Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2014*01*11(Sat)
そこをなんとか 8巻 感想
去年のリーガルハイからこっち、私の中で法律フィーバーが巻き起こってまして
そうだ久しぶりに読みなおしたい!と引っ張り出してきました。
そしたら2013年5月に出ていた最新刊を買い損ねてもいたことに気付き
いそいそと買って参りました。

この漫画は大好きで、というか作家さんが好きなので追っています。
でも買ってなかった・・・。(;一_一)
買わなくてもいいや~的な冷めた情熱な訳ではなくてですね。
とにかく一年に一巻出るか出ないかってペースだから焦ることもないかって思っちゃうんですよね。
気が付いた時とか何かのついでの時でいいかな、と。
初版本で絶対手に入れたいって程の熱意までは流石にこの漫画にはないし。
(ワンピとかはゼッタイ初版である)

案の定、年を跨いでいるのにまだ次巻出てなかったしw(しかも初版で手に入ったよ・・・)

久々に読んだらやっぱり面白かったのでちょろっと感想です。


随分前にも言った気がしますが
麻生みこと作品は“GO!ヒロミGO!”で私的殿堂入りしてまして(笑)
アレはもう完全永久保存版ですよ!
めちゃめちゃ好きだよ!
で、その流れでそこなんも読み始めたのですが
元々この人の作風が気に入っていることもあるためか
読み易いし一定の太さも骨格もあるストーリー構成だし
やっぱりすっごく楽しい!

特にこの8巻は予想以上に面白かったです。
らっこちゃんがヒロミ化してたよwww
この人の描く女の子は
内気で控えめな大人女子ではなく
こーゆーはっちゃけた規格外ガールがとことん光りますね~。

より可愛くなるし魅力的!
前巻までのらっこちゃんものほほんガールで良かったけど
今回はプラスワン的なパンチがあった。
そのせいか各話の密度もまたワンランク上昇していた感じです。
法律的な解釈としては特に目新しいネタはなく興味深い部分はなかったですが
らっこちゃんが法律の世界で頑張っている話はそれだけで楽しく
私的興味はばっちりでした!


>遺産の再分割
お宝鑑定の話はそのオチも含めこれまでの系譜と言う感じで
モヤモヤする所も残りましたが
それでもお宝切り刻んじゃうお母さんのシュールさが気に入りましたw
ざっくざっく。
うーわー。
大金の前に目の色変えて肉親の骨までしゃぶろうとする兄弟の醜さっぷり・ムカつき感と
お宝価値の本質を問うかのようなお母さんの国宝に対する無礼さと無知さを兼ね備えた行動が
真逆のようでいて何気に類似のスタンスで
よく出来たオチだと思った。


そしてっっ。
私としてはその後の32話のわいせつ図画ネタと元カレネタが
めちゃめちゃツボった。
ひっじょ~~~~に気に入りました!
この人の脂乗った作品をみたかんじー!
マジ面白かった。一気読み。

>わいせつ図画
元締めが出てきた辺りで大爆笑。
「一種の福利厚生・・・?」
「今どき手厚いですよね」

↑これっ!これですよ!
麻生作品の面白さってこのカユイ所をピンポイントで突いた上に
巧みな言葉裁き!
こういう言い回しってあんまり他作品で見ないんだよな~。

そしてその流れでらっこちゃんは「わい図画犯に有名」になっっちゃったってのも笑えるwww
それをお得意様が出来たと喜ぶらっこちゃんwww
(この辺がヒロミ思考w)

おおーらっこちゃん、どう転ぶんだ?と思っていたら
わい図画犯の企みで
わい図画を全部見るハメに・・・w
あーあー弁護士はタイヘンねー~とか思っていたら
何とその中に自分のパンチラも入っていたというダブルパンチ。

あ、これで抜ける訳ですね。このお得意様から(笑)

その時の東海林先生とのリアクションの差もちょっとウケた。
東海林先生は元締めだのわい図画だのイキナリ聞かされて固まっちゃってて
らっこちゃんは無言の東海林先生の前で自己完結してくわで
そこがらっこちゃんだ!!

でも東海林先生に「その仕事は似合わない」って一言言われただけで
気持ち揺れちゃう辺り
まだ弁護士道模索している模様。
この辺の不安定さは新米っぽいし女の弱さでもある感じで
キャラクター像にブレがなくていい。

で、わい図画連鎖から抜けだしたらっこちゃん。
その理由が
「でもやっぱ何より、奴ら元締めんとこ再就職する気満々じゃないですか。
 改心しろ!そして働け!」
「おかえりらっこちゃん」

うーん。カンペキ。
1話完結の小話としてもカンペキな纏まり!
オチまで含めて見事な起承転結4段階構造!(そしてヒロミっぽいw)

こういうスッキリと洗練してきた作品を見るとプロ根性見せ付けられたようで
問答無用に惚れてしまうー。
すこーんと楽しい話でした。


>元カレ
続いての元カレ話は元カレのしょ~もないダラしなさの一方で
赤星くんと東海林先生とらっこの関係図に悶えました。
この3人が面合わせると恋愛モードが濃くなる。
アタックしてるのに不発というか空回っている赤星くんが不憫で笑ってしまったりw

