Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*02*05(Sun)
秘密 薪さんと青木1
薪さんが青木に惹かれる理由は分かる気がします。
あーゆー無垢でまっすぐな人って
傷ついた過去や自分が穢れてしまったと思う過去を持つ人ほど眩しく映るものです。

私も流石に色んな経験してきて男女問わず魂で惹かれる感じ?ってのも
何となく分かる様になりましたし。
大切にしたいんですよね~、そういう関係。
一緒に居るだけでほっとするっていうか幸せっていうか
その人の幸せを何より願ってしまう感じvv
傍に居るだけで幸せなんです。分かる分かる。
愛しいんですよ、存在そのものが。すっごく。


青木が薪さんに憧れるのはもう当然だな。
薪さんカッコイイから♪


問題は薪さんの青木への気持ちなんですが
時々鈴木さんと混同している所から
重ねて見ているのが分かります。
だからこそ今度こそ守りたいんでしょうね。

そして青木は誤解してますが
青木は鈴木さんとは違うって一番分かっているのは
薪さん本人ですって。
なんか青木は色々ショック受けてるみたいですけど。


重ねて見てると言えば雪子さんもですね。
でも雪子さんの場合
鈴木さんを通して薪さんに引き寄せられていたという少々捻じれた感情ですので
それを更に青木を通してまた薪さんを意識するのは
ちょっとどうだろ。
色々ややこしいな。
誰かを介してじゃないと薪さん意識できないのか。


それはともかく
薪さんの憧れているものがいっぱい詰まった人を大切にしたい想いが
今回の原動力で
今なら何でも出来るって力がみなぎっているのかもです。
そーゆー感情もまたよく分かりますね。

これを達成できたとき薪さんは幸せになれるのかな。
満たされるのかな。

ようやく区切りは付けられるのでしょうね、きっと。
自分なりの終止符みたいに思っているのかも。

ただ鈴木さんを想うのなら滝沢に復讐したい気持ちも無理ないですが
でも青木を想うならそこで引き金引いちゃ駄目です、薪さん。
「根っからの警察官」なら尚更
怨恨で仇討なんて。

このシーン。
苦しんできた薪さんのたくさんの涙が一気に甦ってきて
一層引き立って痛いなぁ(>_<)



薪さんの本当の幸せって岡部さんクラスの包容力が必要だと思います。
薪さんみたいな完璧主義が心底安心できるのは
自分の一部を代替出来る人です。
それが可能なのは岡部さんぐらいですよ。

青木は何をしても薪さんに付いていくし守りますって思っているだろうけど
薪さんの繊細な部分まで理解し庇護出来るのは
岡部さんだなーと。

薪さんと青木、お互いに求めあっているのは凄く伝わるけどね。
青木と居れば幸せの象徴みたいに見えるのでしょうが
真の意味での幸せにはなってない筈です。
ちゃんと心を曝け出せる人じゃないと。


でもなー青木は大人しい顔して突然弾けたトンデモナイことやらかすので
その火事場の爆発力には期待ですw
そういう部分は岡部さんには無い力だもんね。
薪さんも青木のそういう部分は認めて尊敬してもいるんだろうし。
尊敬がないと薪さんみたいな人からは見つめてももらえないからなw


とにかくちょっと頼りないけどオマエだけが頼りだ<青木!
何としても何をしてでも薪さん救ってくれー。
関連記事
スポンサーサイト
[ vol.1-4 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんばんは^^*
長々と書かせていただきます。

青木は、薪さんにとったら「裁定者」みたいな感じですかね?
物事の善悪・可否を判断して決める存在?
この場合は、薪さん自身が生きるのか、死ぬのか。
薪さんとしては、鈴木さんと共に(記憶データの破棄)死ぬ方を選んだけれども
決めるのは青木だったのかも。
「合法的に青木に殺されたい」っていう、青木には迷惑極まりない願いをぶつけて、
青木が命はってお断り。
青木は、薪さんと一緒に生きることにぶれないですね。
薪さんも、青木が青木として生きている間は共に生きていくのかな?
青木死ぬな~。薪さんよりも一分一秒長く生きろ!

薪さんが、滝沢の頭を撃っちゃったのは彼の脳を見られたくなかったんでしょうね。
薪さんに殺してもらいたかった鈴木さん。
滝沢の銃身の加工の話が本当だったとしたら。鈴木さんを殺したのは滝沢になるわけで。

でも誰かが銃身の加工をしていたのなら、薪さんは気付いていたと思うんだけどな・・・。
このあたりは、シティーハンターの受け売りですが・・・。
冴羽さんが、香に渡していた銃の銃身に加工していて狙った通りに撃てないようにしていたのを本人は知らず、銃を手にした使い手は気付いていたっていう話があって。
薪さんほどの狙撃の腕のある人なら、狙い通りに撃てなかったことに気づいただろうと。
ただ滝沢の話が本当なら、証拠は消されていたので確信は持てなかったですよね。
加工されていないのなら、撃った本人がどこを狙ったかはわかりますよね。

滝沢の話が本当だったとしたら、脳を見られた時にそのあたりの事実もわかってしまう。
そうなると、鈴木さんが「薪さんに合法的に殺されたい」と思っていたのでは?と
感じ始めた薪さんにとっては、鈴木さんの思いを裏切る結果となっちゃうわけで・・・。
誰にも見られたくない絵がそこにあったら・・・で撃っちゃったのかな?と思ったり。
鈴木さんのレベル4のデータも、この件で消してしまうつもりだったでしょうし。
鈴木さんの全てと一緒に逝くつもりだったのかな?

