Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*02*07(Tue)
秘密  薪さん1(4巻)
もう秘密でアタマがいっぱいです。
1.2.3巻と読んできてそこまででも充分薪さんの辛さや苦しみは伝わってきますが
衝撃的になってくるのは4巻のラストに入っている“2007特別編”からです。

言いたくても言ってはいけない、
万が一にも口にしてはいけない、
それを独りで抱え続けなければならない、
・・・・生きている限り?

それがどんだけ辛いことか考えただけで胸が苦しい。
誰にも言えない苦しさは発狂しそうな程なこと私も良く知ってます。
もちろん薪さんの比じゃないですけど。

絶対誰にも届かない想いって無いのと同じにされてしまうんですよね。
ちゃんとあるのに無いことにされてしまう、誰にも気付かれない、
二度と届かないとされる絶望。
その辛さって尋常じゃない。
自己否定されているに等しい感覚です。
存在が消されるってとても哀しいですよ。

それを独りで抱えろなんて酷過ぎる。
くそぅあの警視総監めえぇぇぇ!!!

独り取り残された部屋で声も上げずに涙を流す薪さんが
最高潮にイタくてイタくて・・・・・(>_<)

あーもー薪さんっっっ!!!

読んでて息が詰まります。呼吸が出来なくなる。
自分も重ねちゃうからな。
余計に。


秘めた想いを想い過ぎる余りに漏れ出てしまわないかと不安になる様を
小説と准えて対比させる展開も巧い。
そしてラストの声にならないまま叫ぶ薪さん。

あーもー薪さんっっ!!!(二度目)

誰か救ってやってくれよ~(>_<)
早く助けてやってくれないかなぁ。
でもそう思う度尚更
殺してやった方が薪さんラクになれるんじゃないかとか本気で思ってしまふ。
そんなのヤだけどさー。


で、今の本誌のあの展開でしょー?
なんだかんだで薪さん第九に戻ってくることはなく
その消息も分からないまま事件は収束していく・・・・みたいなラスト、
絶対ヤだけどそーなりそうでコワイ。
そうしたら作品としては
この秘密は薪さんの最期の数年間を描いた軌跡です、なんて
すごくまとまったスッキリした作品に仕上がってしまうよね。
完成度高いよね。
クオリティ維持したまま完結するよね。

でもヤだからっっっ!!!!
作品のランク落としてでも薪さん返してくれ。
マジ頼むから。


この話。
キツイ展開だけに岡部さんにかなり癒やされる。
薪さん失ったら岡部さん超暴れそーだなー。
関連記事
スポンサーサイト
[ vol.1-4 ] CM1. TB0 . TOP ▲
COMMENT


4巻特別編は衝撃でしたよね~。
未だ全然救われていなかったんですよね。私も苦しくなりました(T_T)
貝沼事件の傷痕が癒えない内に
タヌキオヤジに自己矛盾を強要されて
誰にも言ってはいけないリスクも抱えて
たった独りで耐えろなんて酷過ぎる・・・・。

しかもこの時点でカニバリズムは見ている筈ですから
殺される恐怖も現実味を帯びたのかも知れませんね。

可哀想だね。(泣いている所と最後に立ち去る所)
もしや第一期第九からこんなのばっかりだったんでしょうかね?
そりゃ鈴木さんが「事件の重責を捜査員に全部背負わせるのはおかしい」と直訴するのも
なんかもう当然って気になりますよ。

あ~もしかしてあの時鈴木さんを思い出しているのは
現実を理想に持っていけない力不足を嘆くだけでなく
ああやって庇ってくれる人ももう居なくなってしまったという涙でもあったのかなー。



>岡部
そうそう!そうなんですよ。
岡部さんはいきなり薪さんが消えたら結構堪えると思うんですよ。
だってこんなに四六時中一緒に居るんですもん。
2012/03/27  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/25-e3898476
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。