Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*03*08(Thu)
秘密 メロディ4月号感想6(これからのこと1)
ここまで読み進めてきて次に気になってくるのは今後の展開。
事件そのものとハシムくんについては
物語が完全に収束してから考えることにしますが、まあ恐らく軍事関係の密約だったんでしょうね。
舞台の国際情勢とかよく分からんけど
2060年代でも日本の防衛機能が2012の現状維持だとしたら
軍事力と国益を条件に水面下の交渉なんてちょっと・・・・あれシャレにならなくなってきた(;一_一)

それ以外だともうここまで来たら心配事はみんな同じですよねw
現時点で気がかりなのは次の2点。
1・さて薪さんはこれで本当に救われたのか
2.第九の成り行き


まず1つめ~。
青木の情熱的抱擁で気絶する薪さんw
なんかコメ貰ったら色々考えちゃって。
前記事の時点で考えていたもう一つの考察(疑惑)なんですけど(^^ゞ
今度はちょっと別の角度から。

嬉しかったのだけは確かだと思う。
でも未だ穢れを知らない青木の「ご自分を責めないでください」という台詞は
「何も知らないクセに・・・」と胸を締め付けられたとも思ってしまう。

それでも的を得た計算のない青木の気持ちは
ちゃんと伝わった筈だ。
あの場であれ以上の嬉しい言葉ってないよ。
まだまだなクセに勝手なこと言ってんなよなんて思いつつ
心配してくれた気持ちが嬉しいんだ。

だから薪さんももう一度生きてみようと
素直に思えたんだろう。
「まだしばらくそちらにはいけない」って。

それはようやく自分を解き放てた瞬間だったとも思えたし
克洋くんのこともちょっと棚上げして
自分のこと好きになれたんだろうなって思った。


だけどそれで本当に過去を乗り越えられたか?

そこに疑問は残る。

あの時青木へ抱擁を返さなかったのは
降り注ぐ優しさを感じて受け取りながら
天の克洋君へ向けて手を差し伸べたのだと思った。
青木に無防備に甘えさせてもらって
安心して克洋君へごめんが素直に送れたのではないかと思う。
それがまあ99%。

だけど残りの1%で
青木に「ありがとう。でもごめん」って意味があったのではないかとも
チラリと脳裏を過ぎっている。


何故なら私がそうだから。

だって誰に何を言って貰おうと
殺した事実は変わらないじゃん。

青木の気持ちは嬉しい。
この世で誰かが自分を必要としてくれているのなら
もう少しこちらで生きなきゃな。

だがだからと言って殺した罪が消える訳ではないのだ。
そのまんまの自分を受けとめてくれても
それが殺した罪を帳消ししてくれるとも思えないんだ。

だから気持ちは受け取っておくけど
抱き返すだけの資格はないっていう拒否の可能性も残っているよなーって思う。
青木が与える気持ちが穢れ無さ過ぎて
申し訳なくて受け取れなかったのではないかと。
沢山の感謝を抱きつつも
自分のその罪深い手でこの綺麗な青木に全面的に縋るのは
余りにも申し訳なさすぎて
抱きしめられなかったのではないかと思ったんだ。


ずっと死に場所を求めていたのは
本当は克洋くんの所へ一刻も早く行きたいからだ。

何故行きたいのか。
逢いたい理由は何か?

薪さんが抱える沢山の罪の意識の内
克洋くんの射殺がやはり一番深手だろう。
ごめんねって早く言いたいんだ。
赦してもらいに行くのではない。
赦されなくても早く謝罪しにいきたいのだ。
この胸の苦しみが自分を急かすから。

<4月号感想1>で書いたけど
薪さんには前から
この罪から逃れようとか救われようとか
そういう罪滅ぼしは一切感じられず
一生自分の罪として背負っていくのだという
潔癖な気迫が感じられるんですよね。
まるで克洋君に直接謝るまでは贖罪するつもりなはいと決めてしまっているようで。

だからここで青木が何を言おうと
自分を許すつもりは最初からない気がするんだ。
そうじゃなくて
もう少し耐えてみようっていう勇気を与えられたんじゃないかなと思う。

そして甘んじて罪を受け容れるために
今は克洋くんには手を伸ばせないっていう意味を掛けたんじゃないだろうか。

周りが許そうが自分が許そうが
殺した事実が変わる訳でも
死んだ人間が元に戻る訳でもない。
そういう潔癖というかストイックな部分が薪さんに見えるんだ。

要するに頑固なんだよね。
理由はどうあれ殺しちゃったもんは殺しちゃったんだって事が
どうしたって頭から離れない。
どんなに理由付けてももう死んじゃったんだもん。
青木の言葉がどんなに嬉しくてもやっぱ受け取れないよ。
人を殺したことには変わりないんだもん。

そんな風に私は殺した罪を背負っていくので
薪さんもこれで自分を許せたかどうかは実はちょっと疑問なのだ。


それでも前記事で薪さんは救われたんじゃないかと思ったのは
そう思えば私もいつか救われるかなと思ったからだ。

もちろん凄く嬉しかった筈だと前置きした上で
何も知らない青木が「もうそろそろいいじゃん」なんて言った程度で
薪さんの5年分の重みが消える訳ないじゃんとも思った。
何にも分からないくせにと青木を詰った。
でもそれじゃ余りに哀しいから(>_<)

