Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*06*23(Sun)
ガリレオXX内海薫最後の事件 もてあそぶ 感想
なるほど面白い!すっごい良かったです!上質なミステリーを楽しませてもらった感じ。
ヒロインが違うだけでこうも質が変化するものかというこの衝撃。
初代ガリレオが評価高い訳も納得しました。

愚直な姿勢を不器用にも変えられない内海だからこそ
対比としての湯川教授が映えるんだと思った。
真面目で遊びもゆとりもない彼女が真剣に向かえば向かう程湯川教授とのズレがコミカルに映る。
自身を曲げられない内海にとって教授の存在が救いにもなるだろうし。
そこに双方を光らせる絶妙な間が出来ていたのかなとか。
反面ちょっと地味なんだけどね。

生意気で何処か冷めた態度の岸谷では
湯川教授とキャラが被っているんだ。きっと。
心情ではちゃんと教授を認めている内海と違って何処か未だ噛み合っていない。
そこはこれから・・・・の話なのかもだけど。

以前も言った通り
私は初代ガリレオを見ていないので想像でしかないのですが
一度見ただけの内海薫の方が
面白いと思ってしまった。
演技もいいけどキャラクターがいい。
彼女と湯川先生のタッグでミステリーを見たい。

それに一人で生意気に頑張る姿勢は内海も岸谷もどちらも似たようなモンなのに
内海薫の方がどこか手を出したくなるような可愛さがある。
女の脆さというか。
バカ正直だからこそ愛されるのかなぁ~?
身勝手に振る舞い、周りが見えていない岸谷では
助けてあげようという心理にはならないなぁ・・・。(ーー;)


そんな内海薫のキャラを反映してか
ドラマも全編に渡って女子大生の延長っぽいウォームカラーな岸谷ver.から一転
暗めの空気感・泥臭い男社会・ダークカラーで統一された画面。
うおおぉおぉぉ!!!来たあぁぁぁぁ!!!Σヾ(;☆ω☆)ノ
いいっすねぇ!
この陰気臭さ!すっげぇいいですよ!

事件も最近の不思議ちゃん路線ではなく結構本格的な硬派刑事モノ。
冤罪と誤認逮捕から始まる心理対決。
うーん。
とても同じドラマのスピンオフとは思えないw
何このハード路線。
見事すぎる!ヾ(●>H<●)ノ


物語は上念という介護士が殺人事件に出くわし
まずワザと東京で逮捕されて嘘の証言をし
県警に送られてから嘘の自白を強要されたと供述を一転させるところからスタート。
警察同士の本庁と県警の派閥争いを逆手にとって
それを見越して警察を翻弄させていく。

出だしも巧い。
分かり易いカットで状況説明を示してあったし
スムーズに物語へ引き込めた。
何故取調室の音声記録がないんだとか、今は監視カメラぐらい付けるんじゃなかったっけとか
そもそも取り調べって一人で行うものじゃないよな、とか
ツッコミ所は多々あれど
そんなことはどーでもいい。

テンションの抑えられた内海の堅い表情や
それに合わせた派手ではないゆったりとした展開スピード。
大人のミステリーって感じ。
トロイとかダルイとかそーゆー感じはなくて
落ち着いたしっとりとしたミステリーになっていた。

うーわー。完璧だー。
っっっ!!こーゆーのだいっすきですよ~!o(≧y≦*)o

キーマンとなるユースケさんもまたいいですねぇ。(○´艸`)
敵か味方か、嘘か真か、まっったく読めない喰えない語り口。
静かな目線。
だからと言ってあからさまに胡散臭いとは思わせないこのキャラクター。
あ~ユースケらしいわ。
見事に騙された!


中盤に入り
人が人の何を利用して、何を信じるのか。
そういう人の強欲というか強かさとか、根底に流れる心理変化を
丁寧に描いてきているなと思った。
言葉とか設定ではなく
シーンや表情で高崎署長と内海の二人の女刑事をリンクさせて描いてきたのが
面白い。(≧v≦●)。。
二人の微妙な揺れ具合がとにかく巧いと思った。

そして意気投合したかに見せた直後、送致を決定。
本当はさっさとこの件を処理してしまいたかっただけなんだけど
「貴女を信じるわ」という一言で事件を動かそうとするこの頭脳的誘導作戦。

だけど内海もそれをちゃんと肌で感じ取って反撃。
「私を信じるふりをして私に責任を全部押し付けたんです」

うーおー!
オンナの戦いー!
どちらも酒を酌み交わした仲なのに溺れない所が痺れるわ~。
怖えぇぇぇー。Σ( ̄Д ̄lll)・・・・


事件的にもその後すぐ記者の河本まで殺されるとか
何気にハード。
ぬおおぉぉぉー!Σ(゚□゚*ノ)ノ

どうやら獄中自殺した誤認逮捕の事件も背景にあるらしいと物語を進めてくる。
この辺の伏線の張り方も気に入った。
少しずつ真相に近付いている感じが凄く出てて。

一方で
やっぱり上念が曖昧なキャラクターを貫いていて
真意が読めないのも引っ張られますね~。
告発メールを送ったのが彼だと判明して
となるとこの一連の騒ぎを起こしたのは彼だったってことになり
殺人を本当に犯していたらそんなことする訳ないから
じゃー目的は何だってことになる。

それがどう冒頭の嘘と繋がるのかな~って。
もしや真実を内海に調べ上げて欲しかったから嘘を吐いて気を引いたのかな~とか
思ってたし。

具体的にこの上念をどういうキーマンに作り上げてくるのかが
非常に興味深かったデス。

ふーむ。脚本が秀逸すぎるぞコレ。
丁寧な描写が多く、人物模様を微細に描いているなと思う。
目の前の上念の老婆殺しと、かつての誤認逮捕といい
複数の伏線を静かに絡ませているのもイイよ。


そしていよいよクライマックス。
記者の河本と内海が繋がっていると知っていたのは
関岡さんと当摩だけだった、という事実から
関岡が実行犯で高崎署長が主犯だと判明。

明瞭な設定持って来たな!
こういう理論攻めは望むところーっ。
関岡が怪しいとは何となく直前でぼんやり仄めかされて
その分内海が単独行動になるのでハラハラしたー。それなりに煽られた。

でも犯人逮捕の瞬間は大概がもっと盛り上げてくるものだけど
これはそーでもなかった。
・・・・と思ったら
その後にもう一つのクライマックスがっっ!!

