Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*05*31(Fri)
刑事110キロ 第6話 感想
なんかちょっとジーンと来ちゃいました~。薄っすら涙目。こーゆー話に弱いです~。
じーちゃんの想いが切ない!見返りも優しさも何も求めていない直向きな想い!
まさかこんな切ない系でくるとはっ。
そりゃ人情話で続いているドラマですけど今回のは良かった。
最後慣れ合う訳でもなく別れていくとこが凄くイイ!

それにサスペンス的にもやられました。今回は!
犯人にやられた!まさかコイツだとは思わなかったです。Σヾ(;☆ω☆)ノ
冷静に考えればもうコイツしかいないんだけど
序盤のミスリードも巧みで
伏線というかヒントの小出し加減も上手だった。

ほら例えば金子と小畑が見ていたというテレビ。
これだって息子の上杉慶一の方へ注意が向くように画面が作られていた。
真犯人の広沢だって映っているけど
その後の映像とかモロ塾長寄りじゃないか。
時計をアップにしてみたり・・・。(時計も確かにキーワードだったけどさー)

モロ慶一が罪逃れを企んでいる、胡散臭いぞ的な演出だったよ~。。・"(>0<)"・。
だからこの時点で
・息子を庇って、じーさんが殺したか
・息子を庇って、じーさんが殺したことにしたか
・・・の二択かなと予想させられました。

そこからのヒントの出し方も丁寧で姑息だったw
少しずつ少しずつ広沢の協力に因って真相に近付いているかのように
ドラマは進んで行く。
非常階段・・・車・・・監視カメラ・・・血縁関係・・・息子のイジメ・・・

どれもが少しずつ上杉慶一を暴いていくように捜査を進めているように演出。
だから最後まで真犯人に気付けなかったです。
じーさんの供述通り凶器が発見され
続いて上杉慶一のアリバイまで証明された時にはもう驚愕。!(゚Д゚||)
マジで目玉飛び出ましたよっ。∑(〇Д◎ノ)ノ
うげえぇぇぇぇ!!!!
もう一回捻ってくるとは思わなかったよーっ!!o(*≧д≦)o
うおー!やられたー!Σ(゚□゚*ノ)ノ

・・・・・振り返ってみれば
確かにコイツ(広沢)ヤケに捜査に協力的だったよなーとか後になって思った。( ̄□ ̄#)

つまりこの事件って
広沢が上杉慶一に罪を着せるために仕組んだ工作が
誤解に始まり転がっていっちゃったんですね。o(>ω<)o

しかも最後に明かされた真実は
この上杉慶一塾長でさえ入試問題横流しという不正を行っていたというもので
彼もまた親父に振り回された被害者としてこなかった設定も面白かった。
単純に巻き込まれて
断絶していた親父に庇って貰えて再会っていう美談にすることだって出来たのに
もうワンクッション味付けすることで
物語に深みが増していた気がする。
うん。良かったー。w(°0°)w

そんな絡み合った模様を引きずってのラストの大団円ですよ。o(≧∪≦*)o

「ありがとう。あなたのお蔭で大事な物を失くさずに済みました」
「・・・あ。時計か。」
「・・・・あのまま不正な手段で合格させていたら取り返しのつかないことになっていた。
 俺の事命がけで守ろうとしてくれてありがとう」
「でも・・・・大事な塾が・・・」
「大したものじゃなかったんだ。・・・大丈夫大丈夫、だろ?」

この「大丈夫大丈夫」が劇中でも使われていて
遠く離れた父からの変わらぬ愛を演出。切ねー!o(>ω<)o
恨まれても嫌われても愛し続ける無償の愛っ!


