Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*02*10(Fri)
秘密 薪さんと青木2 (7巻)
既に秘密ブログと化して来ました。まあいいんですけどw
このまま本誌発売までウダウダ言っていると思います(笑)
最新話の内容によっては更に続くと思いますっ(*^_^*)


さて7巻での薪さんと青木についてですが。
二人の関係もここから微妙に揺れ始めますよね。
一見、雪子さんとの仲が深まっていく様に見せかけて
実は別れの序章にもなっていると思います。
青木と雪子さんが破局するのは何も姉の事が原因なだけじゃないと思う。
守りきれないからって理由を付けているけど(10巻で)
実際はこの時から一緒に居たいのは誰なのか
青木の気持ちは変わり始めていたんだと思います。

邪推し過ぎですかね?

見方を変えると
守りきれないから守るために遠ざけるというやり方は
何処か薪さんを彷彿させるものでもあります。
薪さんみたいに生きたいという青木の無意識の心は
薪さんと共に在りたいという決意の表れでもあったんじゃないかなぁ。


病室に一番に駈けつけ思わず抱きしめた薪さん。
このシーンはすっごく綺麗です。
大切ってだけの綺麗な想いが部屋いっぱいに充満してて
胸が締め付けられました(>_<)

きっとものすごく心配してたんだろうね。
青木を一番傷つけたくないのに一番危険なことをさせてしまった事には
変わりないから。

ここで言葉は一切交わせず別れるけど
この計画を実行するって決めた時
青木は何と伝えたら良いのか言葉が見つからないと言っている。

救出計画実行を第九で行う決断を下すシーンで
薪さんを説得する時「それが誰かの大切な娘なんだ」って言う所。
あの時雪子さんの名前を先に挙げたけど
それは直前の「プロポーズしたんだろ」って台詞を受けてのことだ。
じゃあ、そこで何で薪さんの名前まで挙げたのか?
大事な誰かを強調したいなら雪子さんの名前だけで充分じゃん?
薪さんには気持ちをしっかり伝えたいっていう想いの表れじゃないだろうか。

なのにその感情にただ気付いただけという若い青木。
おまえなー。

だけどその「言葉」は後の第九解体の話が出た時
見つけられたんじゃないだろうか?
もう分かっているんじゃないだろうか。
いよいよ薪さんと別れなきゃならなくなって追い詰められた心境が
やっと答えを出したんじゃないかな?

一緒に居たい。
ずっと傍に居たい
きっとただそれだけの、なんてことない言葉なんだろう。
なんて切ないんだろう(>_<)

朝そこに行けば薪さんが居て一緒に毎日を過ごせて
プライベートなんか知らなくていいからっていう件は
本当に青木の純粋な気持ちが伝わってくる。
思わず貰い泣き・・・・(>_<)

それがどれほど幸せなことで
それがどれほど難しいことなのか
やっと青木にも分かったんだろうな。
大事な人と一緒に居られるってそれだけで奇蹟のようなことなのだ。

この時点ではまだ言葉になっていないものが
いざ別れるってなった時ようやく言葉になって
その後姉夫婦の悲劇の後「一緒に戦ってくれる人」って
ちゃんと口に出せている。

10巻のそこに至るまでの移ろいがすごく好きです。
ゆるやかに描かれていてじっくりと浸みこんできますw
丁寧な描写です。



そーゆー何も求めない感情ってすごくよく分かります。
私も大好きだったけど大切にしたいから別れちゃった人がいるだけに。
大切なだけに傍に居られるだけでいいっていう青木の気持ちと
大切だから去っていくっていう薪さんの気持ちも。
ホント痛いんですけど。

薪さんだって汚れない青木の存在は自分の唯一の救いでもあるんだろう。
自分が浄化されるっていうかさ。見ているだけで癒やされるんだよねー。
だからこそ汚したくない。大切に守りたい。うん。分かる。

だから薪さんからは何も言えないって。
大切だからこそ私も言えなかったもん。

逆に岡部さんは「共に汚れてくれる人」だよね。

なんとか一緒にいさせてあげたいなー。
岡部さんでも青木でも。



余談だけど。
薪さんも自分の名前を言われた時一瞬振り返る。
すぐに視線を反らすけど。
ヤバって思ったんだろうね、青木のペースに乗せられてるのが分かって。
このままじゃこのバカな説得で懐柔されてしまうって。
それとも自分のことも大切に想ってくれているって分かって
ちょっと動揺した?

ま、結局はこのバカな作戦に乗ってしまう訳で。

このシーンめっちゃ好きww
その前の猫のように毛を逆立てて怒る沸点の低い薪さんはもっと好き❤
バカ二回言ったwww

あとさー、薪さんが、一人で行くからと去っていく青木を追いかけて
「くそっ何で僕がこんなことっ」って吐き捨てる台詞があるけど
これこそ正に何も飾っていない薪さんでしょーね♪♪
いつも本音を押し隠しガードの固い薪さんの素顔をここまで引き出せるのは
やっぱ青木か岡部さんしかいないってw
関連記事
スポンサーサイト
[ vol.7 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


>Sさま
応援して下さり本当にありがとうですw
まだまだ「秘密ブログ」で行きそうですw
最新号の発売日が待ち切れずにジタバタしてますよ~(笑)

それにしても良くココを見つけましたねー!(^^)!
まだ何処にも宣伝していないブログなのにー。
自分の他サイトですらリンクしてないし(笑)
来てくれて凄く嬉しいです❤
ありがとー!
2012/02/10  | URL | もくず #- [edit]


7巻は精神的負担が激しい巻でしたよね(>_<)
私も薪さんの色んな負担がもう見ていられなかったです。
でも階段とか医務室の薪さんと青木の感情の交差が
逆に二人の距離を近づけているように見えて
羨ましくもあったり・・・(^^ゞ

まあでも全般的に薪さんの耐える表情が美しすぎるわ切ないわで
もう薪さんをぎゅーって抱きしめたかったです(>_<)

その分ラストの逆襲は迫力ありましたけどね~。
カッコ良かったけどやっぱり切ない・・・・



>婚約
そっか。青木と雪子の婚約もショックだったのですね。
それじゃ尚更辛かったでしょうね。色々と見せ付けてくれましたからね。ヤツ。
ちょっと青木を恨んだりもしました?

でも恋などという断片的なものなどではなく
青木はもうもっと根本的な部分から薪さんに焦がれていますよね。
生活全般のカラーが薪さん一色なので
この先結婚しようが全国展開しようが薪さん第一で生きていくよ彼は(笑)


7巻での青木の言いたかった感情って「ずっと一緒に居たい」ですよね。恐らく。
8巻の展開とか10巻の展開とか見てもそう思うのですが
もういっそ宣言しちゃえばいいと思いますw
2012/03/28  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/29-b8f3e070
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。