Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*07*26(Thu)
東野圭吾ミステリーズ「レイコと玲子」感想
なーんかミステリーとしてはイマイチだけどある種の恍惚感は残った(笑)

東野圭吾って短編向きじゃないんですかね?それとも短編をドラマ化することに無理があるのか。
物語の濃厚さはなかったのが残念です。
でも、こう・・・・来る来る来る~と思っている時に期待を裏切ずに出してくれる
定番ならではのカタルシスにウケたというか。


レイコが呆けた様に二重人格を演じていたのはワザとだったというのは序盤で触れられていたし
まあワザとだろうと思ったが
彼女の二重人格っぷりは堂々としていて分かりやすい落差だ。
分かりやす過ぎて見ていて返って嘘っぽく感じるw

なんていうか・・・・もっと微妙な感じで演じた方が
真実さと不気味さが出たのでは???
つまり視聴者にも本当か嘘か疑問を抱くように仕向けて不安定さを残した演技にした方が
もっと危うい存在であることを匂わせられたんじゃないかと。

まあいいか。

そこより問題は
結局レイコは何のために殺したのか?
そこんところが暈かされていて
なにやらモヤモヤした暗雲が立ち込めるラストだった。

結局レイコは解離性障害ではなかったということになると
最初からあのダンナを殺すつもりだったと言うことになる。
そこに何のメリットが?
あの家庭との接点が見えないので
ただの快楽殺人で終わってしまったぞ?

あのダンナが殺されて
結局浮気していた男に妻も殺されて
その男は逮捕され
幼馴染の女の子はカレシと宜しくやって・・・。

・・・で?

この殺人で誰が何の得をしたというのだ・・・・。

あの妻と男も本当に唯の痴情のもつれであっけなくエンド?
えー・・・・?

レイコは騙されたふりをしたのか?
それとも本当に殺人をそそのかされて、ついでに罪から逃れる方法も教わったのか?
そもそもこの殺人自体誰が仕掛けたのか?
少なくとも「間違い」で殺した訳ではなさそうだが。
むーん(-"-)


しかしそれにしてもラストの弁護士の正義が薄っぺらい薄っぺらいwww
冒頭に似たような台詞を言わせていただけに
その台詞の重みが軽々と風化しちゃってて
同じ言葉なのにこんなにも印象が変わっちゃうんだな。
いや~・・・かっこわるっ。

冒頭とリンクさせる構成な訳ね。ナルホドw
弁護士が偉そうに通り一遍の正義を振りかざしても
内情はこんなだったりして~と皮肉ってるわけね。ナルホドw
どんな事情があっても弁護士は弁護士の「役割」を演じるだけだということか。
そこにお綺麗な正義なんかないんだぞと。

ふむふむ。言いたい事は伝わった。
切り口は上手い。
作中幾度も連呼される「役割」が意味深だ。

視点を変えると
弁護士のトラウマを利用して無罪に持ち込みのうのうと罪を逃れる殺人者と
正義を重んじている風に見せかけて真実の正義なんか見えていない弁護士。
その熱意があればあるほど戦う姿は滑稽だ。
しかも全国放送。
視姦プレイw
いやむしろ放置プレイかwww

ここで
「なんで笑うの?!ちゃんと仕事しているんじゃない!」と批難する人間などいないだろう。


ここから投げられる「正義のために戦うって何?」という問いは重い。
何の法も侵していないだけに重たい。
法律の矛盾点を面白く切り取れていると思う。

でもドラマとして浅い。
しかもミステリーとしては更に甘い。
んー、もったいない。
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅠ-summer ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/07/27  | | # [edit]


この度はご訪問下さり誠にありがとうございます<(_ _)>
ご依頼の件、了解致しました。

ここを見つけて下さって嬉しいです(^^ゞ
これからはもうちょっと気合いを入れた記事を書こうと思います(笑)
2012/07/28  | URL | もくず #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/163-e6d5cf69
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。