Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*07*10(Wed)
踊る大捜査線ブルーレイ特典ディスクと隠し特典 感想
一昨日のスマスマ。織田裕二さんがビストロゲストでちょっとガン見しました。
「踊るもうやらないの?じゃあ俺がやろうかなー」
「だったら俺がやるよ!他のヤツがやるって言うんなら俺、やるよ。」にウケました。

あと「何でも封鎖しちゃうんですね」
「あのねぇ。普通封鎖しなきゃ撮影出来ないよ!」wwww

それから織田さんの口からの「カンチ」に軽く萌えたw
SMAPネタとしては中居くんの食べ方とか木村くんの災難とかw
色々あって面白かったんですが
香取くんのモノマネにハンカチ投げつけている織田さんに全てもっていかれましタ・・・(笑)

オンデマンドで踊る配信中らしいですね~。あとWOWWOWで集中放送されるみたいですし。
深夜に宣伝してた。なんで今なん?
FINALSETーBDの特典ディスクは全部で3種類。見ましたよ隠しコマンドまで~!


特典DISC1~メイキング
ラストTVとファイナルを撮影した4ヶ月間をダイジェストで振り返る映像。
織田裕二さんが青島コートをぱっさぁーっと羽織るシーンから幕開け。
やってくれるわ。モロ踊るスタートって感じの入りやん。
狙い過ぎ。(でもカッコいいんだよなぁ)

途中インタビューなんかも交えながらナレーションが付いて進むんだけど
別にコレといって目新しい話題はなし。
みんなどこかで聞きかじったような話。
なので個々をクローズアップすると大したことない映像なんだけど
最後までまとめて見るとなんか不思議な感動が湧く。
インからオールアップまで見せられるからかなぁ?
これで終わりなんだなーっていう寂寥感・・・?妙に感慨深い。

印象に残ったのは
和久さんの「なーんてな」をどう言っていたかなぁとか
織田さんと柳葉さんと監督でモニタ見ながら談笑しているシーン。
あと多分東北弁について思い出し笑いしてるってトコかな?
織田さんが何かお願いして、やだよ~と笑っている柳葉さんとの雰囲気がいい。
撮影楽しそー。

あと二人が湾岸署で敬礼し合うシーンの撮影。
これって敬礼はアドリブだったの?
「ここで俺も?・・・・照れるなぁ」と言っている柳葉さんがかわいかった。
二人が向き合っているシーンで照れられたら
見ているコッチが照れるわっ(/∇\*)

ちょこちょこ挿まれるインタビューでは
撮影中、織田さんと向き合うシーンの度に「あー青島がいるー」と
何度も思ってしまったという香取くん。
すっげー分かるよっw
織田さんはコート羽織ったらもう青島にしか見えない!w
羨ましい・・・////

オールアップのコメント。
小池くん役の小泉孝太郎さん。
「まさか被疑者になるとは思いませんでした」
鳥飼さん役の小栗旬さん。
「個人的に青島さんと室井さんの間に立つことが出来て満足です」
この二人だけは良い切り返しだと感嘆したwウマイっw(*≧▽≦)bb

オールアップという意味では
青島・室井ツーショットシーン終了時に二人ががっつり握手していたのがちょっと・・・/////
はぁぁ~ん。(//∇//) この二人の軸が踊るを引っ張ってきたんだよな~。


特典DISC1~オフィシャルインタビュー
よくある他のインタビューや対談と違ってテーマを絞り短く纏められているので
とても聞き易く楽しめた。
でもやっぱり内容自体はフツー。
ただインタビューはファイナルのポスター前で行われているんだけども
アップになる度丁度スリアミの部分だけがバックにピックアップされてて
ちょっと笑っちゃうんですけどー。(≧∀≦●))
真剣に答える演者の後ろでおどけているスリアミの絵ww
こんなところまでwww
これワザとですか。

以下印象的だった部分だけを。

★織田裕二さん
“青島俊作という存在について”
自分の演じたキャラクターはみんな自分の子供みたいなものだけど
コイツは結構長くいやがったな~。
末っ子がいつまでも家にいてつい可愛がってしまった感じ。

わっかるなー。ってかお前が言うなって気はするんですけども。(○´艸`)
青島くんってつい可愛がっちゃうような人懐っこい可愛さがあった~。
そーゆー愛らしさを出せたのは織田さんならでは。絶対!
踊ると一言でいうと「部活」