成程!そーゆーことか!

上念は最初から事件の真相を知っていた。
そしてその物的証拠も握っていた。
だから自ら捕まることに何の躊躇いもなかった。
目的はただ一つ。
数年前自分を逮捕した警察への復讐劇にこの殺人を利用したのだと。

おおぉおぉぉーぅ!(≧0≦●)。。
なーるほどねー。
これでようやく初っ端から上念の喰わせぬ態度の意味が分かったわー。

「あなたはゲームの主人公になった自分を引き立てるためにあの二人を犠牲にしたのよ!」

うおー!Σヾ(*゚□゚*)ノ
殺害されたことを目撃してこれを利用して警察をコケにしようと思ってたのか。
美談にすることで自分の汚名を晴らそうとしたこの強かさ!
一見、同じ様に冤罪にされた老婆に同情してとか
彼らの無念も晴らしてやろうとちょっとは思ったんじゃないかとか
そういう心理的決意も途中までは過ぎっていたんだけど
あっさり外道なヤツにしてきたなー。
ま~いいが。

表向きは高崎署長の不祥事隠しが事件の真相であるのだけど
同時進行で
上念の復讐劇を描いてきたのが最後に話に含みが出てた。
そういうとこも楽しかったー。(=´▽`)ゞ


・・・・・ただなぁ!
ちょっと惜しいのが内海の安い挑発にまた乗って
しかも殴るってどうなの?
キレキャラなのかもしれないけど
ここまで頭脳的策略を見せ付けてきて、もうチェックメイト目前じゃないか。

なのに何で殴っちゃうの???
ここだけが納得いかないぃぃぃ!ヾ(≧皿≦;)ノ

証拠もないのだし
ここは理性的にニヒルな笑いでも残していなして欲しかった所だ。

「面白かったですよ。ゲームの参考にでもさせてもらいますよ」
「・・・・つまらなかったわ~あなたのゲーム。
 難解なだけでリアリティが全く感じられなかった。
 生身の人間はゲームのコマとは違うのよ?
 多分あなたみたいな人間にはそれが分からないんでしょうね。」

そう内海が挑発してもそれには乗らず
「だったら今度はリアリティのあるゲームが出来るんじゃないですか?」
とかナントカ言って欲しかったよー!o(>ω<)o
罪を認めたかのようなそうでないような微妙な台詞でさー。
冷静に対処して欲しかったー。
それでこそ犯人ってかんじなのにー!そうしたらカッコ良かったのにー!もー!(o ><)o


しかも内海も自分で仕掛けておきながら泣くってどーなの?
自分で挑発しておきながら攻撃をかわせないってどーなの?
悔しいってこと?
悲しいってこと?

いずれにしてもコレが彼女に無常を叩きつけたようで
内海はオクラハマ行きを決断することになる。
でもなんかちょっと同情も共感もできなかった。
うーむ・・・。o( ̄‐ ̄*)

もう少し別の設定持ってくることも出来た気がするんだけどなぁ。
例えば上念を説得したけど軽くいなされて己の無力さを感じるとか
上念のような強かなやり方が見過ごされていく現実にちょっと疲れたとか
何か他にあったでしょー。
ここももったいない。


その最後の最後の部分だけが惜しかったな~と思いました。もったいないっ!
でも事件自体はすっごく面白かった!ヾ(*//∇//*)ノ


余談。
途中ちょっとだけ出た湯川教授と助手がめちゃめちゃおもろかったwww((●≧艸≦)
蛍光灯は蛍光灯内の電子を加速させることで発光しているという仕組みで
外部から刺激を与えられた原子の興奮状態がもたらした現象であると。
へー。

そして続くこの会話w・・・いや、むしろもう漫談?が、ちょーウケた!!ヾ(≧∇≦●)。。

「それもう寿命なんじゃないですか?」
「科学者としては寿命かもしれないなぁ・・・」
「そんなことはない」
「先生・・・!」
「最近の蛍光灯の寿命は一万時間を超えると言われている」
「あ、そっち?」
「ちょっとした不具合や欠陥だけを見て全てを否定するという考えは余りに単純だ」
「先生・・・それ、もしかして僕らに勇気を?」
「勇気?」
「・・・・すいません・・・・電気でした・・・・」

あはは~w助手サイコー!!ヾ(*≧□≦*)ノ
ガリレオ2でも助手は充分面白いですが
何だろう、その温さが光っているかんじ。
物語そのものがシリアスになるとこーゆー部分の印象(効果)も変わるのかー。へー。


他にも当摩と内海の会話とかラブホのクダリとか
割とクスリとさせるガス抜き部分も適度に散りばめて合って
でも本編を阻害する程の大雑把な絡みではなく
さり気無くて
そういうバランスもとても良かったです~。ヾ( ̄▽ ̄)ノ
関連記事
スポンサーサイト
[ SPドラマ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/403-3ba61904
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。