルミネーションがとても良かったです。
同時に誰かに見られていつ魔法が解けるんじゃないかってハラハラした緊張感もあって
妙にドキドキしました~。

決してキスシーンだけにドキドキしてたんじゃないと思う。
この何とも言えない魔法の空間がそう錯覚させてきたんだと思う。


その甘い空間に遭遇したのは薫子さんでした。
まぁ、無難な人でした。(^^ゞ
薫子さんにとっては災難でした。(つくづくこういうカード引いちゃうひとなのね・・・)

もしかしてえれなとか果ては家に居ないと知って駆け付けたDV夫とかに見られてたら
すっげー修羅場になってたのにな。


・・・・とにかくようやく動き出してくれました!やったっ。
動き出すということはリアルに戻るということで
波乱含みの展開しか思い付かないですよ~っ。
泥沼展開になりそうなのに、ドラマとしても少女のような無垢さと純朴さを失っていないところは
好印象です。

次をどんなふうに描いてくるのか楽しみになりました~。


一方。
オリヴィエとまつりちゃんの恋はなんだかなぁ~。(-"-)
オリヴィエが男前だったし嬉しそうだからいいんですけど。

まつりちゃんは何故自分を信じてくれないのか?と彼を問い詰めたけど
いやいやいや。待て待て。
そもそも元彼の部屋へ一人で行こうとしたり
彼の部屋へ代わりに入ったオリヴィエに何の労いの言葉も掛けずに先に立ち去って
一体何を信じろというのだ。

私としては
オリヴィエが「一人で行くなら別れる。じゃなきゃ俺も一緒に行く」と言った時
嬉しいとか、独占欲見せてくれたんだ❤とか、愛されてる~❤とか
そういうポジティブな感情を抱いたんですけど
まつりちゃんは違うってことですか?

付いて行った時点で裏切り行為だったの?
えぇえぇぇ~?
そういうもん?
イマドキの娘ってそういう風に思うものなの?


その上、嫉妬してしまうほど君が好きだと吐き出すオリヴィエに
キスですかw
結局まつりちゃんはカラダの付き合いでしか伝えられないって風にも取れちゃう。
元カレがカラダだけの付き合いだったのだから
本気の恋を表わすために何らかの差別化を図ってほしかったです。

普通こういうキスは、言葉だけじゃ伝わらない感情を伝えるシーンで使うものであって
想いが深すぎて言葉に出来ないとか
こうするのが一番分かってもらえると思った・・・的な解釈を促すには
ここは少々説明不足だと思った。

もっと言っちゃうと
この恋と薫子さんの恋は
爽太くんの恋の輪郭を表現するために対比として描かれているものだと思うんですけど
だとしたら尚更、まつりちゃんには自らキスという手段は取らないで欲しかったかな~。


余談としては
薫子さんにくっそウケたw
『あぁぁ~これで安心だわ~❤』
「安心ってなんだ」

やっべ。一番好きかもしれない。彼女。
やっぱりこのドラマは妄想が愉しめないと付いていけないドラマであるw
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-winter ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


海野沐屑さん、こんばんにゃ^^
私が言いたいけど文字に出来ないもやっとした気分を見事に文字にしていただいてかな~りスッキリいたしやした。
ありがとうございます^^
このドラマから妄想を抜いたら、親子丼の卵抜きですよ!
妄想が絶妙なバランスで爽太の天然とかトホホとかお茶目~とかを表現してくれて仕事に生きる姿との対比が映えるのに前回も今回もおばかな妄想が無くて物足りませんでしたよ、激おこぷんぷん丸(って使ってみたいだけでそんなに怒ってません)
そして~はいはい、告白までが長いわ!って何度も私もつっこみました。おまけに「紗絵子さん!」→「間接チッスしてみ」ですよ!まぎらわしいわ紗絵子さん梅酒飲んでるばやいか!
情報筋によると告白のシーンは12分間、台本15ページだったらしいです。ま、月9の主演やらせていただいてるんだからそこは頑張ってもらいたいところです、ずんなら出来る、不器用だけど一生懸命頑張る人ですから、ぐふふ~。
告白シーンは紗絵子さんが顔をキープするのが大変だろうな~って思いながら見てました。
12年間の思いを初めて紗絵子さんに伝えると言うことで長くなってしまったのですが、ちょっと視聴者を置いてけぼりした感もありましたね、
長くて要領えないしゃべりって、実際の松潤みたい、あはは~。
オリヴィエとまつりの展開は・・・正直そこまで気がまわってませんでした。今時の若いもんはホントわかりまへんな~。

