Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
2013*04*20(Sat)
TAKE FIVE 第1話 感想
これは面白い!すっげハラハラしたー!すっげドキドキしたー!
全編にアダルティな雰囲気を漂わせながらジャズに乗って泥棒。
結局成功するんでショと分かっているのに緊迫感煽る煽る!
スピーディな映像が見事だ。
巧妙に煽られたー!
そして控えめに挿まれるクスリと笑わせるギャグ。

うっわー!!うっわー!!なーんか上質なお酒で酔わされている陶酔感❤❤❤
すっげー楽しかったぁ!ヾ(≧∇≦)ノ

これは・・・・何が上手いとか何が良いとか言えるもんじゃないな。
脚本・演出・役者。どれもが上手く噛み合ってる。
何かが突出しているっていうのじゃなくて
均等にレベル高い。
夜中に見るドラマとして最適。
しかも花金(死語)の夜に見るなんてオツだわ。


冒頭の夜中に忍び込んだ部屋で鉢合わせて
「残業ですか・・・・」
「お疲れ様です」だっけ?
平静を装って会話するクダリでもうウケた。掴みはOK。
一瞬にして互いに同業だと悟った彼らが一時協定を結び
そこから共に逃げだす肉体的動作。
サマになってたし
新美との陰険漫才も笑えるしテンポ良いし軽快だし。

つーかこういう束の間のタッグって設定めちゃめちゃ燃えるわー!ヾ(*≧□≦*)ノ

「盗みは人を不幸にする・・・・」抑えた演技の唐沢寿明が渋い。
脂ぎった濃いいタイプなのに表情をそれ程動かさないからダンディな感じに見える。
六角精児はやはりオタク役か。
「もう危険なことは出来ない・・・」彼も渋いな。
とか言っておきながら再結成する流れが燃えた。
正面からは向き合わない二人とか
仕事の時は必ず曲を聴くとか
徹底された泥棒仕様が一々クラクラする。(≧v≦●)ニヤリ。

「愛だよ」
散々繰り返したこの言葉の意味は徐々に明らかになって成程。
盗むのは誰かのためなんだ。
キザだねぇ。

夜のバーに集まってそれぞれ下準備を整える展開からはもーぐわ~っって感じ。
どきどきしたー。
展開も早く手際が良い事を示しながらコチラの気持ちも急かしてくる相乗効果。
うっまーい!。・"(>∇<)"・

いざ実行の時。
そこに合わせてJUJUのライブとかどんだけスタイリッシュな演出なの!(//∇//)
ムードたっぷりで正にオトナのファンタジーだ。

実際東都ビルに潜入した後は何か不測の事態が起きやしないかとドッキドキ。
そんな気持ちもお見通しで
憎くもここで警察も到着させてきやがる。
いやいや、それは定石だろうけど煽りが巧い。

潜入開始。
スマートな動作と躍動感。申し分ないよ・・・っ。
ひとつひとつセキュリティをクリアしていく度に
警察サイドで無断で侵入を監視していた岩月が
抑えた声で
「26階をクリアした・・・機密室に到達した・・・」と実況みたいに映像を挿むから
より緊張感を煽る。
結局3方向から見られている形で侵入が進むので
状況も理解しやすかったし緊張感も強調されるし。

構成がいちいち鮮やかすぎるんだよ。くそぅ。

次はデータを盗む時。
データ移行カウントダウンがまだ10%の時点で
笹原さんを到着させるとかどんだけ火急性を出してくるんだ!
煽られまくりだ!身がもたねえっつーの。
絶対間に合わないーと思わせて暗闇の持久戦。(>_<)

動きの無い間なのにこちらの集中力を途切れさせない。
BGMの効果もあったけど
同時に警察内部でも岩月が密かに同時にデータを盗み始めていて
二重にハラハラドキドキさせたのがGJ。
なんっって小憎たらしいくらいの展開!o(≧∪≦*)o

抜かりなく状況を伝える南さん。チームワークは完璧なのが
かつての同志という匂いを説明無くして伝えている。

90%越えたくらいで笹原さんがUSBケーブル?に気付く。
視線がこちらへ向き近付いてくる・・・もう持たないっと思ったら
切れたケーブルだけが残されていて。
アウトと見せかけてセーフ。
振り返った自動ドアの向こうに影と足音。

んーっ!も~っっ!!やぁ~ってくれますね!o(≧v≦●)(●≧v≦)o
かぁ~っこいー!!

ここで成功かと思いきや
やっと逃げられたと思ったら笹原さんを酸素濃度低下の部屋に閉じ込めた事に気付き
「盗みのために誰かの命を危険に晒すことは出来ない。それが俺のイディオムだ」
って引き返すとか。
お~!!w(°0°)w
危機を次から次へと出してくるのは脱出ドラマには当然なんだろうけど
畳み掛けますねぇ・・・。

笹原さんを助けに再び機密室。
ここでバックライトにあんな芸術的キスシーンまで拝めるとは思わなかったけど
だったら笹原役はもう少し華奢なカワイイ系美人のキャスティングが良かったゼ。
彼女じゃ萌えない。

でもラストの「泥棒は憎い」と言い切った彼女を見ると
この位どっしりとした熟女が似合っているなとは思った。
向かう敵として最適。

で。ビルの屋上から飛び降りると。
「プランCだ」低く呟いてぽ~んと飛び出れば
壁を走ってるーっっ!!ええぇえぇぇぇ!!!!Σヾ(;☆ω☆)ノ
何処のハリウッドですか!
何処のアクションムービーですか!あぁあぁぁぁ!!!
かぁ~っっけ~ぇぇぇ!!!!ひゅーひゅー!
燃~え~た~~!!!!

これぞエンターテインメント。
実に完璧な芸術泥棒を見せられた気分。
ルパン三世とか楽しむ気分で乗っちゃったもん勝ち。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅡ-spring ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/355-49cef882
trackback