Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*04*18(Thu)
家族ゲーム 第1話 感想
あ~・・・あ~成程。色々過激ですね。でもこの位の荒行は返って清々しくもあった。
昼ドラとかで起きそうなノリにも見える。
そうじゃなくても色んなドラマがミックスされているような既視感を持った。
でもリメイクなんですよね。
ってことはむしろコレが元祖?

荒々しい櫻井くんが新鮮。
っていうか微妙な感情表現をしない分、今までで一番演技が自然な気がした。
四種の人間感情の中で怒りや発狂は一番演じやすい明瞭な感情だからね。
今の所滑舌も気にならないし。
ハイテンションもそれほどワザとらしくは感じなかった。

見た目爽やか。害の無い顔して秘めた物は熱い。
これを油っぽい濃いい俳優にやらせたら
迫力はあるけど吐き気がすると思う。
櫻井くんの爽やかさが上手く相殺させている気がした。

それが結果的に吉なのか凶なのかは分からないけど・・・・。

「いいねぇ」を多用していましたが
これがポーズになる訳?
ふーん。


高級住宅街のエリート家庭の不和・悲劇ってことで
つい先日までの某ドラマを色濃く匂わせていますが(笑)
その家庭をブッ壊そうとしている人物が居るっていうのが違いますね。
これは救いなのだろう。
でも
「そんなに都合良く救世主が現れる訳ないだろ。ゲームのやりすぎなんだよ」
うーわ。サド教師。

ヘラヘラ笑う彼の気迫は凄く伝わった。
乱暴な手段も派手で目を引く。
目的ならどんな手段も選ばない感じがゾクゾクくる。
「昨日打ち解けたフリをして今日この仕打ちかー。やるねぇ。」
負けない感じがちょっとしたエクスタシー。

川柳を詠んだ時点で不覚にも吹いた。ホント不覚だ。

茂之の甘チャンぶりが同情を買わない演出だったので
素直に吉本に加担出来る。
こういう子にはガンガン行って欲しい。
その存在こそが救世主なのだといつか気付く筈だ。
彼には救いが降りたんだ。

周りのどんな評価も気にならないだけの覚悟が吉本には見える。
きっと何者にも屈しないんだろう。
でも、それでも言葉が足りないとは思う。
これじゃ茂之は迷うだけだ。もっとちゃんと伝えなくちゃ。

なのに伝える言葉は「俺はお前の味方だ」
それでいて「後はお前が選べ」
かっこいい・・・・けど・・・。

大切なのは理由じゃなくて学校へ行くという事実なんだとする姿勢が
横暴の様でもあり真理の様でもあった。
理由がなくちゃ学校へ行けないのなら意味が無い、
つまり学校へ行くのに理由は要らないのだとする彼のポリシーはシンプルだ。
でも人は物事に答えを求めがちだから。

それが何時かは茂之に伝わるんだろうけど。
でも自分で出せる答えならここまで拗れてはいないんだよっ。

なーんか色々潔くて
バイオレンスなシーンもあったし、人の柔い部分を弄ぶような行動もあったのに
何だか清々しかった。
っていうか容易に説得されてしまった・・・。このドラマの恐らくは趣旨に。

二回繰り返された言葉。
「こんな世界でも希望は必ずある。・・・でも
 思うより現実はもっと残酷なんだ。だから強くなれ」
ちょっと見入ってしまう。
重たい台詞だ。
でもその通りだと思う。
強くなれるだけの時間が彼にはまだあるんだ。
それは幸せなことだと思った。


元祖を知らないのでストーリーは元より結末も知らないんですけど
正直面白いと思った。
何度もリメイクされるだけの出だしではある。
もう学校ネタ・教師ネタ・家庭ネタはゲップが出そうなんですが
それでもこの仮面を剥がしてみたいと強く思わされる。
そしてこの偽物の家庭もブッ壊してくれたら
さぞかし気持ちの良いことだろう。
そこを到達点とした抑制の解放を強く望みます・・・。

茂之が何処までもぶつかっていっても返してくれそう。
そんな攻防戦をもうしばらく見たい気もする。
それはちょっとした癒やしだ。


所々挿入された過去シーンの絶叫が壮絶。
タイミングといい、挿入タイムといい、憎たらしい程、意味深に煽りやがる。
ダークブルーに覆われた山林での魂の叫びが
今の彼を作っていることは容易に想像できますが
同時に彼のふざけた態度も全部ソコに裏打ちされた正当な真剣行為なのだという説明にもなっていて
彼の無謀な行為を気後れさせない。

強引ぐな部分とのサジ加減が巧かった。

それにこんな過去を持ってして、どこに彼の言う所の「希望」を見出したのか
それは単なる口上なのか。


ストーリーのテンポは悪い。テンポっていうか・・・・構成?
でも会話が上手に繋いでいて飽きを感じさせなかった。
初回は1時間越えだったのか。
そんな風には感じさせない重たさがあった。
思った以上に真剣でお堅いドラマだったので途中から目が覚めた。(寝てた訳ではないが)

脇役は・・・よく分かんない。
兄弟はまあまあだったかな?
両親とも駄目親な感じは出てたけどなんか中途半端な印象を受けた。
まあそれは吉本もだけどさ。

リメイクってことと原作があるってことで
脚本はしっかりしたものになっていそうって雰囲気。
28年ぶりって・・・・積木くずしとかそんな時代背景?

初めて嵐の主題歌が合わないと思ったわ。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅡ-spring ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/351-30ce0c3a
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。