Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*02*07(Fri)
金田一少年の事件簿 雪鬼伝説殺人事件 第8話感想(週マガ10号)
いよいよ始まりました!解答編!まず鯖木の方のネタ明かしでしたね~!わー!
“側面にあった板が底板になり替わり”
ってことはつまり側面が二枚あるってことデスカ?(隙間付きの)
それとも死体が外に出ちゃうってことデスカ?
いまいち分からんかったのですけど。

しっかし、なんとも簡単な・・・っ。
そりゃ血の跡も残らないってもんです。
辺りが暗くて状況を良く把握出来ないことも災いしていたんでしょうか。
図解を見ると死体の量の分だけ余分にスペースが必要になりますよね。
ってことはよっぽど暗いんだな。ランタンがどーのとか言ってたけど。

でもこれで、CEOと黒木さんが棚に棺桶を戻した瞬間
もう鯖木の死体は表側からは見えなくなっていたってことになる。

だとしたらさー、なんか変じゃない?色々・・・。

死体を巧妙に消してみせたのに
何でコレをアリバイ工作に使わなかったんだろう?

CEOが鯖木の自演だなんて言い出さなければ確認にも行かなかった筈でしょ。
この短時間で死体が消えたっていう恐怖に陥ったのは
単なる偶然って気がする・・・。
何時間も後に・・・・果ては警察が来るまで普通は誰ももう一度見に行こうなんて言い出さないですよね。
はじめちゃんは言っただろうことはさておき。

でもこれはCEOが見事に演出してくれちゃいましたw
まさか犯人はここまで読んでいたのか?w


それに、鉈を投げ込んた上に血塗られた道筋を作ってさっさと誘導させたのは
鯖木が殺されたばかりである、という認識を持たせたかったってことですかね?
そうすることであの鉈が投げ込まれた瞬間はみんな一緒に居たもんね~的なアリバイのために。
折角アリバイ作ったのにさっさと発見してくれないと無効になっちゃいますし。

さっきまで生きていた鯖木が殺されることで恐怖演出にはなったけど
そのせいで雲沢さんの時は華麗に美しく消してみせたのに
コッチは何だか生々しくって
余りに犯行の性質が異なっちゃってました。

これで雪が降れば翌日は血の跡も足跡も消えるって算段だったのかな?
そうすれば雲沢さんときと同様真っ白な雪原に戻るという風な。
誰も突っ込んでませんけど。(;一_一)

ただワザとらしくてどーも気に喰わない。<私が

それになんか鯖木も華麗に失踪させたままの方が
アリバイは確保出来ないけど間違いなく椿原さんは殺すことが出来たとは思った・・・(笑)
アリバイがないのはみんな一緒なんだから
わざわざアリバイ云々考えることしなくても良かったんじゃ・・・・。Σ( ̄Д ̄ ||

焦ってもいたんですかね?
鯖木は一番真相に辿りつきそうなポジションだったから。(情報持ってるので)
でもだったら何で第一の殺人が鯖木じゃなかったんだ・・・。

ああぁあぁぁぁ・・・・。混乱してきた・・・。

しかしそもそも鯖木を一度消してみせたのは
彼をスケープゴートにするため・・・?ん?最終的に椿原の犯行にしたかったのなら
あの時点で鯖木のせいって誘導するメリットが言うほど感じられなかったぞ・・・?(爆)

この鯖木の第二の事件は、そんな理由で
消してみせたことではなく、鉈の方がアリバイトリックであったという皮肉が
ちょっと面白いと思いました。



やっぱり最後のターゲットは椿原さんでしたね~。
そこはま~いいんですけど
なんか影平さんが妙に可愛いんですけど・・・・っ!o(≧y≦*)o
ちょっとイイキャラしてんですけど・・・っ!
すっげ可愛いんですけどー・・・っ。