薫子さんの妄想夢、おもしろかったですねええええ、私も「安心ってなんだよ!」で爆笑でした^^
いよいよ原作読んで「およよ!」となったシーンが来週ありそうです、予告を見る限り。
楽しみに月曜を待ちたいと思います。


2014/02/25  | URL | クッキー #cYq3zJsc [edit]


はいはい。こんばんわです~(^^)/
またコメ下さってありがとうございます~!

やっぱりこのドラマは妄想部分が味ですよね~。
確かに妄想部分がキャラを捕捉していると言っても過言ではないですよ~。o(≧y≦*)o
妄想で視聴者にキャラを理解させるという手段は結構斬新な気がします。

その点で前回ちょっと失速?と不安になりましたが
それを挽回するような妄想濃度で私も堪能させて頂きました!

特に今回は薫子さんっ!ですよね!
私もう大好きになって参りました~。゚・。・(●ノ∀`●)
もっと彼女サイドの妄想と爽太くん解説を入れて欲しいくらいです。



>「紗絵子さん!」→「間接チッスしてみ」ですよ!

ウケたウケたwwww
スイマセン大爆笑してしまいましたw(ノ∇≦*)

確かに!!!
梅酒飲んでる場合ではないよwww紗絵子さんっ。
どんだけ呑気なんだー!
ここまで焦らしてその笑顔かー!w



>台本15ページ

マジですかΣ(*゚Д゚;)
そりゃハードな・・・。

あの取り留めの無さで15ページもあったとなると
それはそれで中々しんどい作業な気がしてきました・・・。(ーー;)
でもそこわね。プロですしね。頑張ってくださいましたねっ。

仰る通り、爽太くんの10年以上の恋心を纏めたと考えればあの長さは当然なんですね~。
それを押し付けられる紗絵子さんもイイ迷惑だ(笑)
もう少しで良いからコンパクトにしてくれ。
その辺りがKY男子なんだよっwww

これで紗絵子さんの気持ちが爽太くんへ全く向いてなかったら
ただの自己中?
・・・・あれ、所詮、妄想男子なのだからそれはそれでOK?(笑)



>『不器用だけど一生懸命頑張る人』

ほ~(*゚0゚)ファンの中では彼はそういう認識なのですね。
それはちょっと意外かも。
もう少し器用なイメージがあった・・・。天才肌っていうか。

あ、器用っていうと櫻井くんみたいなタイプを指すのですかね?
でもひたすら努力を重ねる人なんだな~という印象を持っております。

「長くて要領得ないトーク、実際の松潤みたい」ってwww
そうかっwwwそうなのかwwww( *´艸`)


>告白シーンは紗絵子さんが顔をキープするのが大変だろうな~って思いながら見てました。

お~!それはちょっと盲点でした~!Σヾ(*゚0゚*)ノ
確かにあのシーンは爽太くんが一人で喋り続けて
紗絵子さんは僅か一言「そんなことないよ・・・」でしたっけ?
その間ずっと茫然と見つめている訳ですから気持ちを切らさないのは大変でしょうね~。
確かに素晴らしかったです。


次回ちょっと急展開があるってことですか?
うっわー!楽しみです~!どうなるんでしょう。わくわく!o (●>H<●)o
2014/02/26  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/595-f419ba43
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。