Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
2014*01*11(Sat)
チームバチスタ4螺鈿迷宮 第1話感想
ちょー面白かった!すっげー楽しかった!出だしとしては満点でした~!
このドラマは白鳥さんとぐっちーの2大柱でなんとかなっちゃう物語ですからね~。
二人のやりとりにくっそ燃えた!!

そして速水先生かっけぇぇぇ!!!!
登場シーンのカッコ良さったらっ!!

あぁぁ。ちょっと落ち着こう自分・・・。
新年一発目のドラマがコレだなんて私を脳殺させる気ですか。


まずドラマとしてはまだよく流れが分からないですけど
不穏な空気感でバリバリ煽ってきていて
その辺のスキルは流石。
これでもかってほど意味深な展開てんこもりっ。
展開スピードも早くコミカルな会話に徹底してた脚本もGOOD。
そのテンポの良さで一気に引き込まれる~!
そして東城医大からのドクターヘリ要請。
医療モノとしての緊迫感演出も満点。
同時に僻地医療の現実や家族経営の特徴も匂わせていたのは今後の伏線ですかね・・・?
とにかく出だしとしては合格点です。

何より基本構造はしっかりしているドラマなので
その辺を崩していないための安定感はハンパない!
相関図も明確で単純。
白鳥さんとぐっちーの物語上の功績評価の高さとか(そこまで有名コンビなのかーとかw)

「で、こちらの田口先生はバチスタスキャンダルを初めとして数々の難事件を白鳥くんと共に
 解決してきた名コンビ、だよな」

オールドファンにはニヤニヤしてしまうシーンだった~。
これから二人で立ち向かうまでの対立図式明確化までの第1話という締まりの良さも完璧で
とっても洗練された内容でした。

・・・・けどそういうスターター的な部分は後付けで
私としては白鳥さんとぐっち―のやり取り聞けただけでもう大コーフンですよーっっ!!(//∇//)
帰ってきたぁぁあ!!!
やっぱこの二人揃ってこそのバチスターっっ!!
主役2本柱がクオリティ高いわ。
もう何も言うことない~っ。o(≧y≦*)(*≧y≦)o


衝撃の再会はまさかの初対面演技。
「確かにちっちゃいけれど本人の聞こえる所で言うと失礼ですよ」

「やっぱり白鳥さんだ!」
「デカイ声で・・・」
「白衣なんか着ちゃって、ここで何してるん・・・」
「自分サイズの声を出せ。」

でもやっぱり失礼な暴言www

カーテン開けたら窓から登場とか爆笑したよ!
「相変わらず無駄にポジティブだな!田口公平!」

「白鳥さん・・・やっぱりちょっと意地悪すぎますよ・・・」
「アクティブフェーズだよ。忘れちゃったの?」

じゃんけんさせて手の平をメモ代わりにするとかネタがね。もうオールドファン向けですねっ!

つーか相変わらずの白鳥さんのずうずうしさと
それを許容しちゃいつつ理解しているぐっちーと
文句云いつつ肉食うの手伝ってるしww
相手を怒らせて本音を引き出す手法を一瞬で悟ったぐっちーの表情とか
その煽り方の白鳥節とかw

ぐっちーの家に入り浸る白鳥さんって構図が好きだったから
アパート押しかけるなwとは思ってたけど
いきなりアパート簡単に見つけられちゃうぐっちーサイコー!
見ているだけでナイスコンビ~!d(≧∀≦)b

あぁぁ、だからちょっと落ち着こう自分・・・。

んもぅ~とにかくこーゆー小ネタをしっかりと継承しているのも安心しました。
そして演技的にも役がぴったりな二人なので、見ているコッチも戻って来たな~というこの感動。
ノリノリで二人の楽しい掛け合いがコミカルタッチで披露されてて
んもーイキナリおなかいっぱいですよ!!



問題の内容の方ですが。
今回は舞台が東城医大ではないということで
白鳥さんがぐっちーを誘って潜入でもすんのかと思っていたら
偶然かー!
でもあの病院長が何も知らなかったとも思えないので二人が知らないだけで
出会ったのは策略だったと考えるのが自然だろう。

白々しく初対面を気取る白鳥さんwww
こーゆーふてぶてしいトコ大好き~。

このまま素性を隠して探りを入れていくのかと思いきや
放射線科医が消えたことでイキナリ事態は急展開。

いざ口上を述べる時!!
言ったーっっ!!
「厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長・兼 終末期医療多面展開施策室」
なっげーっっ!!
「肩書また変わった・・・」
ぐっちーのツッコミも健在ーっっww

この名乗りに因って桜宮厳雄VS白鳥・田口という構図が名実共に形成され
一気に謎解きモードに入りました。
こうこなくっちゃね。
一気にこっちもワクワクモード全開!


一方で病院長の桜宮厳雄がそれほど悪者に見えないのがちょっと拍子抜け。
柳葉敏郎さんだとどうしても脂ぎった闘志や悪意が見えない。
このキャスティング・・・・わざとなのかどうなのか・・・。
もしかしたら今回のお話は単純な自己利益や保身のための闇なんかではないと見るべき?

となると病院経営のための~とかこの村の医療を守るため~とか
ちょー薄っぺらい正義論しか浮かびませんが・・・。
その辺はもうちょっと踏みこんできて欲しいです。

ただ、立花さんが訪ねたドアの向こう側を敢えて映さなかったことからみて
これで厳雄が主犯だなんてちょっとミステリーとしては有り得ない。
どう考えてもトラップ。
仮にこの時部屋にいたのが厳雄だとしても
その時点では事件は起こらなかった、とか何らかの捻りはあるだろう。

いずれにしても飄々とした態度は悪くないが
ギバさんのイメージだとどうも最後に暴かれるラスボスって雰囲気じゃなかった。
だったら誰が主犯なのか・・・?となると
それ程、登場人物が多くなかったのが難点なんだって。
ミステリーって容疑者が開放的であればあるほど面白いものだし
クローズドサークルなら登場人物の多さは必須な筈。

今回の場合
家族経営ってことで業務に患者らが関わっているとは言え、事件にまで関わるとは思えないので
必然的に容疑者は数名に絞れちゃう。

となると話のメインは主犯を暴く事だけではない・・・?
ここからどう魅せていくのかが腕の見せ所ってとこですか?


その他で言うとセットが特徴的で印象的で素晴らしかった。
舞台となる病院がタイトルの迷宮を具現化しているかのように
和風なくせに洋風で
ちょっと暗めの照明で象徴的な螺旋階段を上から撮ったカットはすごく良かった。
まるで黄泉の国に降りていくような不穏さ・・・・。
こわいこわい。


いっやー!一気にテンション上がりました!ちょー嬉しいっ。o(//∇//)o
めちゃくちゃ楽しみにしていたドラマでした。
今後の展開もめっちゃ楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅢ-winter ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/561-f87358d3
trackback