Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2017*05*22(Mon)
リバース 第6話 感想
じっくりと丁寧なキャラ造りをしていたようだったのに此処へ来て急に散漫となってしまった・・・。
広沢の同郷の同級生とか出てきてちょっとびっくり。
そこまで話が飛ぶの?ってかそこまで必要なスケールの話なのか?

深瀬が無職、浅見が有給中ということで、自由度が出来たな~と思っていたら
こういう展開でしたか。やっぱりねと思いつつ、オイシイ展開だ。
浅見と深瀬の距離感が実に良い。

二人揃ってかつての事故現場と広沢家巡り。
何気に浅見が仲良くしてくるのがちょっと微笑ましく思っちゃう。
お互いをフォローしあって、探り探り。
大分信用してきているんだな~と思っていたら、まさかのラストの告白。

「証拠を消した」

ああ!だから〝雪はいつから降りだしていた?〟ってナレーションが繰り返されていたんですね。
手で掻き寄せた血痕なんて跡が残るだろと思っていたんですが
その後も大雪となって積もったら、わっかんないですよね、警察でも。

先に事故車を見つけたのが谷原で、どうしても将来を潰されたくなかったらという谷原の説得に折れて
浅見も事故の証拠を隠した・・・。
ってことは、最初に何があったのかは、谷原が知っているのか。

・・・と思ったら今度は谷原が目を覚ましたよ~~~!

う~ん、何ともそつのない展開である。
でもちょっと散らばっているけど。


一方、深瀬と浅見は揃っての広沢ルーツ探し(笑)
これ必要?
必要なんだろうな。どう繋がってくるのかは今後の楽しみとして。

彼女の存在とか、親友の存在とか、めちゃめちゃ嘘臭かったんですけど。

大学では一人浮いていて馴染めず、でも飄々としている奴、じゃなかったでしたっけ?
勿論深瀬の方がネクラで人付き合いも悪く、輪に入れず・・・的な孤立系でしたが
広沢もまた誰にも心許さない感じで。
みんなに親切なんだけど、どこか一線引いてて、個人行動しちゃうタイプっていうか。

そんな風に思っていたので
今更同窓会みたいに当時のメンバーが集まることも
事故で死亡してしまったことについて恨みや嫌味を持つほど
熱い付き合いしてたって流れがどうにもこうにも不自然に感じたのは私だけ?

今更墓参りして偽善だ、みたいに思われるって、よっぽど仲良くないと出て来ない感情だし
そんな奴らが今まで何も言ってこなかったのは同罪じゃないだろうか。
10年経って、恨んでます~みたいなこと言ってくる奴、ウザい~。

そんな風に愛されていました的な広沢くん・・という構図に物凄く違和感。
そうなの!?

もっとあっさり系のお付き合いかと思っていたよ。
一匹狼というか、一人の方が気楽なんだよ俺、みたいな。え、私の勘違い?

・・・まあ、ここは親友とカノジョにリンクする伏線として軽く流すか。

浅見が教師になる資格がない・・・なんて弱音を見せて
それに必死にそんなことないと思うって弁解する深瀬ってシーン、すごく良かった。
深瀬の、だめだめ男なんだけど、でもじっくり付き合うと、こういう奴が一番信頼に足るっていう
人の本質を描いていると思った。

浅見も、それが分かってきたから、甘えたんだろうし
証拠のことも喋ったのかなと思うと、心理的な変化がとても情緒的かつ繊細に描かれているなと思います。


両親の素朴な感じも凄くハマっていた。
みかん畑?も田舎風で、長閑な感じが画面から滲み出ている回ですね。

そんなお母さんが脅迫文を送ったんじゃないかと疑う二人・・・。
母ちゃん、怪しいリアクションを見せて思わせぶりな態度で視聴者を翻弄してるけど
普通に考えてこれないでしょ。
10年経ってわざわざ東京に出向いてって・・・。

実行犯の線を突き止めるのが先だろうという違和感もある。
そんな中途半端な回でした。

美穂ちゃんのストーカー編。なんだそりゃ?
村井の拉致。やっぱ妻じゃね?
関連記事
スポンサーサイト
[ dramaⅥ-spring ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1181-1d3a20e4
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。