Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2013*01*22(Tue)
ラストホープ 第2回 感想
おや~なんかちょっと面白いぞ~。話にのめり込んできたー!
まず会話パスがテンポいいのが気持ちいい。
過去がしょっちゅうリンクしてくる展開は目まぐるしくて一時間があっという間だ。
ってか意味深すぎだよw
台詞も軽快なリズム感を持っていて
医療という専門分野の重々しい台詞が消化不良にしていない。
あれだ。ERのノリね。
素人向けにアレンジした。
(最も付いていけない程のマイナーネタ入れてもらっても私は好きだけど)

何より多部美華子ちゃんがイイ!o(≧∇≦)o
頼るとか甘えるとか知らないままがむしゃらに突っ走るあの危なっかさがイイ!
大奥の彼女が素敵すぎてほぼ多部ちゃん目当てでコレも見始めたけど
口の悪い影のある女を嫌味無く演じていると思う。
ちょっと細目なところが凄みを見せていて
やりようによってはムカつくオンナになりそうなのに
尖っている神経が“必死”という方向にシフトしていて
効果的だ。

喋り方かな?
息を吐くようなあの声。

相葉くんはあんまり好きじゃないんだけど(あ。嵐としての相葉チャンは大好きですが)
展開見るとほぼ多部ちゃんが主役級でキーマンだし気にならない。
物語としてもしっかり引っ張っていっていると思う。
なので主演としての相葉くんはまだ呑まれているかんじ。
これからかなー。
でもあの滑舌の悪さはなんとかならないか・・・・(ーー;)

脇役陣もいい。
シリアスなドラマをコミカルに浮上させる個性的なメンバーが顔を揃えていて
濃い~www
すんげ~濃いい~。( ̄▽ ̄)ノ_彡
高木のギャグ何だかわからないキャラクターにウケた~w(●>ω・)ノ
高木先生と橘先生の陰湿漫才が楽しい~(^^♪

変人が一人必ずいるのもお約束だよな❤
悪くない。
何処かで見た様なチームとノリだけど
悪くない。

そんな彼ら全員の過去がフラッシュバックしてくるから
ミステリーチックでそそられる。
どういうこと?
全員が何かしら闇を抱えていてそれが最後に全部リンクしてくるとか?
一人が不審な行動を取ってチームがその一人を支えるとかいうパターンは良くあるけど
全員が意味深だなんて色々チャレンジャーだなぁ。
つーか全員の伏線回収しきれるのかー?(≧v≦●)。。


各話のクライマックスはもちろん手術シーン。
高度な技術を持つ彼らの神がかりな救済。王道~www
でも爽快だ。
これもどこかで見たことあるような盛り上げ方だけど
こういうのってどんなドラマにしても躍動感があるよね~。好きだわ~。
手術シーンのERみたいな展開もちゃんと王道行っているし
これも満足。

う~ん、きっと次回も見てしまうだろうな~。Ψ( ̄∀ ̄)Ψ
誰に感情移入する訳じゃないがなかなか良い展開だ。(強いていうなら橘先生か)


そして主題歌がなんだかめちゃめちゃかっけえぇえぇぇ。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅡ-winter ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/284-d85c04c8
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。