でも逆に本当にこれで薪さんが自分の罪を許す気になれるのなら
私も殺した罪をいつか少しは軽くさせられる日もあるのかと思える。



二つめ~。
そんな第九の今後。
こんだけ大きな不祥事になってしまうと
全国展開を呑気に進めるなんて今更できるのだろうか?
まー私としては現第九メンバーで元の定位置に戻る展開は望む所なんだがw

今の状況じゃ大手を振って笑顔で新天地へってのは無理がある。
だからといって薪さんだけいなくなるラストは辛い。
「あの人は第九を守るために戦ってくれたんだ・・・」とか
回想録で語り継がれるのも
何かちょっとヤだぞ( 一一)

ただ薪さんの中では第九を去る事は前提だったみたいじゃん?
信頼のおける上司とやらの交換条件で第九を去るという
受動的な意味合いが強いのかと思ってたけど
合法的な手段しかとらない訳ではないという台詞。銃の乱射。
今となっては最初から能動的に第九を去るつもりで
むしろその上司をそれに利用したともとれてくる。

様々な罪状が及ぶ今の状態で
あの上司の人がどこまで薪さんを擁護できるのか疑問だけど
「第九に戻れなくならないように」と奔走した岡部さんの想いを考えると
全てを無に帰すのもどうも惨い結末な気がする。

それに客観的に見ると
第九は今回の汚職や紛争に道具として悪用されただけの
とんでもないとばっちりじゃん。
第九を最初から潰そうとして狙われ標的にされた被害者ですらないじゃん。
なんだか不憫だよなぁ・・・・こんな結末。


でももう箱は出来ちゃっているっていう設定だったよね。
税金投入済みかぁ・・・・<(`^´)>
だったら稼働させなかったらさせなかったで
世論の反発も痛い所だねぇ。

ここで思い出すのは
この計画を持ちかけた薪さんが
「もう第九は私がいなくても生き続けます」と断言していたことだ。

こうなること知ってたんだよね。
あの時点で自分の取る行動も決めてたんだよね。
となるとタッキーの殉職は想定外だとしても
自分の情報漏洩罪と警察官の大量処分になる不祥事までは
明察出来てたんだよね。

その上で未だ第九の未来を信じれる根拠って何だろう?
もしやこれこそが
あのハゲ上司への頼みだったのか?
もしかして薪さん未だ何かカードを隠し持っていたりするのか?

うわぁぁ~なんかすげぇぇぇ・・・どこまで見通してたんだろ。このヒト。(@_@;)


まあ第九の未来ってさ
死んだ脳をMRIで画像化する技術だが
犯罪者が皆犯行後脳を潰すようになったら捜査できなくなる訳で
誰かが現場を見ていた、それこそお天道様が見ているぞという位の
威圧できる権限にまで発展させるには
どうしたって生きた脳をMRIに掛けられ再現できる位の技術レベルまで
進歩・革新しないと
先細りしてしまうよね。

そこまでくれば無駄な取り調べ・曖昧な供述とか省けるし←笑
状況証拠だけの立件となってしまう事件でも
目撃証言が立派な物的証拠に変わるもんね。

あ、でもそしたら目撃者の命の危険度がハンパなくなるか。
秘密を喋った後も視覚者のガードは必須になってくる。
一生の身辺警護まで税金投入だとなると
一体どこからその資金を調達するのか。

税制対策は国民に第九税が掛けられていそうだ。


まーそんな未来より目先の未来ですね。
事件直後のみんなの反応とそこからの運命。
文字だけ解説とか映像だけで暈かされるのもちょっと嫌だなぁ。
こんなに一緒に戦ってきたんだから
どうなっていくのかちゃんと見てみたいぃぃぃ(^^ゞ



青木の情熱的抱擁wについての考察99%の方がコレ↓↓↓
感想5(薪さんのこと)
関連記事
スポンサーサイト
[ end game ] CM5. TB0 . TOP ▲
COMMENT


>それでも的を得た計算のない青木の気持ちは
>ちゃんと伝わった筈だ。
>あの場であれ以上の嬉しい言葉ってないよ。
>まだまだなクセに勝手なこと言ってんなよなんて思いつつ
>心配してくれた気持ちが嬉しいんだ。
>だから薪さんももう一度生きてみようと
>素直に思えたんだろう。
>「まだしばらくそちらにはいけない」って。
>それはようやく自分を解き放てた瞬間だったとも思えたし
>克洋くんのこともちょっと棚上げして
>自分のこと好きになれたんだろうなって思った。

そうですよね。そうです。
ただ、薪さんはどう思っていようと読んでる方は
最初から薪さんのことずっと赦しているどころか
責めていないし、ずっと大好きで心配して幸せになってほしいって
1000%思いながら見つめているんで
これじゃ足りんと思ってしまって
彼には生きる力だけじゃなくて
個人的な生きる喜びも与えて欲しい
と私が欲張ってしまうので
そこで、思考が停止してしまいがちです。

