Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
2013*04*21(Sun)
世界の果てまでイッテQ イッテQ登山部エベレストへの道 感想
いよいよエベレストに向けてイッテQ登山部が始動しました~!
今回はその第一弾!「八ヶ岳アイスクライミング合宿」!!
待ってました~。最短で来春登頂計画とのこと。イモトがんばれ~。

っていうか石崎ディレクター出たーっっ!!!(*☆▽☆)w
あぁあぁぁぁ!!!まだ居たあぁあぁぁ!!!ヾ(≧∇≦●)。。(●≧∇≦)ノ彡。
あっはっはっはっ!!!
こっこいつ・・w懲りずにまだ居てくれたんだw居てくれてほのかに嬉しいよw

イモトが氷にへっぴり腰でへばり付いている時
ガイド「足!同じ所もっと蹴って!」
石崎D「へたくそ!」
イモト「あいつ煩せえな・・・」

石崎Dっっwwいつも置いていかれるくせに言いたい放題wd(≧∀≦)b
そして今回も同行する気満々な彼は
なんとアイスクライミングにも挑戦!
えーっ!やるんかいっ!Σ(・oノ)ノ

大丈夫か~?と思ったら案の定途中で挫折w
お約束すぎるぞ石崎!根性出せ~w
でも分かってる、うん。マッターホルンの時にも言ったけど彼が普通なんだ。


今回は八ヶ岳合宿と称してアイスクライミングの練習でした。
アイスキャンティと呼ばれるバカでっかいサイコロ型が登場。
人工氷壁なんだそーだ。

こんなの登るんかい。(@0@;)

いきなり挑戦をさせられるイモト。
実戦で鍛えていく模様。体育会系だね。

あ。確かにへっぴり腰・・・そっか足で登らなきゃ駄目なんだ。
ピッケルで体重を支えるようじゃ最後まで持たないのか。体力が持たなくて。
うわあぁ~こりゃ大変だ・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)
氷の壁だぞ?滑って全体重を足に乗せられる勇気がないよ。(--〆)

だんだんコツ掴んじゃって恰好が様になっているイモト。すげえ。
やっぱ飲み込み早ぇな。

ぱっこんってピッケル打って、シャクって雪蹴って・・・。
リズミカルになってる。かっこいい。(*///∇///*)

最終日は南沢大滝。全長35m。
アイスクライマーがまず目標とする凍結した滝だそうで
アイスキャンティやった翌日に南沢登ること自体が異常だとガイドは言う。

「駄目だったらまた最初から出なおせば良いし」と
ナレーションもイモトも番組中幾度か繰り返していた。
そういう姿勢が番組としての本気度というか慎重さを感じさせて
見ているコッチも実感湧いてきた。
そうだそうだ。これはエベレスト行くんだ。o(≧∪≦*)o
遊びじゃないんだ・・・。

15分で21m。
すごい。

2/3を超えるとほぼ壁は垂直。
泣き声で何か喚きながら、必死に氷にしがみ付くイモト。

「そろそろ苛立ってきたイモト。だけどイモトはここからが凄い」というナレーション。

スタジオなど周りは笑っていたけど私は笑えなかった・・・。
だってなんか必死さが強いんだよ。

あ~腕とかふくらはぎとか張っちゃって辛いんだろーな~とかも思っちゃって。

最後は技術では無く根性で登り切ってしまった。

結果的に登れたんだから良しとしたい所だが
目標はエベレストだからやっぱりこんなんじゃ駄目なんだな。
根性で登れる山じゃない。
やることは山積みなのが良く分かった。

是非とも無事に行ってきて欲しい。無理せず頑張ってくださいっ!
ホントに絶対絶対無事に帰って来てねーっ(>_<) 日本で成功祈ってます。
ちょっと気が早いか。

ワールドツアーのロケの合間を縫って
これから来年までこんな生活が続くという。
そうなると確かに本当にアパートの方の家賃はもったいないなw(;一_一)

エベレスト登頂のためにはこの先約1年かけトレーニングを積む。
その主な計画はこんな感じ。

この3月の八ヶ岳アイスクライミングの合宿を第一弾として
7月に北アルプスでトレーニング
9月に標高8163mのヒマラヤ山脈マナスル
正月に冬の富士山登山で低酸素慣れ
問題がなければ来年4月にエベレスト挑戦


