Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2012*06*25(Mon)
鍵のかかった部屋 最終回 感想
ミステリーっぽさ出てましたね~。そして衝撃のラスト!
もっと普通に終わるかと思っていました~∑(〇Д◎ノ)ノ
予想よりずーっと踏み込んで掻き回してくれちゃいましたね!
メインの三人の土台は揺らがず三人対周辺
という構図だと思っていたので
非常に意外性もあって面白かったです(*^▽^*)

まずミステリーっぽさを前面に押し出して緊迫感を引っ張っていたのは
見事でした。
このドラマは当初からトリックとか謎解きとか
ソレ絶対有り得ないだろってレベルでしたけど
演出が巧いのか
カメラワークが巧いのか
すごくシリアスに見せてきていましたよね。
今回は特にミステリーの王道っぽく
メインキャラよりも雰囲気を大事にしてきた感じでした。
音響と映像の組み合わせが煽る煽るw
特に無音の効果がバツグン!

もう一方の気に入ってた今期ミステリーATARUが
途中からミステリー部分を放棄し始めちゃったので
むしろ最後はコッチの方がハイレベルでした。
面白かったー。

犯人はもうバレバレでしたが
どうやってトリックと自供を作り上げるのか
最後までハラハラしちゃってました。

あれは両親の敵である社長を
ちょっと懲らしめてやりたかったのかもしれないね。
仮に死ななくても
眠剤で眠っている間なら自分がしたことはバレないだろって所だろうし。

そしてその更に上を行く暗さマックスの榎本!
「ところで入口横にある古い洗濯機ですが・・・」
こえぇえぇぇ!!!
お前がソレ言うのかぁぁぁ!!!
何処まで知ってんだぁぁぁ!!!
お前がやったのかーっっ!!Σ(゚□゚(゚□゚*)!!

榎本はそちら側の人間ではない。
優しくて人間味のある誠実な人だ・・・・・
と散々匂わせておいて
オマエが一番の悪役か!!!(爆笑)

「臨時収入が入ったので・・・」
うわー!!
お前が犯人かーっっ????(爆笑)

え~っっっ!!!w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w
こういう終わり方めちゃめちゃ好きなんですけどー。
違うよなぁ?
ミスリードだよなぁ?
いやもうこれはそんな腹黒さを抱えたままの~っていう設定のままがイイ!

弁護士と出会ったことで人生が変わり光の未来が見えてきた孤独な主人公・・・
というキャラを前面に押し出していたのかと思いきや
ホントにただ単に密室を破るのを楽しんでただけかよ!っていう
斜め上を残すラスト。
いや~好きだわ~。

これは続編作らないでスパッと此処で終わった方が
キレがある。


ところでこちらは仲間とか絆とかそういうのが希薄だったので
ラストはバラバラに行動するのは逆に自然でした。
メインの絡みを極力カットしたことで
それがクライマックスの犯人を一人追い詰める効果も高めていて
一対一の対決は見物でした。
マジすっごかった!

迫力というか二人の間にある空気感が張り詰めてたね。
暗さと不気味さと人も音も無い世界。
巧い。

陽の当らない世界に居るからお前も俺の気持ちが分かるだろ?と
同情をねだる犯人に対し
表情を変えずに一拍置いて静かに一言
「・・・・それで、ガラスの向こうには行けたのですか」

キッツイねぇ。Σ( ̄□ ̄lll)

すごいすごい。
この台詞を彼が言うのだからやはりラストはミスリードなのだろうが
そんなことはともかく
すっごかったねえぇ。

これを無表情で抑揚のない声で淡々と語るから
余計不気味さも迫力もあって
なんか惚れ惚れしてしまった。
三人がバラけることでヒューマンドラマにせず
ちゃんとミステリー道に乗っ取ってブレなかったのも
完成度を上げたと思う。


ただな~唯一難点を挙げれば
リーダーは滑舌が悪くて長台詞が汚く聞こえる・・・。
キャスティングは悪くなかったと思うんだけど。( 一一)
ちょーもったいなかった。
同様にヒロイン青砥さん役の戸田恵梨香も
ダブルで滑舌が悪い!
それがもう最悪レベルだった・・・(; ̄Д ̄)惜しいな~。

おかげで専務を説得するシーンなんて
全然心を打たない。
「一緒に社長を救いましょう」だっけ?
ちょっとイイシーンなのにねー。
もったいない。

もったいないと言えば今回に限っては
主題歌を入れる箇所もあの捜査をしているシーンではなくて
榎本さんが犯人を追い詰めた後に流した方が
盛り上がったな~(私が)


それにしても全話通して佐藤浩市演じる芹沢弁護士のいい加減っぷりというか
尻軽ぶりがイイ味出してた。
自分の都合の良いように周りを振り回していく我儘ぶりが
なーんか憎めなくて可愛くてムードメーカーでした。
榎本さんと青砥さんだけじゃパンチに欠けるし地味だったよ。
この人の存在感はデカかった。

なかなか面白いドラマでした。今期は私的アタリが多くて非常に楽しい。d(*^0^*)d



さて明日はリーガル・ハイだっv(@∀@)v
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅠ-spring ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/143-bb26872f
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。