Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2017*06*06(Tue)
デスクトップパソコンは富士通かNECか その2
今度はリフレッシュパソコンなるものを勧められた。もし最新機種に拘っていないのであれば、という話だ。

パソコンを新調しようと企んでいる素人レポです。
今度は実際に店に出向いてみた編。
以下はまたしてもどうでも良い考察記事なので真面目に読んではいけません・・・。

以前レポした通りノートは考えていないのでここでは触れない。ノートにしない理由もこの記事には関係なので割愛。
でもノートだったらダイナブック一択だったなと思う・・・。あ、今やばい?


NECか富士通かでまだ悩んでいた。
そこでパソコンショップに行って実際に製品を見ると、俄然NECだ。

あれだけパンフでは富士通のスタイリッシュさに心打たれたものだが
あれはパンフ栄えするというか、写真栄えするというか、インテリア系というか。
正に置く場所まで拘っているユーザー向けである。
パンフではあんなに佇まいの高さを見せ付けていた造形美だが
アレを一人暮らしで部屋に置いてたら悲しくならないか。

一番気に入っていた足の部分がちょー邪魔。
多分、テーブルに置くと場所取って邪魔。
デスクに置くとスペース取り過ぎ問題が発生する。
実際接触面は少ないんだが、横から支える分、相対距離が伸びるというか。

パソコンを部屋のメインインテリアにするつもりならマッチするんだろうが
個人向けじゃないよなぁと。
やっぱり現物のインパクトって大きい。


NECの現時点での最新モデルでは足の部分は何故か丸型になっていて
同じく場所取りそうではあるが直下型なので現行愛機と同じだし、見た目も含めて悪くない。
そして、「誰がこんなの買うんだよ(失笑)」と言われそうなクリアレッドに心惹かれた・・!

なにこのカラーチョイス!
枠だけ赤なのか!
少し黒みがかった赤がすんげえ良い!
可愛い!素敵!やべー、買っちゃいそう!

待て待て待て。

パソコンはケータイやウォークマンと違って結構長い期間目に入るものだ。
そんな奇抜カラー選んで如何なものか。

でも現在目の前にあるCANONの複合機がとんでもねぇトマトレッドだったりする。
これは見た目のとんでもなさにノックアウトされたんだが
同じことを繰り返しそうな予感・・・。

え、周辺機器を赤で揃えるってどうなの。ちょっとヤヴァイ人みたい?
あれほど見た目は大事だと言っていたのに色にあっさり負けるこの素人っぽさ。

赤で揃っちゃいそうだ・・・・。


そんなこんなで用途と事情を説明していると、店員さんからリフレッシュパソコンはお考えではないですかと言われた。
実際話を聞いてみると悪くない。

リフレッシュパソコン―メーカーが引き取って初期状態にして再出荷してくるパソコン。

「中古なんですか?」
「中古ではありません」
「中古ですよね?」
「中古ではありません」

店員さんとアホなやりとりを数回繰り返したが、正直あまり良く分からなかった。

◆リフレッシュパソコンの定義とは◆
メーカー自身が買い取った自社製品をクリーンアップして販売する再生パソコンということで
回収・再生しているのがメーカーな分、信頼性や品質が高く
中古にしては珍しく一年の長期保証やユーザーサポートなど新品に近いサービスが受けられるメリットがある。

HDDデータ消去、外観のクリーンアップ、OS・ ソフトウェアの再インストールなどをしてくれている。
よって中古パソコンと違ってOSの初期オーナーにもなれる。

中古と言うとかなり古い機種を想像しがちだが
リフレッシュパソコンはせいぜい2年前程度のかなりの新モデル。
その分、他の中古よりはかなり高めという現状。
◆◆

つまり素人的には確かに初期状態といって差し支えなく、魅力的ではある。
でも一旦出荷して使用されて戻って来たなら中古って言いますよね?
HDDを完全消去したと言ったって、未使用とは違うんじゃないの?

