Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*08*22(Thu)
DOCTORS2 第7話 感想
すぐるちゃんやべえぇぇw「お前は棺桶に入ったことないから言えるんだ。死ぬって・・・恐すぎるっ」
本当に棺桶に入るすぐるちゃんw面白過ぎるがな!
こーゆー死葬ネタは倫理的にどうなのとか思ったのは最初だけ。
もうおかしくっておかしくって!
鼻の穴に綿詰められちゃうわ、献花されちゃうわwwww
いっやー!笑った笑った!!

意気揚々と田代さんの元へ向かうすぐるちゃんw
もう自信たっぷりな自慢げな顔w
棺桶に入ったら恐いモンなしだと言わんばかりの復活ぶりw

「アンタはね・・・・俺に言わせれば拗ねているだけ!
 棺桶に入ったことないからそんなこと言えるんだ。死ぬって・・・・恐すぎる・・・っ
 だから死にたいなんて思う筈がない!」

なんじゃそりゃーっ!
そんなに体感しちゃったんかいっ。
情感強すぎwwwすぐるちゃんw
ってか決め台詞が「棺桶に入った」ってwww
普通誰も入ったことないよ!!!
ある意味すげえ説得力ある台詞になったと思うけどー!
見方に因っては
森山先生はっこーやって外堀から埋められていって相良先生に教育されているんじゃーないかと
ちょっと思うw

もうね。
この棺桶のクダリで全てが吹っ飛んだ。


そんなバカやってる毎度のすぐるちゃんの奇行と並行して相良先生の強かで強引な策略は進んで行く。
着実に駒は進められている横暴さはあるのに
乱暴な印象を抱かせない相良先生の人柄は確かに人が悪いなw
とにかくチーム森山を解体することが森山先生を崩す第一歩だと前回宣言した通り
今度のターゲットは高泉先生。

それを遠目で否定的な目で見ている皆川先生。
でもさー。相良先生の言ってることは唯の正論だから。
「僕のやり方を良く見ていて下さいね」とか
「実家を継いだら一番大事なのはやっぱり腕です。ヤブ医者だなんて言われたら
 開業医なんて一発で終わりですからね。そのためには勉強しないと」

ここがこのドラマの妙な所で
新人のドクターを育てるようなこのような発言をしていることが
そんなに眉を顰めることか?
深層心理に「病院の乗っ取り」があるから良い顔しないんだろうけど
でも言ってることフツーだから。
そんな意識が根付いていない堂上総合病院の方が可笑しいから!常識的に!

スタッフの意識改革を率先して行うことはむしろ好ましい行為な筈なのにね~。
それを危険な思想という見せ方をしながらドラマは進んで行く。
視聴者的には相良先生の味方な視点だから
病院サイドの奇行がますます誇張されている形になる。

それを象徴するのがシンボルである森山先生な訳で
その辺りの設定のアイディアは完璧。
全て狙った描き方なんだろーけど・・・・ちょっと何処か騙されている気は残る・・・。
無理矢理相良先生をスーパーな医者にしようとしているというか。

相良先生を何故ストレートなヒーローに描かないのかがこのドラマの唯一の疑問だが
こういう人だから病院内対立に平たい悪人退治要素を盛り込みながらも
奥深さを感じさせているんだなと思った。
相良先生のキャラが物語の単一性を薄くしているんだ。
なるほどね~。
このドラマは人物設定で成り立っているな。

病院改革へ着実に王手を掛けていく様子も分かり易く
悪人退治のような清涼感を感じさせる。
対する院長や学長がどこかすぐるちゃんを筆頭に抜けているのも
悪人退治に嫌味さを残すことなく素直に楽しめる。
うーん!見ていてコミカルな楽しさもあるし気持ちいい!

張り付いたような笑顔で序盤流してきた相良先生が動き出したことで
唯の薄っぺらいキャラじゃなくなって
そう言う二重の含みを持たせているキャラを沢村一樹が好演しているなと思った。
似合っている。さすが二期になるだけはあるわ。


あっさり相良先生に懐柔される高泉先生。
カンタンだなオイ。

同時進行で千住先生が先週からいなくなっていたことに今更気付くすぐるちゃんwww
今知ったのかよwww
ま~ぬ~けぇぇぇw
もーっ!もーっ!要所要所で笑いを押さえてきますなぁ!
抜かりの無い脚本だ・・・w
こーゆーオチもギャグも本当に素晴らしい出来。
笑わせ所からディティールまで凝った作りでそれが全部綺麗にハマってるのが凄いよもう。

ま~、確かに田代さんの説得が死とは何かという高尚なものから
ただの家族愛にシフトしてしまったことは否めない。
もっとすぐるちゃんが向き合っていた死とは何かの方向で盛り上げてくれたら面白かったのにィ!
・・・・が、このドラマの個々の患者の事情など最初から添物に過ぎないわーっ。
なので軽~くスル―。
(そーだよ、だから序盤戦はもたついていたんだ!このドラマ医療内容を描くのがヘタクソw)

そう!相良先生がヘラヘラ笑顔を貼り付けているだけだった前半戦は
ドラマの締まりも悪く(すぐるちゃんだけが面白く)
無個性で何が良いのかまったく分からなかったのが
前々回、動き出すと宣言してから一転
このドラマは本当に面白くなった。
センスも良いしテンポも良い。

ストーリーもドラマ序盤のすぐるちゃんフィーバーwを引き続けつつも
のほほんとした病院関係者達が急激に剥き出しなっていく。
物語も急速に加熱してきた。
面白い程に相良先生の思うまま!
そして徐々に完全別路線であったすぐるちゃんのラインも本筋に接触し始めてきて・・・
巧いー!
こーゆー所は見事にじっくりと練り込まれた脚本だと思う。
話の方向性に独自性があるわ。
もっと序盤からこんな風に飛ばせば良かったのにィ。

展開が読めるとは言えそれを補うだけの含みが立派だ。
いやぁ~wこのドラマ急激に面白くなりました!
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅡ-summer ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/448-6f970ae7
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。