Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2014*01*30(Thu)
金田一少年の事件簿 雪鬼伝説殺人事件 第7話感想(週マガ9号)
うわー!いきなり事件解決しちゃったー!えー!どこでぇぇー???
何処で何が分かったと言うんだw
なんという急展開。あっさりしすぎててどこにヒントがあったのかさえ気付けないまま問題編終了。
たぶん。

ミステリー漫画っていうのは大別すると
事件の現象/作為的現象/推理編/告白編ってことになると思うのですが
まだ状況把握だけしか理解してなかったですよ~。
一応今回で不自然な点について幾つかは指摘されてましたけど
もう一回くらい全員が集まるシーンは入ると思ってた~。Σ(`゜Д゜´//)

ってか今回の被害者二人だけっ?Σ(゜ロ゜ノ)ノ
マジで?
うわぁ・・・なんかもうちょっと引き延ばしてくれても良かったのにぃ・・・。
容疑者が沢山残るのは解答編がワクワクして嬉しいですけど
事件あっさりしすぎです~。
ここまでとても丁寧な造りだった本作がイキナリ加速してました。
かなりびっくりでした。
これはちょっと珍しい!

或いは次回推理披露の前にもう一度ひと悶着あると変則的で楽しいかも!


そんな訳で出ちゃいました!はじめちゃんの決め台詞!
これが出たからにはやっぱり事件編は終了なんだろーなー。
(そういうルールを壊してくれてもいいんだよ!)
でも考えてみればもう7話なので折り返し地点に来てても可笑しくはなかった・・・。Σ( ̄Д ̄lll)

ヒントとして気になったのはコンタクトレンズですよね。
コンタクトがなんだって言うんだ・・・。

使い捨てレンズってことは
確か彼女が消えたのは初日の夜だったから
少なくとも一回分の使用済みレンズがゴミ箱にある筈だ!・・・的なこと?

無いってことは始末した?
若しくはここは違うコテージ?

部屋に居た痕跡は残しているんだからコンタクトだけ消すのは変ですね。
でも別コテージなら下着とか荷物全部移動させたってことになると思うけど
めんどくさっ。( ̄□ ̄#)
あ!もしやあの荷物全部、雲沢本人のものじゃなかったりしてw(@0@;)
まさかパンツ何履いていたかとか誰も知らない訳ですし。


あともう一つ気になったのがラストにはじめちゃんが無いって呟いたもの。
山頂からロッジ近辺を見降ろして「やっぱり無い!どういうことだ・・これは・・・!?」
あ~ここで冒頭1話のスマホで撮っていた(美雪ちゃんの)写真が効いてくるのか。
ふむふむ。

ここで一瞬コテージごと無くなったのかと思っちゃったw
でもコテージが丸々一棟無くなればさすがに気付くと思うから
もう少し細かい(小さい)ものですよね。

ってことはアレか。
雲沢さんへ誘導する標識塔とか?
はじめちゃんが雲沢さんを起こしに行くとき地図と標識で場所確認してましたし。

あ~!そうか!
やっぱりあのコテージの荷物は雲沢さんが今回持って来た荷物じゃないんだよ!
予め雲沢さんの荷物を持ち込んだコテージを作り上げておけば
足跡も残らないし、当日そっちの方へ誘導すれば部屋誤認の錯覚もさせられるし!

そうして時間を稼いでおいて後でゆっくり
本当の雲沢のコテージから死体を始末した、とか。

・・・?あれ?
でもそうなるとあのインターホンは何のトリックでも何でもなかったってことですか?
彼女が生きていると認識させるための時間軸的な罠かと思ってたのですが。
あのときの部屋番号に意味があると言いたいコマだったのかw


と、ここで最大の疑問が。

「そうだ・・・!これはいったい誰のための不可能犯罪なんだ・・・?」

そう!それっす!
これは最初から私もずーっと気になってたー!
夜中に姿を消すことになんの意味があるんだよw(いや、夜中に消したとみせかけること、かな?)
しかもなんかこの台詞もいい~!

いずれにしても夜はそれぞれのコテージに帰って寝るんだから
普通アリバイもクソもないだろっての。
それなのに“アリバイ”目的だとするなら
もうあの夜一緒に呑み明かしてたあの3人しかいなくね?

ってことは犯人サイドとしては
この死体消失がトリックだとバレた時点で
アリバイのある自分らの方に容疑が掛かるってリスクは考えなかったんだろーか?

しかも二つの死体発見時には関係者という立場上
必ずCEOと黒木は現場に立ち入っている。

・・・・・。(;一_一)

えっと・・・。
もしやこの事件って“うぇぶすれっど”自作自演の犯行ですか。
えぇえぇぇぇぇ~~~・・・。
それはちょっと萎えるなぁ。

月見里CEOはどー見ても加害者顔だから(笑)
もう黒木決定ですかね?

