Like Sugar&bitter chocolate  邦ドラマと映画の甘くてちょっとほろ苦い感想雑記。けっこなんでも飛び出すごちゃまぜブログです。お暇つぶしになれば幸い。ヾ(≧∇≦)
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
--*--*--(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
2016*11*25(Fri)
金田一少年の事件簿R 11巻感想
b-hajime14.jpg
表紙が気合い入ってた~v
白蛇蔵殺人事件の完結巻です。カラーチョイスもグリーンのエフェクト掛かっているかんじ?
シックで悪くない。全体的にグリーンなのに眉毛だけ茶色で浮いているwけど悪くない。

単行本になったことで印象的なのは
7話の時の扉絵は、本誌では残暑見舞いだったのですが、それは省略されちゃうのね・・・。
美雪ちゃんの浴衣姿だけが載っている。
何故浴衣なのかが、分からない感じ。

あとは、白蛇が撒き付いたみたいな死に様になるという、本作のメインの特徴が
やっぱり全然分かり易い(笑)
そりゃそうですよね。本誌の紙質では致し方ない。

白ちゃんに餌やってるシーンなんて、こおろぎ(だと思いたい。ごっきーじゃイヤダ)なんかも
足がリアルだ。


内容的な感想は本誌で掲載時に散々いちゃこら言っちゃったのでここでは割愛しますが
改めて読み返して思ったのは
最後のまさかの白ちゃん犯人説。

当時は皮肉な運命とか、白蛇の呪いとか、黄介もまた導かれてのお告げだと口にするし
そういう定めとか宿命みたいな輪廻を感じていただけだったのですが
そして、そういう終わりもまた、気に入っていましたが
今回改めてもう一度読み直すと、なんか鏡花がしたことって、そういう金の亡者的なことだけではなく
娘の蒼葉に対して、物凄い罪悪感を遺して逝ったんだなという方が強く感じた。

「またお母さんと離れ離れで暮らすの?」

そういって寂しがっていた蒼葉こそが、アイテムの白ちゃんを育てていたわけで
彼女が逃がしてしまったうっかりミスとは思えないだろう、普通。
自分の不始末で母親を殺してしまった。
絶対そう思うに決まっているし、そういう罪悪感に一生苛まれることになる。

一番傍にいて欲しかった人間を、自分の手で殺してしまう。

白神家の跡目争いの後味の悪さどころじゃない。
娘に対する鏡花の行為は、殺害どころの惨劇ではない。
全く無関係だった蒼葉に遺した傷痕こそが、一番やりきれない。
無垢で無知な、新たなる犠牲者を出してしまったんだなと、今になって気が付いた・・・。

「って、あれ?シロちゃん、どこ?」って言った蒼葉の台詞で終わっている蒼葉シーンが
なんだかイタイんですが。ものすごく。



※ラクガキ
寒くなってきたのでマフラー巻きっこ。くっつくと返って照れちゃう二人で。
関連記事
スポンサーサイト
[ kindaichi-comic ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://mokumoku254.blog.fc2.com/tb.php/1103-e489f347
trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。