Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*04*01(Mon)
相棒 劇場版Ⅱ 特命係の一番長い夜 感想
すごかったー!ほんとに色々すごかったです~!やーっぱ相棒って言ったらコレだね!
相棒って言ったらこのテイストですよ!!なんっっかすっごいモノみたぁぁぁ!!!
ちょー満足。ハンパない充足感❤


相棒 劇場版Ⅱ 特命係の一番長い夜 2010年度作品
興行収入31.8億円
監督/和泉聖治 脚本/輿水泰弘・戸田山雅司



まずですね。
脚本が凝ってる!
映像的な破壊力やキャスティングの華やかさは少ないのに
この迫力。
渋いというより重低音。
これでもかって詰め込んでくる濃密な物語!

画面も統一してブルー掛かった暗い雰囲気を演出し
派手なのは冒頭のヘリと強行突入だけ。
あとはひたすら地味に淡々と物語は進められる。

だからこそ静かに燃え上がるクライマックスがドスンと来る訳で
そこからラストはまた静かに鎮静化されていく。

因って事件そのものが物語のメインに据えられていない所が
この映画の最大の特徴だと思った。


唯ひとつの事件であった筈の籠城事件を切欠に四方へ広がって行く展開がもう見事という他ない。
籠城事件の殺人一本で引っ張ることなく
そこから浮かび上がる背景にあった7年前の爆破事件、その被害者。
それを仕掛けた影の管理官他、副総監ら12名。
その失態をネタに虎視眈々と時期を伺ってきた官房長。
官房長に付かず離れずの大河内さんの逡巡・葛藤・正義。

これだけの大風呂敷をブラさずに並行して描いていくから
奥行きもたっぷりでなんつーかもう凄すぎるよっっ。
観終わった後の満腹感というか脳味噌のパンク感が強烈。
スピード感ある動的な映像もないしアクションの色濃い物語でもないのに
息吐く暇もないわっw

これぞ相棒。
相棒の本領を存分に発揮している作品ですねっ!ヾ((*≧ε≦*)ノ


本音を言えば亀ちゃん退場後の路線変更はちょーっとテイストの違いを感じる部分もあり
本来の相棒ではないとはちょっとは思ってるんですけど
この劇場版Ⅱは
亀ちゃんじゃない相方、神戸くんの方に似合うテイストの映画に仕上がっていて
神戸くん相方だと右京さんが割と目立ってくるから
ラストの官房長との確執までの筋書きがよりストレートに見えるんですよね。
だからこれはこれでイイんだよな~と思った。o (●>H<●)o

亀ちゃんだともっと喜怒哀楽豊かに激しいカラーを入れてくるからね。
しかも右京さん寄りのね。
今回の結末を考えると
神戸くん位の抑制の効いたキャラの方がよりラストの重さも引き立てていると思う。

同時に右京さんVS官房長、神戸くんVS大河内さん、という
二本柱で対象化もさせているのも面白い。
右京さんと官房長が辿りついた結論、
神戸くんと大河内さんが出した結論。
それぞれが何をどう選んでいくのかも見どころでした。


・・・・でも。あの。
冒頭、窓から吊るされ激写する右京さんの図は笑うトコでいいんですかwww((( ノ∀`*)

なんか荒唐無稽というか悪戯小僧みたいというかw
コレ、絶対亀ちゃん居たら絶対彼の役割だったよな~。( *´艸`)
「亀山くん。撮ってきてください」とかサラリと言ってそうだし
「右京さん、俺が行きましょうか?」って軽く請負そうでもあるw


まあ、何はともかく、一回見ただけではやっぱり付いていけない濃厚さがあるのは事実です。
大河内さんが何をしているのかとかね。
伏線が多すぎてっっ。
何回か見てようやく細部まで把握できたって部分は多い。
もうそれっくらい見てるんだけど
それっくらい濃すぎるーっっ!!ヾ(≧∪≦*)ノ〃


脚本の巧さが露骨に表れるのは、特に
大河内さんが取引した朝比奈さんを二人が止めるシーンからかなぁ、と思っている。
ここから始まる右京さんと神戸くんの活躍が如何にも『相棒』

小西真奈美さんの無表情な演技もハマってた。
二人の男が命を掛けて守った女が今は一人残され静かに涙する。
その涙が切なくてねー。(/Д`)・゜・

相棒は被害者サイドに感情移入させる悲劇を結構あけすけに出してきますよね。
エレベーターで押し出すスロー再生で何度も沁み入らせ
二人の男が彼女を守ろうとした想いが愛しくて
遺された彼女の気持ちがやるせなくて
単なる悲劇だった7年前の事件がここでよりリアルに切ない余韻を持ってくる。

だから当然
この当時に特命係があれば・・・・右京さんが居たならって思わずにはいられなくて
「でも復讐を認める訳にはいきません」と窘めつつ
その流れで「この事件は我々が必ず解決してみせます」

くわーっっ!!ってなる。
くわーっっって。

こーれーぞー特命係~!!o(≧▽≦*o)(o*≧▽≦)o
そーだよ!こーゆー感じが特命係なんだよ!
こうこなくっちゃ!