★柳葉敏郎さん
“室井慎次という存在について”
「あいつは親友」だそう。これは色んな所で言ってますよね。
「彼は成りあがりですから俺が東京に出てきた想いと一緒」
これって生年月日や出身地まで演者とリンクさせた踊るならではの感覚だよな~。むふふ~。
踊るを一言でいうと「祭」

★深津絵里さん
踊るを一言でいうと「終わってほしくないゲーム」

★ユースケさん
「演技とか出来ない内から入った役なので真下は俺ですよアレ」
この人ほんっっと面白いなー。(≧∀≦●))
踊るを一言でいうと「もう僕の人生そのままですから」

★伊藤淳史さん
和久くんのキャラについて語っている彼を見ていて
そう言えばもう少し和久くんのキャラを背景的に掘り下げたり色付けして欲しかったな~と思った。
だって折角あの和久さんの甥っ子っていうナイスな設定だったのに。
もったいなかったな~。
踊るを一言でいうと「複雑なもの」

★内田有紀さん
踊るを一言でいうと「大ファン」

★小泉孝太郎さん
彼が「小池くんに何が合ったんだろうって想いを馳せた」という話を聞いてて
初めて、あ、そっか。ファイナルで出てくる5年前の事件ってOD2の後の話なんだ!
ということに今更気付きました。(今頃)
ってことは
レインボーブリッジのあの「リーダーが優秀なら組織も悪くない」という
名台詞(と言う名の大告白)を聞いた後に
上の指示に抗いきれず挫折したってことになるのか。うっわー・・・。(@_@;)
ちょっと背景が意味深になってきたわー。(ホント今更だが)
踊るを一言でいうと「数年に一度訪れる一大イベント」

★小栗旬さん
「青島さんと室井さんが見つめ合って二人で想いの
 交換をするようなところに割って入るってシーンで
 なんかちょっとスゲーとこしてんじゃねーか俺!って思った」
wwww。・"(>∇<)"・
うんうんw分かる分かる!あのシーンはイイです!
鳥飼さんを全く視界に入れない、室井さんしか見えていない青島くんに萌えたもんです!
小池&久世&鳥飼では道を踏み外してしまったのに何故室井&青島はブレないのか?
そういうこと考えるとひたすら萌える~~。むふふ~。
踊るを一言でいうと「チャレンジと我慢をしている作品」

★スリアミ
3人纏めているからもうめちゃくちゃだがな!
ハイハイ。これはオマケで撮ったんだな。うん。w
「台本を貰ってどう思ったか」
「ラストTVの台本と一緒に貰ったからごちゃごちゃになりまして」
「もう区別ついたね。撮ったから」
「うん」
踊るを一言でいうと
神田「生活が変わったよー」
袴田「認知され愛された」
秋山「感謝しております」

特典DISC2
これのレビューは・・・・要らない・・・かな。
試写会の映像/初日の舞台挨拶/現場リポート


FINALSET専用特典DVD
1.キャストのインタビュー
これもねぇ・・・みんな知ってる程度の内容でしたね~。
きっと何処かで絶対耳にしていると思われる内容。私は楽しかったけど・・・。
まあ手元に残しておいても文句はない内容です。

2.亀Pのインタビュー
これもきっと絶対何処かで一度は話している内容なんだろーなーとは思う。
でも私にとっては初耳だった部分もありかなーり楽しめました。
踊るが作られた経緯とかを時系列で話していて
亀Pのインタビューとなってますが本広監督と君塚脚本家も参加しての回想録。

まず製作部?の石原さんと仕事してくれって頼まれて
その石原さんから織田くんはどう?って紹介されて
織田くんに本広監督は今何してるんですか?って言われて・・・・
そしてタッグが組まれたった話が印象的。
選抜されたメンバーではなく人脈だったのかー。意外。

そのあと「織田くんが官僚はヤだ」って言うから現場刑事になったっていう話とかw
青島くんがキャリアだった可能性もあったのかーw
それはそれで・・・w んー、やっぱイヤかな~w

後は・・・・タイトルはT2のメタリックを意識したとか
サントラはM:1をイメージしたとか
本当は警察っていうのは事件に踊らされているっていう意味を後付けしたとか
そういう話が結構面白かったかな。

そうそう!いっちばん笑ったのがキャスティングの裏話!
テレビ放映前の製作発表でサンスポの記者に
「キャスティング地味ね」って言われたって話には爆笑!
うっわー!!!今じゃ考えられない面子なのにな!w(°□°)w

そもそも多くのキャストは
所属プロダクションへこの役に合うと思う人を紙に書いて投票してと依頼したとのことw
それもどうなんだwなんちゅーギャンブル!

