Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2016*11*30(Wed)
ポケットモンスター サン&ムーン二回目1時間SP感想
ロケット団も酷ぇ作画だなおい。悪意を感じるレベルだ。
口上の部分の誰ソレぶりに失笑を越えてフリーズしてしまった。

ってか!だからこれ誰だよ!!

余りに改変されたサトシに失恋以上の衝撃ってこういうのかも・・・っていう
超特大の喪失感が胸を過ぎり目の前が真っ暗になった・・・。
恐ろし過ぎて一週間寝かせてみたんだが、蓋を開けてみたら、あれ、話は割と面白かった・・・。
なんか異次元に飛ばされた気分?意識が何処かに逝っていた。


とにかくサトシは髪の毛と目が離れすぎてカエルみたいなのが違和感なわけで
イケメンに戻さなくても、せめて目の位置だけでも近付けてくれれば私的には守備範囲に入る。(広いな)
このくらいで行ってくれるなら今年の映画もスクリーンで楽しめそうである。
この作画で映画に行きたいって視聴者が思うと思うスタッフの神経が理解できんかった。

このスタッフに無印の名作を映画化してほしくない気分半分。


よっぽどベテラン陣がいなくなって新人リニューアルされちゃったんだろーな~。

あと、応援団?とかいって出てくるあばれる君がカンペ丸読みなのが凄く勘に障る。
視線が最低。スタッフさんももっと考えろよ。適当だなぁ、テレ東。


ってなわけで!!ポケットモンスター サン&ムーン!
舞台はハワイ!
なんて常夏な世界観!それはそれでとても楽しそうでちょっとオレンジ諸島を彷彿とさせる。

さてもう早第3話です。
続けて4話も一挙放送。一挙放送と言えばDPの時の煽りが私的MAXなんですが
それに比べ、サンムーンはちっとも盛り上がらないな。

でもそこそこ物語は楽しめました。
モクロー友情ゲット!最初の鳥ポケ。サトシに鳥ポケ。もう王道路線で安心感しかない。
ちなみにモクローはそこそこ気合い入った作画で、蝶ネクタイみたいな柄と頬染めてのほほ~~~んとしているのが
めっちゃかわいかった・・・・。


驚いているのは、やっぱりシステム的なものを一気に変えてきたこと!
これが結構大胆で挑戦的な改変で、え?え?って感じでした。
旅しない。
ジム巡らない。

まじか。いいのか。ってかじゃ、最終目的は何だ。

かなり斬新に変えてきたシステムですが、アローラ地方の世界観と合ってると思った。
のんびりほんわか、ギスギスしない。
ぶっちゃけスクールに通うサトシなんて、野生の鳥を籠で飼うようなもの、と思っていたんですが
スクール=教室=座敷っていうわけではない感じ。
スクールすっ飛ばして山ん中カッ飛んでいくサトシに、ああ、サトシだよと思った・・・vv

そして、無印を彷彿とさせる「遅刻だ遅刻~!」はいっそパジャマでも良かったよ(笑)


OPは引き続き梨香さん・・・じゃなかった、サトシですか/////
しかもぴかとデュエットですか/////仲良し

ぴかが悪戯しかけてふらふらしてるのを、後ろから抱えちゃうサトシとか
さり気ない漢っぷりはさり気なく。
そしてEDで、またしてもふたりで踊ってるvvv


ちなみに御三家三匹は『ひねこポケモンのニャビー」派。
喋るポケモン図鑑。
「ピカチュウ。無闇にしっぽをひっぱると噛みつく」
www

そして電気くらうサトシ。
あ~・・なんか無印っぽいノリだ・・。こういうのは好きだ。
このままもっと独占欲発言してくれてもいい。
ぴかがモンスターボール入らないネタとかもまた触れるのかな。
電気を制御できない感じで困ったちゃんな辺りがぴかのネックとも見えて、電気直撃は割とニマニマ。


ポケセンから治療で帰還ぴか。まっさきにサトシへダイブ。

そうそう!こういう布石をきちんと押さえてあるとこが、なーんか
私的に許せちゃうというか、納得させられちゃうというか。
2話のプールでぴかが泳いだ後に上からぱふんってタオル投げたシーンv
可愛かった&らぶらぶだったv
こういうシーンを忘れてこない辺りは、満足でした☆


ようやくロケット団も登場。
今回はぴかを追ってきた訳じゃないのか。偶然出会っちゃう。もうそこも運命としか言いようがないなw
画が崩れまくりなので、楽しめるものも楽しめない状況ですが
ここもやっぱり声優さんの力量でカバー。

そして新たなる口上。
ぶっちゃけニャースの「一蓮托生」には吹いたw
確かにそうなんだが、それでいいのか。


旅をしている訳ではないので、回ごとの新鮮味がないのがネックですが
物語にスピード感があるのと、台詞が吟味されていて注意を引かれること
そして、サクサク進めてくれる脚本でそこそこ持っているという感じだ。
このまま何か起爆剤が投下されないと、史上最低のシリーズにもなっちゃいそうな予感は出てきた。

サトシが無色なのがちょっと不満というか。


ただ・・・やっぱり作画が泣けてくる・・・・(号泣)

作画が手抜きすぎなのは、もういっそ許せるんですよ。
顔崩れていたりとか、目がのっぺらとか、人手不足なのかなとか大人事情を思えばいい。
けど・・・!
サトシの顔だけは元に戻してくれぇぇぇ!!!(大号泣)

いやぁあぁぁぁ・・・・見るに堪えない。

いっそ顔はこのままでいいから、髪だ髪!
サトシの髪はツンツンきかん坊じゃなきゃだめなんだよ!色も真黒だよ!
なんだあのふにゃふにゃ。

それに目も離れすぎだ!!

もうサトシの魅力台無し。梨香さんの声の透明感と鋭さだけで乗り切ったというかんじである。
声とデザインが合ってないぞ。

合間に挟まれるCMの旧サトシのイケメンっぷりの高さったらっっ。

これでいいのに!
多少古臭くてもこれでいいのに!
何で変えたんだろう・・・・。風にも靡かない作画手抜きっぷりである。


サトシがサトシじゃない・・・。
ぴかのためなら周りをヒヤヒヤさせるほど無茶しちゃうとか、そういうシーンもないからな~。
今までのサトシの顔だったら、スッと〝入る〟シーンとか、顔一つで描けたのにねとか思う。
マユゲ一つ動かせない、へらへらサトシ。
無印っぽいといえばそうなんだが、無印のサトシはもっと心の中に闇を持っていた。

サトシがもう少ししゃきっとした部分を遺してくれていたら・・・・。
だから!!これ誰だよっっ
関連記事
スポンサーサイト
[ pkmn ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1106-4b677fa3
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。