前回この登山部始動の計画がイモトに告げられた時リスクとして
・標高8000mから上はデスゾ一ン
・酸素濃度が低すぎて▲時間以内に降りてこなければならない(時間忘れた)
・体感温度ー40度
・でもイエティに逢えたら一生食っていけるw
まさに珍獣ハンター。

・・・・という結構ドキュメント的なカッコイイ画が続いていて真剣になっていたのに
ナレーション「ここにもう一人挑戦する男がいた!」
まさか?と思っていたら案の定
俺も挑戦する!by石崎D
ここで出しゃばってくるか石崎D!・。・(●ノ∀`●)

このタイミングで出るかーっっ!!
っていうかオマエが出たせいで折角の真剣トレーニングが台無しにっw
エベレストという最高峰へチャレンジする真剣勝負が一瞬でバラエティ色www
石崎Dおんもしれ~。ヾ(≧▽≦*o)ノ

で、当然の如く途中で「動けない~」
爆笑www。・"(>∇<)"・

その後のイモトのインタビューでも
「いやぁ。今回は思った以上に大変だということが分かりましたね」
「でもそういうものでしょエベレストって」
「それはそうだけど、でも不安だって言ってんだよ!」
「行けるよ俺」
「なんでお前が言うんだよ!そこでヘラヘラ笑ってんのもムカつくんだよ!」
「だって俺にはまだ時間があるもん」
「だからその時間がねえって言ってんだよ!」

いーし-ざーきぃぃぃ~www(●≧∀≦)ノ
ウケる~www
根拠のない強気発言でイモトを煽るから面白い~www
いや、それ以前に石崎D、本気で登る気かーっw

決してバラエティを捨てない男・石崎D。

是非彼にもエベレストに同行して欲しーい。ヾ((*≧ε≦*)ノ
そして早々にヘタレっぷりを現地で見せ付けて来いw
イモト見てると忘れがちだが
彼こそ普通なんだ!イモトが超人なんだよーぅ。o(≧y≦*)o

しっかしエベレスト登るだけで700万えん・・・・
入場料で100万って・・・。
どんだけ高いんだ。(金が)


※石崎D途中棄権のマッターホルン登頂SP感想がコレ

≪カリブ珍獣ハントツアー≫
こっちは気を抜いて気楽に楽しめました~。\(^○^)/

>バルバドス
気持ち悪い虫はマジで気持ち悪そうなので見れなかった。

棒祭りに参加するイモトは面白かった。
「男たちが遠慮なくぐわーって向かってきて揉みくちゃにされんの!
 嫌いじゃない。こういうの嫌いじゃないです」((●≧艸≦)

>ドミニカ共和国
4年後に日本と戦おうねって意味で
「ヨネンゴ!」って言ったらみんなが「ヨネンゴ」「ヨネンゴ」って返して来て
「やっべ私間違えちゃったかもしんない、サヨナラと」(ノ∇≦*)

メレンゲという回転しまくる踊り。360回転/13秒 o(゚0゚*o)(o*゚0゚)o
「回るのは酒ばかり」
おえぇぇってしているイモトに爆笑。
なんちゅー定番なポーズ。


イッテQは慣れた感じの独特のナレーションの当て方が巧い。
そして海外ロケは下手なドキュメント番組より余程面白い。
どう見せればイモトが笑えるか熟知しているイッテQスタッフにGJ。




<<Read More>>


なんかついでにイモトでググってたらイモトの公式ブログがあって
そこで石崎Dと金光Cについて書かれてて
ウケたw

1月10日付けの記事だったんですけど。
年始の挨拶と共に。

“いつもの石崎ディレクターといつもの金光カメラマンと過ごす正月。
 こちらも例年通りです。
 
 この二人、もはや家族以上です。
 このメンバーでロケ行き過ぎて今や会話もあまりありません。
 無言に違和感なく、気を使わない空気ってなかなかじゃないですか。
 相手が何を考えてるかだいたい察しがつきます。
 心地が良すぎてダメになりそうです。
 金光さんもぽろっと、今年はベッキーさんとロケに行きたいと本音をいう始末です。


 いや金光さん、今年もあなたはイモトロケですよ。”


爆笑。
そうかww石崎Dもだけど彼らは確実にエベレスト行くなw
だからこその「チッ!煩せえな・・」だったのかw

仲良さげで微笑ましかったです(#^.^#)

関連記事
スポンサーサイト

[ varietyⅡ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/356-9c204e27
trackback