そして最後まで真下役を誰にするか決まらなくて
テレビでユースケさんを見掛け、会うだけ会ってみようと連絡取ったら
当日入口の遥か彼方から
「いやいや皆様お目が高い!」って大声で入ってくるユースケさんがいたってwww
マジッすか!さっすがユースケさんw素で面白いぞー!ヾ(≧∇≦●)。。

会いたいって言っただけなんですけどって亀P苦笑してるし
本広監督は引いちゃっていたらしいしw
で、あそこまでヤル気見せてこられちゃったら断わるのも可哀想ってことで合格。
あはは~そっか~w役得だなぁ。((●≧艸≦)

そんなこんなで意外に長めのインタビューは
最後の総括として
結局踊るって“青島くんが現場へ去って行く物語”だって言っていたのが
最後に心に残りました。
何にもならないかもしれない現場にずっと“帰って行く”刑事でいること。
それは貫けたって。な~るほどなー。

3.タイトルバックの作り方
そんなの見せてどうしろと言うのかと思ってたらこれが割と面白かった。
今回のOPを担当した富士川祐輔さんが説明していくので
トークが下手で少々タルイのが玉にキズ。

“タイポグラフィと呼ばれる背景に文字を踊らせる手法を使っているのが踊るの特徴”
先駆けでもあったらしい。
で、ファイナルには本広・君塚・亀山の名前をこっそり入れてあるとのこと。
へー!それは気付かなかったー!w(°0°)w

警察手帳やらプロフィールなど
“犯人となった鳥飼と小池だけ少しカラーやデザインなど少し変えてある”
あ~うんうん。気付いた気付いたw
室井・青島らとは枠が違うって表現したかったのだとか。
犯人だっていうネタばれではなかったのね。( ̄m ̄*)

今回のOPは
ファイナルだからこそこれまでの軌跡を振り返るように青島が走り抜け
視聴者にも想いを馳せて貰おうと思いオーソドックスなものを目指したとのこと。
うんうん!正解だー!うれしー!
奇抜なもの狙われたってね、引くだけだってー!
このOPは本当にカッコ良かった!
時間を早送り・巻き戻しするスポード感とかまでサイコーだった。

4.踊る15years
これいい!この映像は良かった!特典の中で唯一素晴らしかったよ!(笑)
すっごいナイスアイディア~!。・"(>∇<)"・
ロケ地、つまり踊るの世界とリアルの間の倒錯した世界を垣間見た気がしたよ~。
後々見返すと絶対しんみりくると思う!これ!
何年後かに見返したい映像だ。

特に旧湾岸署!ね!
なっつかしー!というかやっぱ湾岸署っていうと私はコッチだなー。
そしてエンドロールのあの緑の小道。
かつての撮影地映像が懐かしい懐かしい。

車の中から織田さん「あ、本物だ・・・」
見れば東京湾岸署。確かにホンモノ。
え。そんなに近接してる場所なの?ここ。へー。


ところで話の流れで
OD3を始動した時の心境をちょっと織田さんが語ってて
踊る撮る気ある?って打診が来た時に
「やりたい気持ちはあるけど和久さんいなくなっちゃったからどうしたらいいか分からない」
他のインタビューでも和久さん役のいかりやさんがお亡くなりになったことが
かなり影響していたんだという話は良く耳にしてましたけど
ご本人の口からそういう話を聞いたのは私は初めてで
なんか、あーだからOD3から一気に雰囲気変えたのか~・・・とか思った。

和久さんの抜けた影響って見た目以上に大きくて
それは出演者の心境的にもその穴は大き過ぎただけでなく
同じ世界を続けるには辛かったのかもってことにようやく勘付きました。

だから心機一転を図ったのか~。一気にメンバーも変えて。出世もさせて。
なんか当時の必死に悲しみを乗り越えようとする想いが切なく(今更)
OD3で何でこんなに雰囲気変えたんだろうってちょっと残ってた私のわだかまりも
一気に萎みました。


最後に訪れたのは夢の大橋。
ファイナルラストで締めたここを観覧車に乗って上から見下ろす二人。
「あれ?繋がってないんだ!今知った!ここからここまでまだ開発が進んでいないんだよ!」
知らなかったー。俺ここ走ったのに!とウケている織田さんw
確かにぽっかりと空いているー。Σヾ(゚O゚)ノ
不思議な街だ~。
「この街は開発途中なんだ・・・」とかいうOD2の台詞が過ぎった。