これからは一緒に暮さないかと進言する息子。
それを強がって
「俺はお守は嫌いなんだよ」

微笑みあい双方に別れていく親子。
♫なーきーだーしーそうな 街を~♫

「ちょっとじーさん!・・・何で素直にありがとうって言えないんだよ?!」
「ガラじゃねぇからよ」
「息子のために殺人犯になろうとしたくせに」
「そりゃ違うよ」
「え?」
「俺は息子だから庇ったんじゃないんだよ。アイツが父親だからだよ。
 もう二度と父親の居ない子供を作りたくなかったんだ。
 ・・・・まあ、俺が言えた立場じゃねーけどさ。
「じーさん・・・・」
「でも、信じてくれてありがとう。・・・あばよ、刑事さん」

んーっ!んーっ!泣けるーっっ。薄っすら涙目ですよ~。。・゚゚(ノД`)
もう少し引っ張られたらポロポロ泣いてたわ~。

じーさんの想いが切ないっ。
ハッピィエンドだけど取り返しの付かない時間が重たくてねぇ・・・。。゚(゚*´Д⊂

逢えない息子のために無情の時間が過ぎていて、でも想いは一途。
自己犠牲も厭わず死ねたんだろうな、と思うと
その愛情だけは息子に届いて欲しいって強烈に思う。

そしてきっと今度こそ届いたんだろうと思うと・・・!(((((*ノДノ)
更に言うことにかいて「息子が父親だから」!!!!父親だから、だよ?!
息子だから、じゃないんだぜ?・・・何この一歩引いた抱擁的愛情。
こーゆーのに弱いっ。
こーゆーのに弱いんだってー。

こっちの感情が見事に操られて盛り上がって行くのも抑えずスムーズに補佐していくストーリーも
もう見事だった。
し・か・もっ!別々の道を行くんだぜ?あーもー駄目だぁぁぁ。


キャスティングの巧さもあったと思う。
じーさん役の人の良さそうな喋り口が凄く良かった。
滑舌はちょっと悪いけど
憎めない感じの温かい口調で。
そのちょっと独特の声質とか好感持てた。

太郎のこと「なんだ、でぶっちょ」とか呼んでる二人の掛け合いも良かった。

他にも子供達にからかわれる太郎のシーンとか
微笑ましくて笑っちゃったんだけど
実はここもちゃんと意味のあるシーンで
孫のけいた君サイドからの背景説明にもなっていた。

そういう細かい所、丁寧な作りだなってちょっと思った。
無駄なコマが無いのは巧いよ・・・。気ィ抜けない・・・。

一方、きうっちゃんと太郎のコンビは程良い距離感出来てますねぇ。(○´艸`)
もう少し太郎の理解に苦しむきうっちゃんっていう構図も見たかったんだけど
いつの間にか自宅へ普通に付いて帰る太郎に爆笑。((●≧艸≦)
いいっ!いいよっ!こーゆーの好きだー。
3人娘に愛でられていてニヤニヤ。懐きっぷりが可愛すぎるっ。(〃 ̄∇ ̄〃)
しかも一人でも黒髪ロングヘアーの少女という愛らしさが華やかなのに
×3なんだぜ・・・(◎ー◎;)
微笑ましすぎるっっ!!画面に花が飛んでいるっ。

職場ではゴンちゃんがイイですねぇ。ゴンちゃんカッコイイよ。o(≧∇≦)o
キビキビとした口調が気持ち良い。
キツネ顔の顔立ちと良く合っていて厳格で清廉な印象を作っている。
かといってガリ勉タイプの地味系ではない。
華はないけど、なかなか好感の持てる表情や雰囲気を作り出していると思う!

それがまったりとした太郎の雰囲気
果てはドラマの意図しているのであろうイメージを相殺せず
ちゃんと一体感できているな~と思った。


私的な総合評価は高い。
1話完結のストーリーセンスも良いし毎回楽しんでます。ヾ( ̄▽ ̄)ノ
テレ朝らしいクオリティ(サスペンスもの)ですよね。(*≧m≦*)
割と・・・・結構嫌いじゃないです、こーゆーの。
特筆すべき可はないけど不可もないって感じでイイ線行っているよ。♪(* ̄ω ̄)v


今日のひとこと
「また会おうぜ じいさん」ヾ(≧∇≦)ノ
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅡ-spring ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/389-0fe15e1a
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。