それとも“アリバイ”ってあの夜の行動認証って意味じゃないのかなぁ?

まぁそこはともかく犯人はもうちょっと凝って欲しかった所です。
犯人斧寺じゃね?とか言ってた人には言えた義理じゃないですが(笑)
あ~そーゆー意味では
自滅してた斧寺さんじゃなくて良かった~!

彼女は関係者ですらないと嬉しいですよ~!
それが本来のミステリーってもんですよねぇ・・・。(苦笑)

それにしても二つの遺体消失がアリバイ確保のためだとは思わなかった。
これはちょっと意外だった。
(トリックって普通そういう目的だよね?的なツッコミはナシで)

もう一人ターゲットが残っているって状況のようですが(そりゃそうだろう)
同じスキー部のメンバーが居るってことですね?
年齢から憶測すれば
ここまでほぼ空気の椿原さんかな?
黒木と雪原さやかの関係はカレカノ?かな?


一方。
なんとか麓まで行って警察と連絡を取ろうと模索する二人。
今回も二人っきりで探偵モード継続中~。(○´艸`)

切断されたケーブルを繋げてリフトを復旧しちゃうはじめちゃんw
スゲーw
ってか、犯人詰めが甘いぜーw

とか思ったら、リフトは動かせても山頂からのロープウェイは完全破壊済でしたw
なるほど。

そんな二人の動向を監視している怪しい影が!!

ここで
リフト復旧

山頂へ向かう

「手は打ってあるが急ごう」by黒タイツ

・・・って流れでくるから当然
リフトで山頂へ向かった二人を確認したあと
もう一度リフトを壊して二人を遭難させるという展開を瞬時にして妄想した。

雪山→遭難→二人きり
~~っっ!!!////////

雪の中、肩寄せ合いお互いの体温を感じながら暖を取り睦まじく会話しつつ目は合わせられないで
朝を待つ二人の一夜まで妄想して
ちょっとどきどきしたのに!
(これじゃー何時ぞやのはじめちゃんと同レベルなエロ妄想デシタw//////)

しかしま~山頂まで出向きながら手ぶらでは帰らないしぶといはじめちゃんw
さすがです。
それでこそはじめちゃんw
探偵モードに入ればゴキブリ並の収集力!頭脳の回転速度が変わるんだなwきっとw


丸々1ページ使うコマはもう要らない。シツコイ。

こういうデカコマはここぞと言う時に使うことで
インパクトや力強さなどの効力を発揮するのであって
こんなに頻繁に使われたら萎えるだけです・・・。

前回の「ジッチャンの名にかけて!」か「謎はすべて解けた!」のどちらかに絞るか、
或いはその間にもう少しインターバル入れるか。
二週続けてだと手抜きに見えるし迫力も感じないですし。


丸々一話が二人の会話で進む構成は楽しかった~。ヾ(*//∇//*)ノ
この上でもう一話メンバーとの対峙シーンがあれば最高だったのに。
まーいいか。

二人の台詞も可愛くて良かったですぅ~w
はじめちゃんが自分の世界に入っちゃって一瞬会話が途絶えた時
「はじめちゃん・・・・?」
「あぁわりぃ・・・」
とか。
鯖木のPC壊されて困ってた時スマホで撮っておいたよっていう美雪ちゃんに
「よくやった美雪!――――てかそれ先に言えよ!」
とか。

のっけから犯人が分かったの?って聞く美雪ちゃんに
「まだ解けてない謎が多過ぎてはっきりと断言はできないけど」
と前置きしつつ推理を話しちゃうのもいい!

だって確か二人きりではない場合ってはじめちゃんって慎重派で口を濁すことが多いから・・・w
二人きりでも口ごもる時だってあったのに
今回は教えてくれちゃうのネw

なんだろ。ここ数年の二人の会話って無色すぎて機械的なものばかりだったから
もう泣けてくるレベルだったんですけど
今回はこういうお遊びなワンクッション入れてくれるのが凄くナチュラル!
めちゃめちゃ嬉しい!
ちゃんと仲良しっていうか幼馴染だって気がする~w

今までの無色な会話はなんだったんだって言う位の気の使いようw
やれば出来るじゃないか。<さとう
絵もまあまあでしたし!
美雪ちゃんは勿論なんですけど
今回のシリーズははじめちゃんが全体的に可愛く描けていると思う!
ちょっとした髪の羽根具合とか顔の輪郭でそれが分かる。
角度やズームなども選んでいるって感じですし
ちょーっと話が不自然なくらい加速していたことを除けば
今回も満足ですよー!o(≧∪≦*)o

面白かった!
続きがすっごく楽しみ!
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/575-3c4d1ba7
trackback