一方、映像は軽部さんと織田さんがロケ地を巡っているのと交互に
柳葉さん・深津さん・ユースケさんとの会話も挿まれる。
10年後それぞれのキャラはどうしていると思う?という質問に
「室井はねぇ青島との約束がありますからねぇ。
 そこはどうなっているかは分からないけどそれでも青島との関係はどういう風に転がっても
 崩れることはないと思いますね」

はいっ私もそー思います❤( ̄▽ ̄)ノ
もう今更室井さんと青島くんがすれ違うことも道を違えることも想像出来ない。
もう二人で何処までも行っちゃってクダサイ。

「真下には子供が3人くらい欲しい。雪乃のこと一途に愛しているって踊るでは珍しいでしょー?」
それに大爆笑している柳葉さんw
OD2で「子供作ろう」ってプロポーズするってアドリブに
柳葉さんが大層大爆笑されて採用になったというこぼれ話を思い出しましたw


う~ん。まあまあ楽しかったかなー。
さて次は色々と物議を醸し出しているのファイナルコメンタリーを見るかー。

以下は隠し特典映像感想。ほんとクダラナイ・・・。(ノω`*)ノ"



<<Read More>>


一応隠しコマンドなので折り畳んでみました。
も~ホントびみょ~~~な内容だよ・・・。しばらく浮上出来なかった・・・w

特典DISC1~隠し特典映像
オフィシャルインタビュー画面の湾岸くん左から行けました。
大爆笑。色んな意味で!
あーのーさー!これ喜ぶヤツいんのかよ!要~ら~ね~~!あっはっはっっ!!!
もう色々意味分からんwww

特典は二つあってどちらも10分強のしょ~~もない映像。
ひとつめ。『ONE DAY OF HARD TOUGH POLICEMAN』
サトナカヨシオ(そもそも誰だよ)という警察官(当然湾岸署管轄内の交番勤務なんだろう)が
スベっている話。(ちょっと違う)
そして最後には君も俺と警察官にならないかと誘ってくる。

え。何。これ何かに繋がるの?ってゆーか湾岸署の勧誘VTR?ってこと?www
それとももしかしてこれまでのDVDの特典も見ていれば分かるとか
そういう内容なんだろーか?
このびみょ~な彼の行動がもう何とも言い難いわ。
しかも「交通ルールを守らないと大変なことになる」という後ろの垂れ幕www
大変なことってwwww
なんっって大雑把な文句!

これらは湾岸警察著TVというデザインの画面になっていて
左右にはインフォメーションが流れている。
よくよく見れば「暴力犯係がどじょうすくい大会で優勝しました。おめでとうございます」
「サンタクロースの恰好をした中年男性が逃走した」wwww
他にも湾岸署大会議室で卓球大会を行うから集まれだとか
そーゆーテロップが流れたりして割とウケるw
あーもー湾岸署ってホンっト騒がしい街ですね~w(ってことを言いたいんですよね?)

続いてイキナリ始まる湾岸体操。
いやこれ、もうどうしろと・・・。しかも3番まであるよ・・・・。
いやいやいや!3番のあの動きはできねーってっっ!!無理だって!!
何の体操だよっっ。


ふたつめ。『警視庁電脳戦士サイバー刑事 第4話撲滅!違法コピーDVD』
これもうタイトルからして訳分からんw
これを見させてどうしろと言うんだ!wフジテレビ!w

変身しちゃうのかよ!ヒーロー戦隊モノか!
サイバー逆探知?
なんっじゃそりゃーwwww
如何にも本広監督が悪ノリしそーな内容だ。

そしてまた始まる湾岸体操。
いやいやいや何でだよっ。


も~苦労して見せられたのがコレだよコレ!!!
あ~り~え~ねぇえぇぇぇぇ!!!!!(大爆笑)
最後の特典となればさー
室井さんと青島くんのツーショットとかさー
室井さんと青島くんのオフショットとかさー
そーゆーの入れてくれよぉぉ。
いっそOPのツーショットまとめとかでもいいっ
それがホントの隠し特典だと信じてる私でした(*∩ω∩)

関連記事
スポンサーサイト

[ RAP-踊る大捜査線 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/410-7123188f
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。