「もうだめだ鈴木」これは、薪さんが根っからの警官で魂である第九を否定する行為をしてしまったからかな?
証拠の隠滅は何があってもしてはならないこと。それを「鈴木さんの亡くなったのは
誰かの策略のせい」となってはいけないと、その時は思った。
衝動的にやっちゃったのかな??
薪さんは、「鈴木さんを自分が殺した」ということにしたかった?
でも冷静になると、滝沢が銃身に細工をしたのか、別の誰かがしたのかわからない。
でも誰かが銃身に細工をしていたのはおそらく事実なのでしょう。
そのことは、滝沢も気付いていたんだと思います。
岡部さんとの病室への会話になっていったのかな??
こんな話ができるのは、岡部さんだけですよね。
薪さんの着替えって・・・誰が洗濯しているの?と気になりましたが・・・。
もしかして、岡部さん??

と、長々と妄想してしまいました。
お付き合いいただいて、ありがとうございます(^^)
2016/05/05  | URL | たかとも #- [edit]


こんばんわ!おおぅCH~!めっちゃ大好きな漫画でした~!そうだそうだ、そういうシーンありましたね!
あの恋のライバル(名前が出て来ない~)登場時の!遼は香に撃たせたくなかったのにって話でしたっけ。
あの話は萌えたな~・・・じゃなくて!v


撃つ時に気付くというご指摘は成程!と思いました~。それ、とっても面白いですv
(でも作者さんがそこまで精査していたとは思えない。そういうハード系は割と隙アリ漫画なので)

しかしそう仮定すると様々な憶測が広がりますね~Σ(@_@;)
薪さんも結構なストレス値を抱えていたとしてしまえば正常判断が出来なかった線が妥当かもですが
あの一瞬で色々な他人への想いが過ぎったと考えると、めっちゃ胸が痛む!

自分がどうしたいか?よりも、薪さんのことですから
こんな状況下になってしまった以上一番に成し得なければならないことは十中八九
鈴木さんのために何が出来るか?で、それを確実に遂行できる方法=脳の破壊という結論を導き出した・・・
勿論自分が殺したかった(救いたかった)んだと私も思いました。

その上で手にした銃が細工されていたと知っていたら、それってなんたる皮肉!
その銃が今手元に与えられるという、その運命を知る薪さんの心理状況に、仰け反りそうです。

私、当時は気付かなかったという線寄りで考察していたような気がします・・・。


また、ここまで鈴木さんに想われて、それが誰かのせいだったなんて死を穢されたら
それこそ一番避けたいことだったのでは。薪さんにとって死の侮辱に等しかったかもですね。

警察官としての矜持で、殺害だけは「するわけないだろ」と言って欲しいところですが
今、第九を否定しない行動は、正に鈴木さんを裏切ることだと考えていそう。
となるとこれは、薪さんの初めての自我だったのかもしれない。
潔癖な薪さんとしてはどこかでケジメを付けたかっただろうし、その機会を窺ってもいただろうから
今改めて妄想しますと少なくとも鈴木さんの想いは全部分かっていたんだろうなと思った方が良さそうですね。

薪さんにとって鈴木さんは唯一の安らぎだったと思うので、一緒に逝きたかったという想いは
薪さんを生かそうとした鈴木さんの想いとの鏡像となっていて
そこにすっごく辛苦なものが浮かび上がってきますよね。

青木は薪さんの聖域なんでしょうね。助けてほしいとか、自分に見返りは求めていなさそう。
むしろ青木と会って、薪さんは鈴木さんの想いを鈴木さん側から考えることが出来たのかもしれないとか
ちょっと思いました。

そこを踏まえて、鈴木さんの「殺されたい」と薪さんの「殺されたい」がより密接に重なるお考えに
とても共感致しました~v


原作をここ暫く読んでいなかったので久しぶりに色々妄想広げちゃいましたv
楽しかったですv
薪さんの無償で無限の愛情表現が感じられて綺麗で純潔なシーンですよね~。
エンドゲームの救済と合わせて妄想すると、その純潔度が増して更に恍惚となっちゃいますv


・・・で!
そうなんだよな~、こんな過去を弱い所まで曝して腹を割って出来る相手って、青木じゃ駄目なんですよ(まだ)
こういう話を岡部さんとつらつらして欲しかったな~とものすごっく妄想してた・・・。

え。Σ(°◇°;) 着替えは岡部さんに私も一票!です!v 当然っ!


こちらこそ、記事を読んで頂けるだけでなくお声をかけてくださり楽しませて貰ってますv
ついでに新たな妄想のお話も出来て非常に嬉しかったです~(=^・^=)
秘密記事は当時の興奮のままに書いているので、この先読んだ記事とちょっと意見が違ってたりしたらすいません。
ありがとうございました!
2016/05/10  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/20-52bfc1c8
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。