特に目に付くのは
東海林先生視点のらっこちゃんと
赤星くん視点のらっこちゃんとの描き方の違いで
3人のベクトルの傾き具合がさり気なく滲み出ているところ。

例えば
元カレ亀山さんの、これまたびみょ~~~な人の神経逆撫でするような
それでいて無自覚な天然くんな部分に
赤星くんは彼のらっこ自慢にイライラしてるんだけど
東海林先生はらっこの尊厳とか本質を大切にしない無礼さ加減にイラっと来ている訳で
そこからな~んとなく
盲目的ならっこ信者な赤星くんと
人生の伴侶しても必要性を見出せそうな東海林先生と
対照的だな~と感じてしまう。

言葉や説明じゃなくてってとこがまたイイんだよな~。
この人のこういう作風好みです~。

そのくせ夜道を二人で帰りながら「気に喰わん」と口を揃えてたりとか。
そうなると今度はらっこに対するナイト二人って図式が・・・w
色々、脳内妄想勃発です。
なんかオイシイシチュになってきた~。


その一方でタラシな元カレ亀山さん。
“らっこは可愛いよ”連発。
これでなーんとなくイイヒトではあるんだな~と読者に思わせ憎めなくしておきながら
その後そのタラシっぷりが暴走・・・・www

どんだけダメ男・・・・w

この彼の情けなさが加速して突き抜けて行くほどに漫画的に面白くって
爆笑してました。
この辺の暴走のし具合とか加減の無い展開ももろ麻生作品っぽいw
そういう所も大好きです。

らっこ・・・ダメ専か・・・w

一体何人の女にぶら下がれば立てるんだ・・・w(●ノ∀`)゚o。
「ホント情けない・・・」
「悪かったと思ってる(キリッ)」
「思ってたらちゃっちゃと謝罪文書く!全員同じ文面なんかだったら破り捨てるからね!」
「やっぱり楽子だけだな俺のこと叱りつけてくれるの」

この期に及んで言うことソレかーっっ!!
Mか。Mなのかw

そんな温い関係に最後はトドメ刺してくれた東海林先生・・・//////
かっこいいぞー!
「改世の今があるのは苦労して自分の足で歩いてきた結果だ。
 君があたかもそれに寄与したような物言いを止めて頂きたい。聞き捨てならない」

なんかコッチまでスカ―っとさせられました。
イイヒトなんだけと微妙に人の神経逆撫でする人いるよねー。
ここまで言って分かんない人もいるけどねー。


とにかく東海林先生が事務所を出てからが各段に面白くなってきたと思う。
当初の先輩・後輩関係に仲間内的なノリも感じて割と燃えて・・・萌えていたので
東海林先生が去った時はちょー淋しかった。
でも今の赤星くんと東海林先生とらっこの関係図が異常にバランスが良い。
それぞれが違う職場ってのも天秤として秀逸。
こういう展開になるならこれで良かったなぁ。(//∇//)

余談としては菅原先生が地味にイイ味だしてる~。
この辺はもろ麻生キャラですねぇ。


>スピンオフ『がんばれ赤星くん』
これまた面白かった!!
赤星くん。イイ男なのになー。

ってか面白かったのはそこじゃなくて
検察官と弁護士の結婚というネタが・・・w最高wwww

「すごいねー。両者の主賓席の間に広くて長い河が見える・・・」

「媒酌人は検事正だって」
「やっぱそっち立てるかー」

「何ださっきから何かデジャブる・・・」
「あ。裁判での起訴状の読み上げだ」

そしてこういう設定だからこそインパクトのある
「強面女検事が俺にだけデレるんだせ・・・」

ぶわっはっはっはっっ!!!!←抱腹絶倒中


「ついでに挙げてくか!」
「アゲてくか!・・・・二次会にむけて!!」
「うん。想定内。想定内。ヘコんでないやい」

赤星くんのこのすれ違いっぷりは最早ギャグ化してるから
不憫というよりは通常運転だね!ってかんじ・・・・w
でも挙げてくか!って声を掛けたコマの二人がすっごく可愛い!すっごくイイ構図!
らっこちゃんがコッチ向きで逆なのが素敵。
ちょっとドキドキしちゃうシチュっていうか。


いやいや。次巻が楽しみです。
春には出るかな~?

以下ぶら傍感想↓




<<Read more>>


>ぶらり傍聴日記
最後に!
恒例となっている「ぶら傍」←今巻で命名されていた
こっれが今回腹が捩れるほど笑った。

すんげーおもしろい。
今巻のネタでもあったわい図画裁判の4.50代元会社員の裁判が特に笑えるんだってwwww
アンタおもろすぎるがな!!

“妻との行為の間に写真を撮るのが趣味で” ←ナニ撮ったんだよw
“会社のプリンタでプリントアウトできることに気付き” ←何で会社なんだよw
“更に会社でラミカ加工出来ることに気付き” ←ナイス環境www
“更に写真に文字入れすることが出来ることに気付き” ←もろ同人発想
“それをばらまいた・・・” ←・・・・。

ば――――――か!!
私も言いたい。ばーかwww

ってか、あれだね。
すんげえ高品質なラミカが出来上がってんだろうね。(爆笑)
サイテーw

って、素性さえ伏せていれば漫画にここまで書いちゃっていいものなんだろーか・・・。
若干心配になってきた。

関連記事
スポンサーサイト

[ sokowo nantoka ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/559-630507cb
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。