薪さんは、ただでさえ酷い罪悪感にさいなまれているのに
生きてても
苦しいことが重なっていくばかりで
早くその苦しみから逃れるために
死ぬのに丁度いい理由がやってくるのを
待ってるのではないかと思えていたたまれませんでした。
少なくとも生きる勇気を与えられた
それだけでも良かったと思わなきゃいけないんでしょうね。

いつか時間薬が少し効いて
近寄ってくる幸せまでもシャットアウトしてしまいそうな
心のバリアに
小さな穴が開いてくれればいいと思います。


Part1の方をコピペしなかったのは、
個人的なご経験による思いも仰ってらしたので
それをベターと貼り付けては無神経ではと
思いました。

あの、私、文章まとめられないんで
コメント欄に字数限内で書ききれないんです。
今日、私がUPした記事はもくず様の99%の方を読ませていただいた上で
私事を入れて書いた事です。

軽はずみな事は言えません。
でも、
もくず様の心の痛みが、少しでも和らぐ日が来ますようにと
心から思っています。

2012/03/19  | URL | maki9 #cIM.Kk6E [edit]


>maki9さま
こんばんわ!コメントありがとうございます(*^_^*)

ホント薪さんにはもっともっと幸せになって欲しいですよね。
生きる気になっただけでは救われたとは言えませんよね。
それが現実なのかもしれませんが
これが幸せへの最初の扉であるのもまた確かなので
微かな希望を期待したいです。


> Part1の方をコピペしなかったのは、
> 個人的なご経験による思いも仰ってらしたので
> それをベターと貼り付けては無神経ではと思いました。

気を使わせてしまいました・・・・ありがとうございます<m(__)m>
その点については全然お気になさらないでくださいませw
このブログのものは全部もうネタ程度の感覚で捉えて貰って構わないです。
この件について真剣に向き合ってもらいたい時はちゃんと言いますから。
だーいじょーぶ!

(そのための専用ブログがもうあります。ここにはリンクしていないもう一つの愚痴ブログです)
心配してくれてありがとうですw


> 今日、私がUPした記事はもくず様の99%の方を読ませていただいた上で
> 私事を入れて書いた事です。

先程読ませて頂きました。生きていると色んな事があるものなんですね。
偶然とか運命とかドラマの比じゃないです。
傷痕のない人間なんていないのかもしれません。
人の秘密って誰でもどれもとても重いんだと感じました。

人は皆その秘密によって翻弄されてしまう生き物だから
秘密がいくら穢れた物でもそれで本人が穢れる訳ではないと
青木は信じたいのかもしれませんね。

もちろんそれで薪さんが納得するとも思えませんが(笑)
2012/03/19  | URL | もくず #- [edit]


>maki9さまw
何か色々お手数をおかけしてしまったようで本当に申し訳ありませんでした<m(__)m>
その後「1」の方も掲載していただけたのですね。
すごく光栄です(*^_^*)

アンダーラインがなくなっちゃったのがちょっと淋しい・・・(笑)

でもそちら様で丁重に紹介して頂いたお蔭で
一時期的に当サイトも大分賑わいました。
本当にありがとうございました。

絶対11人じゃないですよ!
もっと沢山の方がmaki9さまのブログを訪問されているようです。
そのような素敵なブログで取り上げて頂き本当に感謝しております。
ありがとうございました。
そしてその恩恵に大分便乗(笑)させていただきました(^O^)/


秘密が終了するまであと一ヶ月半。
単行本で完結するまで多分3ヶ月くらい?
それまで秘密ブログとして運営していくつもりです。
その間どうぞ仲良くしてやって下さいませ(^^)

またお邪魔しにいきます(^^)/
2012/03/20  | URL | もくず #- [edit]


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/22  | | # [edit]


>青木の懸命さ

青木が懸命に訴えた事は全部薪さんに伝わったと思います。
それに薪さんも沢山の愛情を向けられて嬉しかった筈ですよね(*^_^*)

確かに薪さんは潔癖で強固な意思を持っているから
純潔な青木を汚したくなくて触れられなかったのかも。
それでも死を思いとどまったのが精いっぱいの答えですし。
それが全てですw
本当に生きてて良かったです(^^)

人の気持ちが伝わる瞬間って本当に綺麗ですね。



>ハゲとの約束

そこが問題です。薪さんは何を密約したのでしょう。
次回のメインだと思いますが今からハラハラしていますw



>青木の未来

えーっっ!!!それはアリなんですかーっっ!!???
え~何かヤだな(笑)

でもしかし今のままだと青木の何処が成長したんだというツッコミもまた確かなので
その位時間軸を飛ばすのはやってくれちゃうかもしんない・・・・(@_@;)

おっそろしい未来ですな(◎o◎)!



>問題は薪さん

とぉーぜんっっ!!私もですっ!!そこですよそこ!
薪さんが笑ってくれるならもうそれでいいです❤
2012/04/22  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/57-6d5f61c6
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。