Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2017*01*21(Sat)
金田一少年の事件簿R 聖恋島殺人事件第5話感想(週刊マガジン7号)
二人の被害者が出て、これで終わりとは思えなかったのに小休止。
色々意味深な回でした~。

大きな魚が引き摺りこんだと思ったのに溺死で上がってきた第二の殺人。
海にどうやって引き摺りこんだのか?ということがポイントなのだろうか。
はじめちゃんは普通竿を手放す筈なのに、と指摘していたけど、それはどうかな・・・。
海に落ちるまで咄嗟のことで握ったまんまってアリな気がする。
海の男は違うのか。

でもそこをピックアップされるとなると、つまり、わざと飛び込むっていう線も出てきちゃいましたね~。
テレビ撮影だからって仕掛け人を演じさせてドッキリの筈が~みたいな。
それが出来る人物となると――。


セイレーンがいるかいないかはともかく、とにかく第三者がいることは確信した面々。
総出で海に魔女狩り。
雨の中よくやるぜ。

一方コテージに残ったはじめちゃん。
ようやく霧声さんターン。
第一話で思わせぶりに書いて始まった戦時下の特攻の話が出てきました~。
そうそう、これが出て来ないと!

これがどう繋がるのかが実は一番楽しみ!
その恨み?とか憤り?みたいなものが、何十年も経ってこの事件にどう繋がるのか。

セイレーンの声はこちらの罪悪感を煽って狂わせるアイテムの模様。
きっと罪悪感を誘導して事件は遂行されたみたいな繋がりになりそう。


また、別の線では、歌声っていうのが本当にあるわけじゃないから
それはつまり岩の割け目とか、潮の満ち引きの関係なんかだと皆思っているだろう。
私もそう思った。
空圧だの気流が変わって風が鳴くように聞こえていて
それを利用して、満潮時に何かを仕掛けた~とか
悪天候の内に事件を終わらせたかった・・・とか、そんな台詞が出てきそうですよね。

あの声が裁いたんだとか、後で言い訳するんだぜきっと。

でもそうだ、犯人の目星がまるで付いてない・・!
どうなんだろう、そんなの私だけ??みんなもう大体分かっているの?
あからさまにテレビ関係者の二人だと金田一としては意外性もあって笑えるんですけどw
でも顔がモブなのでないな。


あ、そうだ、はじめちゃんと美雪ちゃんの情報かち合わせシーンがなかったぞw
どういうことだw

画もとても丁寧に描かれていて、とっても満足。安定してきているのか、さとう。
気合い入っていると目が可愛いから好きです。それに口元とかいろんな表情にしてくれるし。
霧声さんの回想録で、時々外の様子などを挟むのも、定番なんだけど情景煽られました~。


中間幕という感じで特に何も起こらなかった第5話ですが
色々妄想が掻き立てられるファクター目白押しで、楽しかったです。
続きが楽しみ!
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR-25th ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1129-48076e5c
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。