一旦販売した後、初代オーナーがどういう使い方をしたかなんてこっちには分からない以上
幾ら初期状態に戻してあると言われても、使用済みってことであり
そこでハードな使い方をされていたら寿命が縮んでいるのは避けられない。

そんなものを、素人感覚では中古と何ら変わりないわけですよ。
そんな歴史を調べようがない以上、ギャンブルであるのは他中古と同じなんですよ。
そんなに安くもないのだから、使い始めて数年で寿命が来たら意味ないわけである。



そこでパソコンの平均耐久年数ってそもそもどのくらいなんだろうと思ってググってみたら
なんと意外に短く、電化製品の中でも特に寿命が短い製品で
精密機器だけに五年程度が相場らしい。

5年!?
5年かよ!!
マジですか。
10年使わなきゃ派の私には目玉が飛び出るばかりである。

長く使い続けるとパーツが壊れていくのは避けられないということで
故障で一番多いのはHDDだという。
続けて
ファンが壊れる
メモリが壊れる
内蔵電池の消耗
モニターの故障・・・・などなど。

突然再起動しはじめる、突然シャットダウンする、熱が出る、音がする・・・などの症状が出てきたら
寿命間近な初期症状。
私の愛機に当てはまってて笑った笑った。


ハードディスクとは大容量の記憶装置だ。
様々なデータを書き込んだり消去したりといった操作を頻繁に行うため消耗が激しく
ハードディスクの寿命=パソコンの寿命と言ってもいいとのこと。

ということはだ。
パソコン劣化の目安として一番に挙げられる箇所がHDDやマザーボードなどの経年劣化である以上
そこを使用されたものなら、例え中身をクリアにされていたって、寿命はカウントされているんじゃないんですか。
違うんですか。
え。HDDの寿命=記録量って意味なの?←ここら辺が素人

内蔵電池の目減りまでは口煩くは言わないが
パソコンは10年使うものという信条の自分としては、出来る限り長持ちさせたい。

そんな奴が中古を選んでいる意味が分からなくなってきた。


ん?となると、リフレッシュパソコン買って4~5年でぽしゃっても平均値ってことなのか?
どのみち5年でアウトなら新規も一緒ですよね?中古にする意味なくね?
そもそも夏モデルが出そろった今、春モデルを新規で買うのとどう違うの?(値段的に)

そもそも何故中古って思い始めた発端から迷走してくるこの素人感。

確かに別に最新モデルとやらには拘っていない。
私にはどれも過剰スペックである以上、数世代前だって充分用途として可能だ。

でも長持ちさせたい貧乏人根性が。

割と二代くらい前モデルという新しさで中古で出回る辺りにお得感を感じさせているが
リフレッシュパソコンのメリットが分からなくなってきた・・・。
そこそこ安くない、つまり2~3万ケチって中古にして5年で消化不良を訴えるのなら
新規で落ちモデル買って5年持たせた方が良くないだろうか。
え、同じ?あれ、何を期待していたのか分からなくなってきた・・・。


ちなみにパソコンの寿命をググってて疑問に思ったのだが
これはパンフチェックしている時にも思っていたことだが
基本的にパソコンは衝撃・熱・ほこり・水に弱い。
つまり長持ちさせるためにはこれらから極力避ける日常的な使い方が大切になってくる。

ノートパソコンではないから、衝撃や水が当たることはほぼないが
熱、ほこり。これは微妙だ。

で、仕様書を見てみると大抵のパソコンには「温湿条件」なるものがあって
富士通もNECも5~35℃、20~80%(ともに結露しないこと)

これ、おかしくね?
高い商品なんだし、精密機器なんだからもっと範囲を広げた技術開発に精進してくれよ。

日本の梅雨って結構結露しやすいし
下限は都内だから5℃でまあいいけど、地方はさて、どうだろう。
最近の夏の猛暑では外気温で35℃などざらである。ということは当然室内は更にそれを上回る。
何そのギリギリの耐久条件。

食品だって結構な余裕を持った消費期限とか設定しているのに←比較対象が庶民
何でこんな35℃なんて恵まれた条件しか想定しないのか?
夏は使うなってことですか。

製造機器メーカーさん。
パソコンは是非0~40℃の耐久実験のマニュアル化を希望する。

高額商品なだけに迷走は続く・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ info ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/570-be21eb14
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。