彼女が長い時間掛けても辿りつけなかった真実へ
彼らなら辿りつけるとするこの説得力!展開方法!
12人全員がグルだから真実は容易に握りつぶされてしまったと嘆く彼女に
特命係の特異さだからこそ解決できそうなこのシチュエーション!
くわーっっ。

そんな舞台を整えてくるから思わずニヤけちゃうんだよー。。(≧0≦●)。。(●≧0≦)。
もーたまらん。

物語としても急速にここから動き始める。
「だって悔しくないですか?」
「悔しいというより怪しいと思いませんか?」

ここからエンジン掛かり始める二人にはコッチもシンクロして燃えるわ~。d(≧∀≦)b
これを合図にしたかのように
物語も、四方へ広がっていた軸がここから一気に収束し始める。
この、観客の感情をストレスなく誘導してくる作りが巧いんだってっ。巧すぎるっ。

更に舌を巻くのが盗聴器から物語が拡散していくアイディアだと思った。
一見何の関係もなさそうだった7年前の爆破事件と副総監ら12名が
盗聴器一つで繋がる展開も巧いし
その盗聴器だけで官房長の存在まで手繰り寄せられるストーリーは
もうご都合主義とはいえニヤニヤしてしまう。

その後の二転三転する化かし合いもまた巧妙。
副総監らを盗聴器からのモールス信号を証拠に引っ張るものの
官房長は部下を自首させ盗聴器だから証拠能力はないと彼らを不起訴にさせる。
そうやって恩を売ることで自身の計画を遂行させようとして
でも強引なやり方にキレた懲戒解雇の一人に刺殺されてしまう。

このインパクトー!!w(*☆0☆)w。

「これがノンキャリアの星の末路かよ・・・」と呟かせる後味の悪さ。
ついでに官房長の夢見た新案も白紙に戻るやりきれなさ。
「一人になんて構ってられないんだよ」って言っていた官房長が
たった一人にやられるこの皮肉。


しかし盗聴には証拠能力はないと行く手を阻まれても
官房長を指した=裏切られたノンキャリだからこそ
この人を山車に今なら12人の上層部全員を起訴出来るという降って湧いた最後の希望。
皮肉っすね~。
このつくづく嫌味な現実が『相棒』だわw
ホンっと中弛みもなく最後まで重たいストーリー貫いているよなー。

官房長が逆恨みされるような強引なことしたからこそ
結果的に不本意にも12名の上層部を落とせる切欠を生んでしまった。
しかもそれを死後発覚する事実。

いや、官房長は死を悟った時に
これで右京さんに王手を掛けられたなってきっと勘付いてただろうなー。

なんて皮肉な展開を考え付くんだ・・・。


そしてここから右京さんの新たな道が始まったようにも見えますね。
副総監らを訴えちゃったら警察の威信に関わるし官房長の遺志に背くのでは?と聞く神戸くんに対し
「だからと言って僕は僕の進む道を変える訳にはいきません」
かーっけーっっ!!ヾ(*≧□≦*)ノ
右京さんかっけ~!
痺れる~っっ!!
その頑ななまでの一途さが不器用で危うくもあり頼りがいもあり魅力だわ~。
だからこそ彼に相方を切望してしまうんだ・・・。
右京さんには“相方”が必要なんだよ・・・。(と視聴者に思わせる作りも巧いわw)

「それが官房長に手向ける言葉です」
そう言いきった右京さんに
「やっぱりお前は頑固だね」とかなんとか苦笑いする官房長の声が聞こえてくるような間があって
これまた憎らしいほど最高だった。
きっと二人の一歩も引かない攻防戦は官房長死後も続けれる訳で
それを全うすることが手向けなんだと思う。優しさでもある。
事実がどうとかじゃない訳ですね。


それにしても・・・・・・この官房長の突然の殉職はホント衝撃だったなー。(ー△ー;)
嘘でしょ?って何度も思った思った。
スローで勿体ぶる演出がまた余計衝撃を煽ってきてねー・・・。
右京さんの叫びの後は斜め上からのカメラで全景を撮るのも
間に合わない感を強調していて・・・・
ヤラれたわ~・・・。

「自分を殺しに来るのはお前だと思ってたのに」って言い残した彼の言葉通り
せめてそういう未来であってほしかったのに
現実はこんな簡単にこんなあっさり良くも知らない人に勝手に殺されちゃう。
その辺の意地の悪さもまた“相棒”らしい。

官房長と右京さんの関係図は初期シリーズからの大軸だったので
こんな結末なのがかなりの喪失感を持って視聴者に衝撃を与えてきた。
「お前だって間違っているんだよ。綺麗事言ってたって駄目なんだから」って口喧嘩したまま
お別れとなっちゃったこの胸のわだかまり。どーしてくれよう。^( ̄□ ̄#)
喧嘩しつつも一番の理解者でありガードマンであった後ろ盾が無くなって
特命係の転機を迎えさせた一件である・・・・。
少なくとも右京さんには何らかのひとつの区切りになってしまった。

それをレギュラーではなく映画でやっちゃう辺りがまた
憎たらしいんだよな~w

やーっぱ相棒は面白いなー。


――――さて。
一昨日からSP見て相棒まで立て続けに見てひたすらテンションの高い週末でした~☆
いや~最高だね。こういう盛沢山な夜❤
局違うけど狙ったかのような連チャンwしかもココ洋画劇場枠なのになwよくやるわww
頭の中が刑事ドラマでいっぱいー。
なんかノーミソ少々オカしくなってる気がするー。
関連記事
スポンサーサイト
[ aibou ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/335-dd6024a8
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。