Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2017*03*18(Sat)
金田一少年の事件簿R 聖恋島殺人事件第11話(週刊マガジン15号)
はじめちゃんと美雪ちゃんのやりとりがとっても可愛い第11話。
頑張る美雪ちゃんを上から目線で微笑ましく見降ろすカレシ顔なはじめちゃんという構図が
実に大胆に採用されていて、正直こういう仲が私は好みで歓喜なんだが
ダイレクトにやりすぎてネタを使いきったような悲しさがある・・・。

もっとさり気なくて良かったのに。
極端なんだよな、空気みたいな時もあるのに、いきなりこんながっつり絡まれても。
いや、もう、めっちゃ可愛かったからそれでいいんですけども!!

美雪ちゃんの存在感はこの先もこんな感じがいいと思います。理想形かな。
でもあまりにダイレクトに使われすぎて、今回限りのオプションになりそうで悲しいです。
次回からもなんとなく協力させてあげてください・・・。


そんな11話。
そしていよいよ出ました決め台詞っ!
その推理編集大成に向けて、はじめちゃんと美雪ちゃんが二人でおさらいをする回でした。
事件の復習が出来て面白かったです。

特に動機の面で接点のなさそうだったイベント会社の鬼島が
積極的に関わっていそうなところは考えていなかったので、なるほどって感じ。

部屋割を決めた時点で殺害したい人物を狙いの部屋に宛がうことが出来たっていうのは、私でも考えてたけど
そんなのはすぐバレそうですからね。

第一の殺人の時から、全員現場にいると思っていたのにいなかった被害者に気付いていたかもな点とか。
これは意表を付かれた。
点呼を取らず、鬼島だけがライトで確認したあの朝の集合。
ここで影尾がいないことを鬼島も知っていたなら、それっていなくなるって連絡が行っていたってことですよね。
絶対揉めるのが嫌だからスル―したとかじゃないと思った・・・。

あ、だからそのことにみんなが気付かないように、照明がなかったのね、と繋がる。

ってことは、他にもいなかった人いたんじゃね?な想像に繋がる。
でも逃げる時は13人いたんですよね。合流したってことかな。


あと、この鬼島殺害時、展開がスピーディで誰が被害者かも分からなかったよ(笑)なーんて
私は笑っちゃいましたが、それ、正にそのまま現場もかよ!w

窓からのぞいた時と全く同じ角度で倒れた死体・・・ってこの表現。
まるで本当は違う場所で殺されたのに、そう見せ掛けるために
予め窓から様子を見せ、同じ方向に置いた・・・という二段階の作為が見えるのは私だけか。
金田一でやりそうなネタである。

血痕の量の指摘もありましたし、何かその線が濃くなってきた。

この鬼島は実行犯ではなさそうですけどね。
そうするように頼まれたとか金をもらったとか、なんらかの予防線を演じさせられたとか
計画には関わっていたのかも。


そういえば影尾殺害もやっぱり外から銛が飛んできたのかな。
それとも、寒野殺しの時にそう思わせるためのワンクッションなのかな。

後者っぽいな~。
ボートが潮の流れで戻ってきたことや糸が絡まっていた名残りから
寒野美火殺しについて「多少の綱渡り」「現場に同席していた方が勝算あり」というのが
はじめちゃんの結論でしたけど、どういう意味なんだろう?

例の光で矢が飛んでくるんだろうから、種明かしがもうすっごく楽しみ!
いっそ、寒野美火殺しの時ももう矢は刺さっていて、現場では窓が割られただけとかだったら
めっちゃ驚く。



まあ、事件のおさらいで気になったのはそのくらいで
あとは美雪ちゃんだ!
今回は美雪ちゃんがめっちゃかわいいぞ。絵も。
はじめちゃんのアシスト頑張ろうと、図解付きでノートに纏めたり
「そっか!仮定を先に見つけてからその後で矛盾を解決するのね、探偵は!」なんておしゃまなことを言う。

ここでいきなり手品始めちゃうとか、無邪気過ぎてはじめちゃんでなくてもグリグリしたい。

「何お前!俺のマネして手品までやってんの?」
「いーから黙って見てて!」

ここで手品のプロの前でやれちゃう美雪ちゃんの子供が大人に褒めてもらいたがっている無垢さが
とっても嫌味がなくて良かったです。

「はいおしまーい!どう?上手くいったでしょ?」

手品で驚かそうというより、ネタはバレることは承知で及第点に届いたかな?って謙虚さも可愛い。
100%信頼置いている笑顔じゃんそれ・・・っ/////

「なんてこった・・!そんなことが・・・!?」
「え!?あたしの手品そんなにすごかったの?」

もう、このボケが許せる可愛さだよ!
可愛すぎて事件を違った視点で見ることは私には出来なかったよ!?

はあ・・、い~いやりとりだった。

絵もしっかりと戻っていたし、はじめちゃんは割とカッコ良く描いてくれてたし
出来ればはじめちゃんはもっとイケメンに描いてくれてもいいくらいだったけど
美雪ちゃんが可愛いからオールOK!

このくらいでラストまで頑張ってほしい。
でも相変わらず服装のセンスはないんだな、さとう・・・(泣)


気を取り直して。オッサンが集めている指紋。
手紙に指紋を残すなんてありえないと美雪ちゃんは言うが、その程度の発想力では迷探偵だと応戦。
指紋がある方が自然ということで、全部に指紋があるとか、そういうこと?
いずれにしても指紋なんか調べられるとは思わなかったというそういうミスなのか。

手品からヒントを見出したことでも、コテージで死体移動でもしたかのような口ぶり。
次回からのネタばれがめっちゃ楽しみで仕方がない。
今回はじっくり描いてくれたので、気持ちも追い付いていて、期待感でわくわくですよー!
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR-25th ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1154-98ab5a75
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。