Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2014*01*27(Mon)
失恋ショコラティエ 第3話 感想
このドラマの癖というかノリがだんだん掴めてきまして楽しくなってきました!
最初は何もかもがいい加減で中途半端でなにこれ?と思ったものですが
何処に面白味があるのか?とか何を楽しむ話なのか?ということが回を重ねるごとに理解出来てきて
そうなると、うん、なるほど、確かに楽しい!楽しい!

当初は菓子職人のビターでシリアスな片恋&人生物語だと思っていたので
だいぶ意表を突かれました。
ちょーっとクセのあるドラマですよね。確かに。

ショコラティエとしての才能や資質を物語に求めちゃうと
仕事と恋愛を一緒にする展開に拒絶感抱くだろうし
真面目な恋バナを求めちゃうと
駆け引きや妄想に萎えてしまうだろうし。
ましてや誰かに感情移入しようとか登場人物に共感を得ようとか思っちゃうと
誰かの内面をフューチャーした物語じゃないので
全然理解出来ないんだろうな。
視聴者の方の気持ちばかりが空回りして。

なんていうか第三者的な構えでみんなの片恋の右往左往を下世話にデバガメするスタンスだと
結構楽しいw


とにかく爽太くんの妄想が笑えるwww
っていうか、ここが笑えないとこのドラマは先に進めないw

薫子さんのちょっとズレたツッコミも的を得ていてイイ感じだ。
彼女の尤もなツッコミが世の一般論であればあるほど
紗絵子のキャラの良さや人柄が引き立ってくる訳で
その構造が面白いと思った。

紗絵子の女性的な可愛さや、彼女のまた十代女子にありそうなキャラクターは
周囲がいてこそリアル感とナチュラルさを持つ。
彼女単独だとキャラクター造形が不完全で曖昧なのが特徴的。
特に今回はヴェールに包まれていた彼女のプライベートが垣間見えたことで
彼女の気持ちも透けて見えてきて
より可愛さが伝わった。

大衆向けの可愛さっていうんじゃなくて
あ~こーゆー女の子、モテ系のテンプレだよね、的な。

ましてや紗絵子のどこがそんなに魅力なのか?なんて言っちゃいけないw
それは指摘違いだ。
そこに答えを求めちゃいけないんだと分かってきた。
そういう前提で話は進んでいる。


傘をわざと置いていく?
スカートの短さ、ヒールの高さ。コートの薄さ。

ぜぇーんぜんOKですよ!
フツーでしょ!この程度!

あのさー、ウブな体裁繕ってみたって
これ、結構誰でも一瞬脳裏を過ぎっていることだよね?(笑)
こんなあからさまに口にしたり行動したりしないだけで
多かれ少なかれみんなやってることだって。

そういうホントは隠したい裏技的なことを明け透けに言っちゃってるから面白い。
ドラマの真髄もそこにあるのかなー?
とにかく笑っちゃうw

原作に漫画があると聞いて更に納得。
成程。確かに漫画になれば爽太くんの妄想ツッコミで進む話は
コメディ色もあり恋バナとしての面目もあり
漫画的に人気なのがなんとなく納得できる。

爽太くんの妄想だってそうだ。
ぶっちゃけ最初は引いたんだけど
分かる分かるw
彼のバイオリズムに乗っちゃうと笑っちゃうったらもーw

物語は主人公・爽太くんの恋を応援したいと視聴者に思わせたら
勝ちだ。

そんな相手にヤキモチを焼かせるだの、相手を弄ぶだの、
ちょっと正攻法ではないアタックが
それまでストレートでは全く効果なかった紗絵子に効き始めた時の快感?ってゆーの?
結構たまらん。


一方、そんな平面的な妄想ネクラ話だけでなく
えれなとの片恋を慰め合う関係も
私は割と心地良い。
こんなカラダの関係、目を背ける人もいるだろうけど
綺麗事じゃない恋愛は逆にリアルだ。

それが月9に合うかどうかはまた別ですけど。


ストーリーのテンポも良いかんじ。
余計な掘り下げや装飾を入れないでポンポン進むので
本当に何にも考えずに軽く楽しめる。
あっさりしすぎだけど無理な展開ではないし
この内容で濃厚に煮詰められたらそれこそヘビィなので
この位のさっぱりさが適温なのだろう。