ここに来て今更彼女がちょっと気に入ってしまった・・・w

「ちょっと待ってよ!だいたい復讐云々以前にあの2人が既に殺されてるって事が
 全然納得いかない!」

「な・・・なんだ!も~~びっくりさせないでよ!」←コレも絶対彼女だw

「ナニソレ?いきなりジッチャンって」

ハッキリ物を言う娘だなぁw
イマドキの女の子だなという感じw
さばさばしてんな~とは第1話で思いましたけど想像以上だw
はじめちゃんに呑まれないキャラってちょっと気が強くてイイわ~~~。(●≧∀≦)ノ
しかも可愛いぞ~~~。

このキャラ、このまま使い捨てるのは惜しいっすw


はじめちゃんはもう余裕の自信で推理始めていてカッコ良かった。(//∇//)
「ああ・・・あの鉈ね!解けた雪が屋根から落ちて鉈が飛ばされ放り込まれたってだけの話だ。
 トリックっていうほどのもんでもない」

~~~っっ!!!!
か・・・っこえぇ//////
強気強気www
こーゆーはじめちゃん、好きです。(告白)


あ。そうそう!
物語としては最後の一言が衝撃的でした(爆笑)

今回のお話は最後のターゲットに向かう犯人をそのまま泳がせ現場を押さえるという囮捜査。
みんなで待ち伏せて~ってパターンは金田一シリーズではよくあるので、またかwと思ったぐらいですが
衝撃だったのは
ラスト。「だがここであんたは決定的なミスを犯した・・・!」
そのミスに気付いたから犯人にも気付けたとはじめちゃんが告白。

うんうん。そーみたいね。

そして「さらにその後決定的な証拠を発見し確信したんだ」

・・・・・え?証拠あるの?Σ(*゚Д゚;)

ええぇえぇ???
証拠がないからこの罠に掛けたのだとばかり思ってた。
じゃあ何でわざわざ犯人を奇行に走らせたんだwΣ(゚Д゚ノ)ノ
趣味かw ←はじめちゃんの

最後の最後でびっくりです。(@_@;)
じゃーその証拠を以って最初から推理ショ―始めれば良かったジャン。
証拠がないから追い詰めたのかと思ったのにw( ̄_  ̄;)

次回の“理由”が楽しみです。
こんな方法を取らざるを得なかった理由。なんだろう?
“決定的な証拠”って犯行を示す証拠って意味じゃなくて犯人を絞る証明って意味の確証かな?


で、犯人は・・・・。
これでシェフが犯人でした、というくらいの斬新なアイディアは出て来ないもんか。

そこだけがちょっとだけ不満だよ。ヾ(*`Д´)ノ



次号休載。
うんうん。いいよー。幾らでも休んでくれ~。
休むことで漫画の質が上がるなら大歓迎です~!こと金田一に関してだけは(笑)
今回ももう画が崩れ始めててちょっとザンネンでした。(T_T)
はじめちゃんの顔が四角くなるのでスグ分かるw
でも美雪ちゃんは可愛かった。

もうちょっとカッコ良く描いて欲しいな~。
見られるレベルではありますが
次号休載の文字を見てホッとしたのも事実。

特に推理モードに入ったはじめちゃんは、めっちゃカッコ付けになるので
是非是非フルマックスな技術で描いて欲しい所ですぅ~~~。
例の決め台詞も出る頃だと思いますからね~。

再来週!期待してますよー!


因みに、話の構成というかテンポは悪くなく読み易かったです。
いつもの金田一って感じ。
説明調になる解答編はリズムが大切ですけどそれも申し分なかったです。
分かり易い展開でした。
ココもうちょっと詳しく~とかもいう箇所もなく粗もなかったし。

っていうかコレが普通ですよねぇ。
20周年が何か色々と可笑しかったんだよ・・・。(>_<)

強いて言うなら
関係者を全員影にして無関係な者から明るくしていく手法は大好きなんですけど
バラすのがちょっと早かった・・・?
私の気のせいですか?

もうちょっと勿体ぶってくれても良かったのに。


でも今回のシリーズ。
やっぱり単行本になってもイイ感じだとは思う。面白いですよ!(=´▽`)ゞ
ちょーっと全体的にショボイ気はするけど丁寧ですし。
ワクワクして楽しんでいます。
少なくとも次回は待ち遠しい。(//^▽^//)ノ
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/582-16079fd8
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。