Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
2016*12*10(Sat)
金田一少年の事件簿R 聖恋島殺人事件第1話 感想(週刊マガジン1号)
中扉がカラーで気合い入って再開しました新シリーズ!ブルーの海の中が魅惑的ですね~。
太平洋戦争下の古い時代を引き摺っているような出だしは哀しそうなお話になりそうでした。

2017年は25周年らしく「色々やる」とか言っているけど、何やってくれんのかな~。
そこはどうでもいいから、はじめちゃんと美雪ちゃんの仲を少し色付けてほしい。
コナンだってベタにラブラブ突入して早何年という優しさ?なのに。

「そー言って、お前らいつもなーんにもないからな!」
オッサンのツッコミも尤もという感じである。悪いけど笑えない。
別に恋話を期待している訳ではなく、本当にキャラに変化がまるでないのが不満。


出だし一発目は、そんな訳でいつものコンビ、オッサンとの島旅でした☆
美雪ちゃんのぱんちらは可愛かったけど、だから下着をもっとひらひら付けようぜ、高校生なんだから。
女の子の嗜みだよ。


初回は登場人物紹介にページが割かれるのは仕方ないとして
オッサンの釣りの腕前は初耳だ。シリーズ続くと技能が増えるな。

登場人物。
今回は背景が統一されていないところが良かった。
誰かの怨恨と思わせて、小説だの医者だの役者だの、色んなバックを持った人が色とりどり。
すっごく奥深そう!
その上で戦争末期の日本海軍のクダリですからね。
楽しくなってきた!

顔が可愛い人がいなかったのがネックですが、カンノミホちゃんくらい可愛く書いてやれよ(笑)<さとう

最後の「歌うような哀しげな声」という説明口調がちょっとウケてしまった。
もう少し口語がなにかあっただろう・・・。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichiR-25th ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1112-52d82f7b
trackback