だから逆にショコラティエとしての職業的な専門分野や現実を加味されると
返ってバランス悪いと思う。
ショコラは敢えて添物でいいんだろうな。

・・・・・でもしょっちゅうかかるテーマソングが頻繁過ぎて笑えるんですけどw
なにあれw
掛かる度に笑っちゃうw
これもワザとかwワザとなのかw

あとチョコがとても綺麗にデコレートされているのは観ていて嬉しい。とっても美しい。
キレイなものは大好きです。


役者さんは・・・・今のところ五分五分かな。
石原さとみさんは合っているというか、こういうきゃんきゃんした役にはぴったりだよな~。
ただ他の方はどうだろう・・・。ん~。
ここはもう少し様子見です。


みんな片恋でみんな戦っているっていう部分だけ見れば瑞々しくって
がんばれって素直に思える。
私は拒絶感はなくなった。
軽いタッチで進められていく物語は
メインはもう爽太と紗絵子の行く末のみってところですが
たまにはそんなラブストーリーでも楽しみますかって気分にさせられた。

一歩引いた目線でこのまま楽しみたいと思いま~す。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-winter ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


はじめまして!こんばんは~。
とっても興味深く読ませていただきました。
松潤スキーなものでなかなか冷静にドラマが見れなくて・・・出来れば松潤には何の興味も無い方の感想が知りたかったのです。
あはは~~~面白いです、ホントに爽太の妄想が楽しめなかったらこのドラマはただのきっもいだけのドラマですね^^
私は漫画原作の方は既読ですがなかなか原作にも忠実に作られてます。
2次元の世界が3次元の世界になりより楽しい感じです。
原作はまだ連載中なのでラストはわからないのです、どうなるのでしょうね???
これからも感想楽しみにしています。
2014/01/28  | URL | クッキー #cYq3zJsc [edit]


はじめまして~!この度はご訪問下さり本当にありがとうございます~!

私のレビュー、お、面白かったですか?うわ~良かったです~w
感想文を楽しんで頂けて、しかも一緒に盛り上がれて私も嬉しかったです~。ヾ(≧∇≦)ノ


このドラマ、何気にハマってきました!
原作も読破済みとのことですが
そっか~本当に妄想が暴走しているお話なのか~(笑)
こんなに真正直な妄想いっぱいで展開するって結構、独創的な漫画ですよね。
画になると妄想シーンが更に笑えそうな気はします・・・w

3次元でもより楽しく感じるということはキャスティングも似合っているってことかな?
松本くんのノリツッコミが結構テンポ良くてつい笑っちゃっています。(。つ∀≦。)・゚・。
声に太さがないのでアクもなく嫌味がないのがいいですね~。
一歩間違えば妄想が煮え切らないわw長いわwシツコイわでw
マニアックというかストーカーっぽい病的な(笑)印象を与えそうなのに
松本くんの爽やかさで愛嬌に見せているという感じです。

同じ意味で薫子さんの妄想もツッコミも素の女の可愛さが見えますし
そういう口に出さない部分にこそ共感があるのが変則的で割と気に入りました。


原作が未完結となるとオリジナル展開ですか~。
最終的には紗絵子さんと上手くいくといいな~とは思いますけど
そこまでやっちゃうんですかね?
ちょっと勿体ない気はしますけど楽しみですね。(⌒_⌒)

このドラマはまたレビューしようと考えているので是非お暇な時にでもまた来て下さい~。(^^)/


ところで・・・あのっ。
大変申し訳ない気がするんですけど・・・っ!(>_<)

一応レビューサイトを名乗っている関係上、中立的な立場で感想を述べるようにはしておりますが
ごめんw 私も嵐ファンです・・・。(^^ゞ
特に熱烈なファンって訳ではないですが嵐好きです。
松本くんだけ特別視ってこともないですが嵐好きです。
嵐として全体的に贔屓目ですw

第1話(だったかな?)の石原さとみさんとの強引ちゅーにトキメキまくりましたーっ//////(懺悔)


そんな訳で嵐ってだけでちょーっと好意的になっている部分は否定できないかもですw
だってみんな素敵ーっ!/////(ハイハイ)

なのでこの先冷静でいられるかどうかはチョット不明です。(//∇//)ゞ


この度は話しかけて下さいましてありがとうございました!
2014/01/29  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/571-1e1144f6
trackback